テレビの「還暦」を考える

テレビの「還暦」を考える

2013年2月14日最終更新(全1回)

コース概要

2013年2月で日本のテレビ放送は60年を迎えました。

テレビはもう過去の物になりつつあるとか、

若者たちはもうテレビは見ないとか、

テレビはすでにネットと区別できないとか、

いろいろなことが言われています。

そこで、今回の講義では、テレビジョンの「現在」を考えます。

私たちの日常生活にとってテレビはどのような役割を果たしているのか、私たちの何を変えてきたのか、これからテレビはどうなっていくのか、

そういった「テレビの還暦」を皆さんと共に考えてみようと思います。