ブラック企業をトラブルなく辞める・ホワイト化する方法 -あなたの会社のブラック度合いから考える-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラック企業をトラブルなく辞める・ホワイト化する方法 -あなたの会社のブラック度合いから考える-
第1回:2017年12月22日公開 01:00:00

ブラック企業をトラブルなく辞める・ホワイト化する方法 -あなたの会社のブラック度合いから考える-

受講する

その会社、白黒つけましょう

「ブラック企業」に関するニュースは、日々飛び交っています。企業に勤めている全てのビジネスマンにとって、他人事ではありません。自分の勤める会社がどれだけ「ブラック」で、知り合いの勤める会社がどれだけ「ホワイト」であるか、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。しかし一括りに「ブラック企業」といってもその実、状況は多岐に渡ります。みなさんが勤める企業が、どれほど「ブラック企業」なのか見極めます。

本授業は、ブラック企業の定義から始まり、ブラックの度合いに合わせた対応策を学びます。明日から活かせる働き方改善策を学んでいきましょう。

登壇するのは、ブラック企業アナリストとして有名な、新田先生です。生放送中、みなさんが働く上での悩みは、どんどん先生に相談しましょう。多くのブラック企業を見てきた新田先生にしかできないアドバイスも行います。

■登壇する先生

新田 龍

働き方改革総合研究所株式会社 代表取締役/ブラック企業アナリスト

99年 早稲田大学政治経済学部卒業後、上場企業で事業企画、コンサルタント、新卒採用担当を歴任 
07年 働き方改革総合研究所株式会社設立(組織環境改革、ブラック企業被害者救済)
09年 株式会社就活総合研究所設立(新卒採用シンクタンク・売却済)
13年 厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員就任

労働問題、ブラック企業問題の専門家として、組織の労働環境改善と、ブラック企業にまつわるトラブル解決サポート、各種メディアにおける雇用・労働問題のコメンテーター、講演、執筆を展開。 厚生労働省プロジェクト委員として、働く現場の意見を政策に反映させる活動もおこなう。「ワタミの失敗」他、著書多数。

授業一覧
ブラック企業をトラブルなく辞める・ホワイト化する方法 -あなたの会社のブラック度合いから考える-
2017年12月22日公開
01:00:00

■アジェンダ

・「ブラック企業」の定義と線引き(違法性と待遇と労働環境)
・「ブラック企業」を生み出す原因4分類(司法/慣行/顧客/会社)
・よくある現場に合わせた対応策とは

  • 自己紹介
  • 02:41
  • 本日の授業概要
  • 02:18
  • 【先生からの質問】あなたが考える「ブラック企業」って?
  • 03:02
  • 一般的な認識を一言でいうと?
  • 00:28
  • ブラック企業アナリストなりの定義
  • 01:49
  • 【先生からの質問】スライド内の家どれが合法でどれが違法でしょうか?
  • 04:24
  • 何をもって「ブラック」というのか?
  • 02:02
  • なぜブラック企業は生き永らえ,なくならないのか?
  • 06:03
  • ブラック企業を入社前に見抜く方法
  • 12:41
  • 入ってから「ブラック企業かも・・・」と感じた場合は
  • 02:16
  • 恨みあるブラック企業に鉄槌を下したい場合は・・・・
  • 08:16
  • Q.労基署に訴えた場合、実際に効果あるんですか?
  • 01:25
  • Q.法律違反にならないようにうまい言い回しの説明等をされた場合はどうすれば?
  • 01:59
  • Q.残業を減らしなさい」という意見が多くなっていることに関してはどうお考えですか?会社は利益を上げることが生きていくための手段ですし、「残業はするな、でも結果を出せ。」という意味が含まれているようにも感じるのですが。
  • 01:46
  • Q.転職をする時に、退職理由が「前の会社がブラックでした」と上手く言う方法を教えてください。
  • 01:11
  • Q.労基などに対し匿名の場合は相手にされませんか?
  • 01:13
  • Q.「外国人技能実習生」さんの場合は、どうすればいいのだ?
  • 01:23
  • まとめ
こんな人にオススメ
全般

会社に出社するのが辛いビジネスマン

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

この授業を受けたい(291人)
その他 212人

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×