7/4(Mon)

今日の生放送

〈弱いロボット〉が教えてくれる 人とのコミュニケーション

〈弱いロボット〉が教えてくれる 人とのコミュニケーション

2022年6月9日公開

60min

〈弱いロボット〉が教えてくれる 人とのコミュニケーション

おためし受講する(5分)

コース概要

ロボットをはじめ世の中にあるテクノロジーを活用したモノやサービスは、私たちの生活を豊かにしてくれていると思います。

 

声ひとつでスイッチのオン/オフができたりするスマートスピーカー、自宅を空けている間に勝手にお掃除をしてくれるロボットなど、利便性はどんどん高まり、もはや人が手を動かすこともなくなってきます。

 

そうした完全自動化が進むと、これまであったかかわり合いが減り「人とモノ」そして「人と人」とが不寛容になっている社会が生み出されることになっているのかもしれません。

 

今回は、そうした社会背景も踏まえて〈弱いロボット〉について研究されている豊橋技術科学大学の岡田美智男教授と一緒に、ロボットと人との新たなかかわり方そして、そこから私たちが学ぶべき人とのコミュニケーションについて教えてもらいます。

 

▼ターゲット
・デジタル社会への変化と課題感を知りたい人
・人とのコミュニケーションについて学びたい人

 

▼学習ゴール
〈弱いロボット〉という存在を通じて、デジタル社会においても大切したい他者とのかかわりとコミュニケーションについて知る

こんな人にオススメ

デジタル社会における人とのコミュニケーションについて学びたい人

担当の先生

パーソナリティ

  • 宮崎 文子

    宮崎 文子

    スクー放送部

参加したい受講生 : 544

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

〈弱いロボット〉が教えてくれる 人とのコミュニケーション

2022年6月9日公開

60min.

この授業では、デジタル化が進む社会でのコミュニケーションのあり方について、〈弱いロボット〉と人との関係性から学んでいきます。

 

機械や道具は「人が使う」というかかわりがあって、その機能が発揮されてきました。

 

それがテクノロジーの進歩により「お掃除ロボット」「案内用のAIロボット」など、人の手を介さない完全自動化のロボットなども登場してきています。

 

こうしたデジタル化による利便性の追求は、今後もどんどん進んでいくでしょう。

 

だが、そうしたテクノロジーの進歩の過程で、完璧であることが人々の中であたり前となり、知らぬ間に他者に対して不寛容になってしまっている現象が起こっています。

 

そうした今の社会において必要なことは何か、今回は〈弱いロボット〉から人とモノの新たな関係性、そして他者とのコミュニケーションのあり方について学びます。

先生

岡田 美智男

〈弱いロボット〉を手掛かりに、わたしたちの他者とのかかわり方やコミュニケーションについて考えてみたいと思います。

スライド資料

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る