世界の片隅で -テレビや新聞では知ることのできない戦争の話-

世界の片隅で -テレビや新聞では知ることのできない戦争の話-

第1回:2017年12月18日公開

60min

世界の片隅で -テレビや新聞では知ることのできない戦争の話-

おためし受講する(5分)

コース概要

私たちが知らないことが世界では起きているーー

日本という国に住む私たちがメディアで見聞きするものは世界で起きていることの氷山の一角でしかありません。日々、消費されるようにサラリと消えていくニュースの裏側には、歴史・宗教・人間模様が複雑に入り組んでいます。

本授業は、メディアでは深く取り上げきれない“世界の片隅”で起きた・起きていることの細部にフォーカスします。レギュラーモデレーターとして、フリー記者・常岡浩介先生をお招きし、戦場を駆ける方々の身を挺した体験を語っていただきます。

今回は、常岡先生ご自身の強烈な体験をもとに、戦争について、ジャーナリズムについて語っていただきます。日本では知ることのできない“世界の今”を学んでいきましょう。

担当の先生

パーソナリティ

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

参加したい受講生 : 898

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

世界の片隅で -テレビや新聞では知ることのできない戦争の話-

2017年12月18日公開

60min.

【授業の流れ】

①ジャーナリズムとは何か?

②常岡先生の戦争取材 体験談

③日本人が知らない戦争の話

④質疑応答

※授業内容は変更になる可能性があります。

先生

常岡浩介

日本の新聞やテレビで伝えられている国際ニュースがどれほど世界の現実から懸け離れているか、少しでも理解し、世界から情報的に孤立しつつある日本の現状に危機感を持っていただけたらと思います。とりわけ、日本では極端に情報量の少ない世界で起きている戦争のニュースについて概容をお伝えしたいです。聞き慣れない固有名詞や数字の羅列だらけの国際ニュースの現場について、少しでも身近に感じていただけたら、と願っています。

スライド資料

世界の片隅で -テレビや新聞では知ることのできない戦争の話- #2

2018年1月13日公開

60min.

今回のテーマは「イスラム国」

常岡先生は計3回、イスラム国に入り取材をしてきました。
これは世界的に見ても稀有な例です。
先生が取材を通して見聞きしたイスラム国の内実を皆さんと一緒に学んでいきます。

そして、今回はそれだけにとどまりません。
メディアを賑わせた湯川さん人質事件の全貌。
そして、常岡先生が警視庁に家宅捜索を受けた真相まで語って頂きます。

イスラム国、そして、それを通して見えてくる日本の構造。
命の重さとはなにか? そして、国とは何か?
難しい問いですが、一緒に学び、考えてみましょう。

■授業の流れ
常岡先生が取材を通して見たイスラム国
湯川遥菜さん人質事件の全貌
無能すぎる日本の警察
「人質とは?」命とお金、命と政治
常岡先生と受講生のトークセッション

スライド資料

世界の片隅で #3 -ロシア繁栄の影に隠された「闇の戦争」-前編-

2018年2月11日公開

60min.

私たちが知らない「ロシア」の底知れぬ闇

プーチンという強力な独裁者により、未曾有の経済発展を遂げたロシア。しかし、その影には諜報活動、フェイクニュース拡散による世論操作など、武器を使わない情報戦を織り交ぜたハイブリッド戦争を展開していたと言われています。

日本ではそういった側面の報道は極めて少ないですが、世界ではロシアの上記したような民主主義破壊行動が問題視さており多く報道されています。

常岡先生は、1999年11月から1年半もの間、チェチェン独立派ゲリラ部隊と行動をともにしました。その体験は壮絶で、体重は20kgも減り、日本に戻ったあと、約1年間PTSDに苦しめられたといいます。

前編では、ロシア、プーチンについて知るとともに、チェチェン独立派ゲリラ部隊での体験を通して見えた「ロシアの闇」について学びます。

先生

常岡浩介

日本の新聞やテレビで伝えられている国際ニュースがどれほど世界の現実から懸け離れているか、少しでも理解し、世界から情報的に孤立しつつある日本の現状に危機感を持っていただけたらと思います。とりわけ、日本では極端に情報量の少ない世界で起きている戦争のニュースについて概容をお伝えしたいです。聞き慣れない固有名詞や数字の羅列だらけの国際ニュースの現場について、少しでも身近に感じていただけたら、と願っています。

スライド資料

世界の片隅で #4 -ロシア繁栄の影に隠された「闇の戦争」-後編-

2018年3月14日公開

60min.

私たちの知らない世界の裏面 -ロシア秘密警察の実態-

プーチンという強力な独裁者により、未曾有の経済発展を遂げたロシア。しかし、その影には諜報活動、世論調査など武器を使わない「闇の戦争」が繰り広げられていたと言われています。

日本ではそういった側面の報道は極めて少ないですが、世界ではロシアの上記したような民主主義破壊行動が問題視さており多く報道されています。

後編では、ロシア秘密警察に16日間拘束された常岡先生の経験も含め、世界屈指のヒューミント(人間を媒介とした諜報活動)部隊と言われるロシアの諜報活動の実態について、常岡先生の盟友であった元諜報機関員リトビネンコ暗殺事件の真相について迫ります。

先生

常岡浩介

日本の新聞やテレビで伝えられている国際ニュースがどれほど世界の現実から懸け離れているか、少しでも理解し、世界から情報的に孤立しつつある日本の現状に危機感を持っていただけたらと思います。とりわけ、日本では極端に情報量の少ない世界で起きている戦争のニュースについて概容をお伝えしたいです。聞き慣れない固有名詞や数字の羅列だらけの国際ニュースの現場について、少しでも身近に感じていただけたら、と願っています。

  • オープニング
  • 03:40
  • 前回のおさらい
  • 04:10
  • アジェンダ
  • 00:14
  • 世界屈指のヒューミント部隊と言われるロシアの諜報活動の実態
  • 00:28
  • 【皆さんへの質問】「ヒューミント」「シギント」を知っていますか?
  • 06:48
  • ロシアの実態に迫る
  • 25:43
  • 質疑応答
  • 17:25
  • 先生からのメッセージ
  • 01:54
  • エンディング
  • Q.情報操作とかなのでしょうか?
  • 28:59
  • Q.民度の高さと国家体制にギャップを感じるのですが、それにもかかわらずなぜプーチンが勝ってしまうのでしょうか?
  • 03:19
  • Q.先日の平昌オリンピックでも話題になったロシア人選手のドーピング騒ぎもそうですけど、ロシアのスポーツ選手のドーピング疑惑の多さは、ロシアの暗い社会情勢と関係はあるのでしょうか?
  • 01:51
  • Q.2014年にありました、マレーシア航空17便撃墜事件は、やはりロシアが関与していますか?
  • 01:24
  • Q.そうした殺人事件の真実を、ロシアの一般人たちはどれくらい知っているのでしょうか?
  • 01:25
  • Q.今後プーチン政権が崩壊する可能性はありますか? もしあるとすれば、考えられるシナリオはどんな筋立てでしょうか?
  • 04:57
  • Q.習近平が憲法を変更し、国家主席の任期期限をなくしましたが、プーチンがそのような行為に出る可能性はないのでしょうか?
  • 01:12
  • Q.プーチン大統領の後継者は存在するのでしょうか?
  • 00:56
  • Q.ヒラリークリントンのメール事件がロシアが関与したとすると、現トランプ政権にロシアには何の利益があるのでしょうか?

スライド資料

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×