顧客理解を深める はじめてのジョブ理論

コース概要

イノベーション研究の第一人者であるクレイトン・クリステンセン氏が、顧客理解を深めるヒントをまとめた「ジョブ理論」。2017年に出版されて以来、新しい価値提供を模索する多くのビジネスパーソンに注目されてきました。

 

「ジョブ理論」とは、「顧客は解決したいジョブ(仕事)を片付けるためにあらゆる製品/サービスを購入する」という理論です。顧客の行動はすべて、「ジョブを片付ける」という目的で行われているとし、ジョブを解決するために商品やサービスを購入する=雇っていると考えます。

 

本授業では、「ジョブ理論」について初めて学ぶという方でも理解できるよう、第1回の授業で「ジョブ理論」の基本的な考え方を学んでいきます。そして、第2回ではバリュー・プロポジション・キャンバスというフレームワークを使い、「ジョブ理論」を活用していく方法を学びます。