chevron_left 東京大学 i.school 人間中心イノベーション概論

東京大学 i.school 人間中心イノベーション概論

無料
第8回

【東京大学i.school 人間中心イノベーション概論】8限目:ワークショップ③ キャンパスライフのサービスに学ぶ

2014年6月17日 90min
【東京大学i.school 人間中心イノベーション概論】8限目:ワークショップ③ キャンパスライフのサービスに学ぶ play_arrow 無料で受講

受講完了まであと100%

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 49

授業の概要

イノベーションとは・・・
人間や社会に対して新しい価値を創造する不可逆的で画期的な変化の事例
皆さんは、そうしたイノベーションにつながるアイデアを自分が生み出せるとしたら、ワクワクしませんか?

今回の授業では、イノベーション教育を手がける東京大学i.school(イノベーションスクール)で実践・研究されている、これまで東京大学生しか受講できなかった、イノベーション創出のための調査方法や思考方法、実現方法を、全体像として体系的に学ぶことができます。

「イノベーション養成プログラム」として、講義とワークショップをあわせて全8回の授業でお届けします。5回の講義で理論を学び、それを使った実践としてのワークショップを展開する予定です。ただ講義を受けるだけでなく、コメントとして発言したり、積極的に議論に参加するなどして、東京大学のイノベーション教育を体感してください。

 

■8限目:「ワークショップ③ キャンパスライフのサービスを考える」

皆さんは「キャンパス」という言葉で、どういった光景を思い出しますか?高校や大学生活を思い出す人もいるでしょう。また、schooのようにオンラインのキャンパスもいまや存在します。今回は、そうした様々なキャンパスを舞台として、サービスのアイデアを考えてもらいます。

今回で最後となる東京大学i.school授業。最後のワークショップでは、そうしたアイデアを考えるための思考プロセスそのものも一緒に考えてみたいと思います。

皆さんには、これからの人生でどのような創造的課題に直面しても、自らその思考プロセスをデザインし、そのプロセスに沿って斬新で力強いアイデアを創出出来るようになってもらいたいと思います。
 

■全8回授業の予定

(1)4/16放送【イノベーション創出における基礎と方法論】
(2)4/23放送【理解①:インタビュー・フィールド観察の目的と方法】
(3)4/30放送【理解②:技術・事例調査の目的と方法】
(4)5/7放送 【創出:アイデア発想の発散・収束・表現方法】
(5)5/14放送【実現:コンセプトのデザイン方法とユーザー調査】
(6)6/3放送 【ワークショップ①未来の暮らしの中のロボットに学ぶ】
(7)6/10放送【ワークショップ②インドのサービスに学ぶ】
(8)6/17放送【ワークショップ③ キャンパスライフのサービスに学ぶ】
 

■こんな方にお薦めです

・企業で新規事業を生み出したい方
・斬新で力強いアイデアを自ら起業して実現したい方
・社会人&学生かかわらず、企画をつくることが多い方

 

■「東京⼤学i.school」とは?

i.school は、東京⼤学 知の構造化センターが主宰する全学教育プログラム。東京⼤学が蓄積してきた「知の構造化技術」をイノベーション教育に活⽤することをめざしています。通常の単科ではない、学部間を超えた履修カリキュラムとして、5 年前より講義・ワークショップを運営しています。
 

担当の先生/パーソナリティ

チャプター

play_arrow
自己紹介&アジェンダ
02:58
play_arrow
イノベーション脳トレ:横田先生の場合
04:06
play_arrow
イノベーション脳トレ:小川先生の場合
04:05
play_arrow
アプローチ方法について考える
04:49
play_arrow
わーうショップ:今回のテーマの場合、人間/技術/市場中心の中で、どのアプローチがよさそうでしょうか?
06:00
play_arrow
横田先生の場合:技術中心アプローチ
00:58
play_arrow
小川先生の場合:人間中心アプローチ
00:37
play_arrow
中休み:質疑応答
01:40
play_arrow
Q:アプローチで注意している点となんですか?
01:01
play_arrow
Q:着地点をイメージしてアイディアを出すと 思考範囲が狭くなったりしないのでしょうか?
01:49
play_arrow
Q:3つのアプローチをいったりきたりして進める、あるいは同時並行で検討するのはありですか?
01:50
play_arrow
Q:イノベーションといえば、ジョブズ、というイメージなのですが、先生から見て、ジョブズはどのアプローチをしていると思われますか?
01:01
play_arrow
人間中心アプローチでいく場合、どのような調査・分析・検討をして、アイデア発想出来そうですか?
06:58
play_arrow
技術中心アプローチでいく場合、どのような調査・分析・検討をして、アイデア発想出来そうですか?
10:03
play_arrow
創出のプロセスの定石
03:15
play_arrow
記憶の種類
03:16
play_arrow
横田先生のワーキングメモリ
03:42
play_arrow
小川先生のワーキングメモリ
04:00
play_arrow
ワーキングメモリでアイデア出し
01:42
play_arrow
最後のアイデア出し:「キャンパスライフのサービス」アイデアを個人ワークで、投稿してみてください!
08:05
play_arrow
アイデアにいいねをしよう
06:43
play_arrow
Q:今、どのアプローチを選択するかを考えた時にすごく迷ってしまったのですが、決める秘訣はありますか?
01:47
play_arrow
Q:3つのアプローチを行き来する時に、どういうタイミングで切り替えていますか?
02:04
play_arrow
Q:現在就活中なのですが、論理性ばかりが尊重される空気がある気がします。どんどん頭がかたくなっていきそうなのですが、社会とはそのようなものなのでしょうか
03:16
play_arrow
Q:技術者が人間的アプローチをすると人間をロジックで理解しようとする傾向があるように感じます。それを避けるための工夫をされることがありますか?
01:33
play_arrow
最後に