事業を正しい改善に向かわせる戦略と計画のつくりかた -ワークショップで学ぶ、課題発見・課題解決-

事業を正しい改善に向かわせる -本当に解決すべき課題を明らかにする-

第1回:2017年11月24日公開

60min

事業を正しい改善に向かわせる -本当に解決すべき課題を明らかにする-

おためし受講する(5分)

コース概要

事業と真剣に向き合う、あなたの悩みを解決します

「会社の向かっている方向が、本当に正しいのか不安」

「毎日追っている数値が、本当に追うべき数値なのか違和感がある」

「自分が関わるサービスを、もっと早く成長させるためにはどうしたらいいだろう」


経営者・マーケター・何かの事業と真剣に向き合う人にとって、上記のような悩みは、常に頭から離れないものではないでしょうか。

誰も解決してくれないこの悩みを解決すべく、200社以上の事業を改善してきた株式会社Kaizen Paltform CEOの須藤憲司先生が立ち上がります。

本授業では事業課題の理解・事業KPIの設計・改善計画の策定に関する理論学習はもちろん、自ら実務で手を動かせるようになるまで会得できる「オンラインワークショップ」も実施します。

全3回の授業を通じて、事業・サービスの課題発見・課題解決実務ができる人材になりましょう。

■90日改善計画戦略マップ

ワークショップで使用する「90日改善計画戦略マップ」をこちらからダウンロードできます。印刷してワークショップに臨みましょう。

■登壇する先生

須藤 憲司

KAIZEN Platform Inc. CEO

2003年に早稲田大学を卒業後、株式会社リクルートに入社、同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、アドオプティマイゼーション推進室を立ち上げ、株式会社リクルートマーケティングパートナーズ執行役員として活躍した後、2013年にKaizen Platform, Inc.を米国で創業。Webサイトの改善のため、A/Bテストを簡単に計画・実行できるツールと、1,300名を超えるグロースハッカーから改善案をオンラインで募ることができるクラウドソーシングから成るUI改善プラットフォーム「Kaizen Platform」を提供している。エンジニアやデザイナーがいなくても実現出来るWebの継続的な改善が市場に受け入れられ、すでに世界40カ国、800社以上で活用されている。

こんな人にオススメ

マーケター(上級)
今の会社に漠然とした不安を感じている経営者、マーケター/ 自社が設定する課題や追っている指標に、納得のいっていない人

担当の先生

パーソナリティ

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

参加したい受講生 : 1623

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

事業を正しい改善に向かわせる -本当に解決すべき課題を明らかにする-

2017年11月24日公開

60min.

事業を正しい改善に向かわせる -最適なカイゼン方法を策定する-

2018年3月2日公開

60min.

■授業アジェンダ

・「最適なカイゼン方法」を策定するための理論解説
・「カイゼンする力」を磨くワークショップ -カイゼン方法の考え方-
・今日のポイント解説
・質疑応答

  • オープニング
  • 00:33
  • 自己紹介
  • 01:04
  • ワークショップ概要
  • 01:52
  • ワークショップをはじめる前に
  • 01:18
  • アジェンダ
  • 00:15
  • 前回のおさらい:質の高い問題設定
  • 00:48
  • 問題がなかなか解決しない場合、問題そのものの設定を疑った方がいい
  • 03:01
  • 90日改善計画 戦略マップ
  • 01:27
  • 「ナッジ」な問いかけとは?
  • 01:59
  • 【おさらい問題1】あなたは、洗濯機のエンジニアです。ある洗濯機の品質が上がらずに振動がどうしても抑えられない あなたは、何を測定する事で品質を高めていくことができるか?
  • 03:03
  • 【おさらい問題2】あなたは、コーヒーマシンのマーケティング責任者です。マシンとカプセルで売上を立てています。販売チャネルのカニバリが気になり始めましたが、この議論を前に進めるためにあなたはどんなKPIを設定しますか?
  • 04:46
  • KPIの事例
  • 01:55
  • 改善に適したKPI
  • 01:11
  • 前回の最大のポイント
  • 09:40
  • ワークショップ事例~ヘアサロンオーナーのケース~
  • 01:48
  • 【問題1】あなたは、ヘアサロンのオーナーです。4店舗に増やすための真のボトルネックを何だと設定しますか?
  • 12:28
  • 今日のまとめ
  • 04:18
  • Q:目標を下げるのと、問題を捉え直すことの違いがもう少し聞きたいです。
  • 02:35
  • kaizen宣言
  • 01:53
  • Q:問題の決めることはボトルネックの決め方によって決まるところが大きいと思うのですが、ボトルネックを考える際にはどのようなことが重要ですか?
  • 03:28
  • 告知

スライド資料

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×