人事評価に”自社の基準”はあるか〜設計思想の考え方から運用まで考える

人事評価に”自社の基準”はあるか〜設計思想の考え方から運用まで考える

2022年5月25日最終更新(全1回)

コース概要

基準に沿って従業員を評価して生産性を上げ、その先に企業の業績アップを目指すことが目的である「人事評価制度」。終身雇用が崩壊し、働き方の多様性も広がる中で、多くの企業が従業員が納得する制度は何か、試行錯誤しているのではないでしょうか。本来であれば、各企業によってミッションやビジョンが異なり、従業員に求めるスタンスが異なってくることから企業ごとに評価制度のカラーがあってもおかしくありませんが、グレードの設計や賞与の分配といった各論ばかりに目がいきがちです。

 

本授業では、このような具体的な指標を設計する前に必要な、「自社ならではの評価制度」の考え方と、制度を運用していく時に意識しておきたいポイントについて学んでいきます。

 

人事評価制度の基本に立ち返り、「自社ならではの基準」とは何かを明確にできるようになりましょう。