7/3(Fri)

今日の生放送

にった りょう

新田 龍

働き方改革総合研究所株式会社代表取締役

働き方改革総合研究所株式会社代表取締役 ブラック企業アナリスト 早稲田大学政治経済学部卒業後、「ブラック企業ランキング」ワースト企業で事業企画職、営業管理職、人事採用職などを歴任。 2007年、働き方改革総合研究所株式会社設立。労働環境改善による収益・従業員満足・レピュテーション向上のコンサルティングを手掛ける。 またブラック企業問題の専門家として、ブラック企業による契約違反、不当要求などの違法行為について、当局や司法、マスメディアと協働して解決に導く被害者救済事業もおこなう。 各種メディアにおける労働問題・ブラック企業問題のコメンテーター、厚生労働省プロジェクト推進委員も務める。『ワタミの失敗』『伸びる社員とダメ社員の習慣』『明日会社に行きたくないときに読む本』他著書も多数。

新田 龍

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

登壇しているコミュニティ

担当のコース

その会社、白黒つけましょう 「ブラック企業」に関するニュースは、日々飛び交っています。企業に勤めている全てのビジネスマンにとって、他人事ではありません。自分の勤める会社がどれだけ「ブラック」で、知り合いの勤める会社がどれだけ「ホワイト」であるか、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。しかし一括りに「ブラック企業」といってもその実、状況は多岐に渡ります。みなさんが勤める企業が、どれほど「ブラック企業」なのか見極めます。 本授業は、ブラック企業の定義から始まり、ブラックの度合いに合わせた対応策を学びます。明日から活かせる働き方改善策を学んでいきましょう。 登壇するのは、ブラック企業アナリストとして有名な、新田先生です。生放送中、みなさんが働く上での悩みは、どんどん先生に相談しましょう。多くのブラック企業を見てきた新田先生にしかできないアドバイスも行います。 ■登壇する先生 新田 龍 働き方改革総合研究所株式会社 代表取締役/ブラック企業アナリスト 99年 早稲田大学政治経済学部卒業後、上場企業で事業企画、コンサルタント、新卒採用担当を歴任  07年 働き方改革総合研究所株式会社設立(組織環境改革、ブラック企業被害者救済) 09年 株式会社就活総合研究所設立(新卒採用シンクタンク・売却済) 13年 厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員就任 労働問題、ブラック企業問題の専門家として、組織の労働環境改善と、ブラック企業にまつわるトラブル解決サポート、各種メディアにおける雇用・労働問題のコメンテーター、講演、執筆を展開。 厚生労働省プロジェクト委員として、働く現場の意見を政策に反映させる活動もおこなう。「ワタミの失敗」他、著書多数。

コロナによるリモートワークや、デジタルによるDXは個人の就業観を変え、組織にも不可逆な変化を与える可能性が高いと考えられています。   組織をマネジメントする方、そして組織に属する方にとって「働き方を考え直し、チームと自分のこれからについて」考えるきっかけとしていただきたい授業です。   未来をただ予測するのではなく、この状況の正しい課題を認識し、どのような組織・働き方であるとよいのかについて、気づきとこれからの仕事に役立てるTipsを共有していきます。

担当の授業一覧 全2授業

アフターコロナで評価される人/選ばれる組織の共通点

第2回 アフターコロナで評価される人/選ばれる組織の共通点(60分)

2020年5月28日放送

今回のテーマは「アフターコロナで評価される人/選ばれる組織の共通点」です。   コロナウイルス感染拡大の発生を皮切りに、労務管理のあり方も問われ直しています。緊急的にリモートワークを実施した企業は、いかに社員の働きを評価をするか、会議やコミュニケーションのあり方をいかに変化させるか、そのすべての見直しが急務となります。一方、社員目線では、新たな業務に適応する中でいかに高い評価を受けるのか気になるのではないでしょうか。 しかしこの変化はコロナウイルスに限った話ではなく、これから新しい働き方が取り入れられる中で発生する不可逆な変化と言えるかもしれません。 そこで本放送は、働き方改革やブラック企業改善の専門家である新田先生にお越しいただきます。   新田 龍 / 働き方改革総合研究所株式会社代表取締役 ブラック企業アナリスト 早稲田大学政治経済学部卒業後、「ブラック企業ランキング」ワースト企業で事業企画職、営業管理職、人事採用職などを歴任。 2007年、働き方改革総合研究所株式会社設立。労働環境改善による収益・従業員満足・レピュテーション向上のコンサルティングを手掛ける。 またブラック企業問題の専門家として、ブラック企業による契約違反、不当要求などの違法行為について、当局や司法、マスメディアと協働して解決に導く被害者救済事業もおこなう。 各種メディアにおける労働問題・ブラック企業問題のコメンテーター、厚生労働省プロジェクト推進委員も務める。『ワタミの失敗』『伸びる社員とダメ社員の習慣』『明日会社に行きたくないときに読む本』他著書も多数。