chevron_left ファクトを読み解くためのデータリテラシー

ファクトを読み解くためのデータリテラシー

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 37

授業の概要

本授業を担当するのは、データサイエンティストである松本健太郎先生です。『データサイエンス「超」入門』の著者であり、プロ野球の優勝チームをデータから予想し的中させたこともある先生が、生放送でデータ分析のプロセスを公開します。データを「見る、そして分類・分解する、そして数える:この3つの段階を経てデータリテラシー向上を目指します。

この授業では「データを眺める/整理する」というテーマに取り組みます。「GDP」「労働生産性」 など、普段からよく目にするデータを、どのように整理していくのかを先生の分析を実際に見ながら学んでいきましょう。

学べること・身につくこと

・数字を元に、データを読み解く力
・公開されている情報を元から、社会の実情を分析する力

 

担当する先生

松本健太郎/データサイエンティスト

1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。現職では、データサイエンスに基づき、ユーザーの心を捉えたアイデアを引き出す「インサイト」の開発支援に携わる。政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、ラジオや雑誌にも登場している。
【note】https://note.mu/jyaga0716 

【Twitter】https://twitter.com/matsuken0716

こんな人にオススメ

データを見る力を身に着けたい人, データの読み解きが甘いと指摘された人, ニュースやTwitterなどで見るデータ分析を自分でもやりたい人