企業採用の「勝ち筋」の見つけ方

企業採用の「勝ち筋」の見つけ方

2017年8月18日最終更新(全2回)

コース概要

バブル経済期の水準を超える有効求人倍率が記録され、企業の人手不足感が一段と強まっています。
企業は採用候補者を選ぶ側から、採用候補者に選ばれる側と変化しているのです。

「どのチャネルを使うか? 」「スカウトの返信率をどう上げるか」という戦術レベルに四苦八苦している会社が多くいるように感じます。しかし、そもそも採用市場において自社の戦い方について考えたことはあるでしょうか?
戦い方が見えてくれば、自ずと打ち出し方や採用チャネルが見えてくるはずです。

2回にわたってお送りするこの授業では、直近1年間で社員50名以上もの採用に成功している株式会社キュービックでHR、PRチーム担当されている森實氏を講師にお招きし、スタート・採用選考中というそれぞれのフェーズで、企業採用の「勝ち筋」の見つけ方を実践形式で学んでいきます。人事・採用業務を担当されている方はもちろん、面接官などを担当されている方も必見の授業です。

【講師プロフィール】
■森實 泰司
株式会社キュービック 社長室(HRチーム / PRチーム)
リクルートエージェント(現 リクルートキャリア)で採用コンサルタントに従事し、インターネット業界を中心に、様々な業界の採用課題に向き合う。求職者の深層心理に向き合ったアプローチで功績をあげ、多数MVPを受賞。2016年4月よりキュービックにジョインし、HRチームの立ち上げや戦略的な社内制度の設計など経営課題の解決に従事。ジョイン後3ヶ月で約50名の採用を成功させる。

こんな人にオススメ

人事・採用担当者/面接官などの採用関連業務に携わっている方