映画「この世界の片隅に」大ヒットの秘密に迫る -なぜアニメはコンテンツビジネスの主力であり続けるのか-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「この世界の片隅に」大ヒットの秘密に迫る
第1回:2017年11月2日公開 01:00:00

映画「この世界の片隅に」大ヒットの秘密に迫る

受講する

コンテンツ産業における主力商品であり続ける国産アニメーション。
Netflix、Amazon Prime Video等動画配信サービスの台頭により海外からの需要が急増しています。
そんな今、日本のアニメビジネスを学ぶことは、今後日本の商品・サービスを海外で展開する際に役立つ知識や考え方を得ることができます。

この授業ではジャーナリストの数土直志さんをレギュラー講師に、声優の湯浅かえでさんをアシスタントにお迎えして、話題のテーマを切り口にアニメーションをビジネスの観点から解説していただきます。

第3回は映画「この世界の片隅に」のプロデューサー株式会社ジェンコ代表取締役の真木太郎さんをゲストにお迎えします。
興業収入26億円以上、観客動員数200万人以上を突破し、独立系アニメ作品としては異例の大ヒットとなったこの作品。
製作プロセスについて、クラウドファンディングを活用した資金調達について、ミニシアターでの上映から大ヒットに至るまでの経緯等を真木さんにお伺いし、大ヒットの理由に迫ります。
また、アニメプロデューサーとは一体どんなお仕事をされているのかについてもご解説いただきます。

(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

授業一覧
映画「この世界の片隅に」大ヒットの秘密に迫る
2017年11月2日公開
01:00:00

【授業の流れ】

①「この世界の片隅に」紹介
②製作プロセスについて
③クラウドファンディングを活用した資金調達
―映画制作資金の募集で約4,000万円、海外上映の際に片渕監督を現地に送り出すための資金募集で約3,200万円の資金を調達
④大ヒットに至るまでの経緯について
⑤アニメプロデューサーの仕事とは
⑥最新アニメビジネスニュース紹介
⑦質疑応答
⑧まとめ

※授業内容は変更になる可能性があります

先生

数土 直志

日本のアニメはいま国内だけでなく、海外でも大きな人気を誇っています。
この人気の広がりが、アニメのビジネスを大きく変え始めています。
アニメは映像だけでなく、アニソン、声優、キャラクターグッズや2.5次元舞台、イベントまで、まさに総合エンタテインメントになりました。
そして動画配信の急速な普及と海外ビジネス展開が、アニメビジネスにパラダイムシフトを起こしています。
業界の経験豊かなゲストを招き、いまアニメビジネスに何が起きているのか、これからどう変わろうとしているのかを皆さんと一緒に解き明かし、考えていきたいと思います。

先生

湯浅 かえで

ビジネスの観点からアニメを勉強させて頂けるなんて、なかなかないとても貴重な機会なので、今回はたくさんお勉強したいと思います!

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

この授業を受けたい(335人)
その他 255人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×