4/26(Fri)

今日の生放送

現代にいきる水俣学

現代にいきる水俣学 -終わりなき水俣病の60年-

第1回:2015年7月6日公開

60min

現代にいきる水俣学 -終わりなき水俣病の60年-

おためし受講する(5分)無料

コース概要

終わりなき水俣病の60年

この授業では、人類が経験した公害である水俣病の「負の遺産」をもとに、将来へのいかし方を学びます。今なお水俣病は終わっていないこと、そして世界と未来に発信していかなくてはならないことが多くある状況を知り、ひとりひとりの暮らしのあり方を考え直すための授業です。

熊本学園大学では、水俣病が発生した地元の大学として、人類の経験した公害,水俣病の負の遺産(失敗の経験)にまなび,将来に活かすために何が必要なのかを伝えるために「水俣学講義」を毎年開講しています。全国でもここだけの授業です。半年15回の授業ですが、今回の授業ではそのエッセンスをお伝えします。

水俣学とは、医学や工学、環境学といった知識を身につけるということではありません。水俣病の経験と現在の課題を知ることを通して、現代の社会や自らの暮らしのあり方を問い直すことです。世界に知られたMINAMATAを学びましょう。

【この授業で学べること】

・水俣病の60年の歴史を学び,今なお残されている課題や将来の課題

・水俣病という公害が,過去の問題だではなく、いまなお終わっていないこと

・世界と未来に発信すべき負の教訓

・ひとりひとりの暮らしのあり方を考え直すきっかけ

こんな人にオススメ

公害とは何だろう、水俣病は過去の話だと思っている方

担当の先生

パーソナリティ

  • 新井 利佳

    新井 利佳

    スクー放送部

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

参加したい受講生 : 219

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

現代にいきる水俣学 -終わりなき水俣病の60年-

2015年7月6日公開

60min.

1限目:終わりなき水俣病の60年

熊本学園大学では、水俣病が発生した地元の大学として、人類の経験した公害,水俣病の負の遺産(失敗の経験)にまなび,将来に活かすために何が必要なのかを伝えるために「水俣学講義」を毎年開講しています。全国でもここだけの授業です。半年15回の授業ですが、今回の授業ではそのエッセンスをお伝えします。

水俣学とは、医学や工学、環境学といった知識を身につけるということではありません。水俣病の経験と現在の課題を知ることを通して、現代の社会や自らの暮らしのあり方を問い直すことです。世界に知られたMINAMATAを学びましょう。

【この授業で学べること】

・水俣病の60年の歴史を学び,今なお残されている課題や将来の課題

・水俣病という公害が,過去の問題だではなく、いまなお終わっていないこと

・世界と未来に発信すべき負の教訓

・ひとりひとりの暮らしのあり方を考え直すきっかけ

スライド資料

現代にいきる水俣学 -失敗から得た教訓-

2015年7月13日公開

60min.

2限目:失敗から得た教訓

水俣学は、故原田正純先生の提唱によって1999年に産声をあげました。「負の遺産」としての水俣病の経験を将来に活かす学問です。

水俣病の公式確認(1956年)から半世紀以上の歴史を経た今なお、被害者が声を上げ続けなければならない「水俣病事件」の現実をどう理解すれば良いのでしょうか?

【この授業で学べること】

・この授業では、水俣病公式確認前後の初期対応に見られた問題を、「差別と犠牲のシステム」という視点から捉え直すことができます。

・失敗から得た教訓をもとに、あなた自身の生き方と、現在の社会・経済システムのあり方を問い直す力を身につけることができます。

・水俣学現地研究センターを拠点とした「水俣・芦北地域戦略プラットフォーム」の取り組みから、新たな地域運営のあり様としてのガバナンスの考え方を理解することができます。

【授業のアジェンダ】

  1. 水俣病事件:差別と犠牲のシステム
  2. 水俣学研究センターの取り組み:地域戦略プラットフォームの可能性
  3. 「失敗の教訓」を将来に活かす
  4. 質疑応答とまとめ

スライド資料

現代にいきる水俣学〜世界に広がる水銀汚染と水銀条約〜

2015年7月20日公開

60min.

3限目:世界に広がる水銀汚染と水銀条約

水俣学は故原田正純先生の提唱で1999年から始まりました。人類の「負の遺産」として、水俣病の教訓を将来に活かす学問です。

 2013年に熊本、水俣で水銀を規制する国際条約が締結され、開会中の通常国会で批准の手続きと、条約に対応するための法案が検討されています。水銀新法ができて、私たちの生活とどう関係するのか、共に考えていきます。

 【この授業で学べること】

・身の回りにある水銀や水銀含有製品とはどのようなものか、国際的な水銀の用途の現状を知ることができます。

・化学物質管理に関する2020年目標を達成するために、国際的に水銀の使用を規制していこうとするのか、その理由を理解することができます。

・水銀条約の内容について、開発途上国の課題、日本の課題と分けて、整理することができます。

・水銀ゼロ・水銀フリーをめざす国際社会の動きを知り、自分たちの暮らしをどう変えればよいのかを考えます。

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ