chevron_left 「採用学」に学ぶ、優秀な人材の育て方

「採用学」に学ぶ、優秀な人材の育て方

PREMIUM
第2回

「採用学」に学ぶ、優秀な人材の育て方

2014年7月3日 60min

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 26

授業の概要

  この講義では,企業の「採用」に関する様々な問題についてお話をしていきます。企業の採用活動は、大きく分けて、「募集(候補者を集める)」と「抜(候補者の中から選び出す)」と「定着(社員として一人前にする)」という3つのフェーズに分けることができます。

講義では、こうした3つのフェーズに合わせてお話をしていこうと思います。前篇では最初の2つのフェーズを,そして後編では最後のフェーズを取り上げる予定です。

後半の1時間は、「募集」、「選抜」フェーズを経て採用した人材を、入社後にいかにして定着させるか、という点についてお話をしたいと思います。

せっかく優秀な人材を採用したとしても、短期間で辞めてしまったり、期待通りのパフォーマンスを上げることができなかったりしては意味がありません。それでは人材の定着、そして活躍は、どのようにして可能になるのでしょうか。そのために、人事、そして現場にできることとは一体何でしょうか。入社後の新人は、いったいどのようなところでつまづきやすいのでしょうか。

このような、極めて重要で、そして極めて難しい問題について、さまざまなデータと研究成果を紹介しつつ,考えていきたいと思います。

チャプター

play_arrow
自己紹介&アジェンダ
00:51
play_arrow
復習「採用学」とは?
01:12
play_arrow
組織社会化とは?
09:50
play_arrow
(一部の企業における)新しい採用の考え方
03:51
play_arrow
採用情報、どちらにひかれる?
07:47
play_arrow
新人の定着を促すRJP
09:04
play_arrow
RJPの問題点?
09:42
play_arrow
Q:講義の内容から外れますが、SPI・GATB・CUBICの中で先生はどれが一番有用と考えますか?
02:52
play_arrow
Q:スクリーニング効果を高めるために企業(求人)側から情報を出してもらうために、応募(求職)側からできるアクションは何かあるでしょうか?
02:22
play_arrow
Q:求職者側はSPIなどで企業側に分析されますが、企業側のアセスメント実施や、その公開は現在実施されていないのでしょうか?
03:28
play_arrow
Q:面接で何十分話をしただけで、その人が仕事が出来るかどうかわ分からないと思うのですが、今だに採用では面接が行われている。これは非効率ではないでしょうか?
03:05
play_arrow
Q:RJPでネガティブな情報を提示する際、視界が良好になり過ぎないために「この情報は絶対入れちゃダメ!」ってものはありますか?(離職率など)
01:39
play_arrow
Q:RJPの項目を書くのに、適切な割合などはありますか?
01:45
play_arrow
レポート課題発表