chevron_left 人的資本を活かした自律型組織

人的資本を活かした自律型組織

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 25

授業の概要

この授業では、自律型組織を目指した人的資本の活かしかたについて学びます。

 

2022年5月に発表された『人材版伊藤レポート2.0』で注目を浴びたのが「人的資本経営」です。これまで、企業経営においては「ヒト・モノ・カネ」と人材は重要とされていましたが、今後は人材はもちろんのこと人材が保有するスキル、経験、知識に視点が向けられることになってきます。

 

まさに、人的資源(Human Resource)から人的資本(Human Capital)という考え方に変わろうとしているタイミングです。

 

そこで、「人的資本とは何か」「人的資本経営を進める上での課題」「人事部として行うべきこと」の3点について『人的資本の活かしかた』の著者でもある上林周平先生が教えてくれます。

こんな人にオススメ

「人的資本経営」について学びたい人

授業紹介コメント

  • 上林 周平
    先生

    上林 周平

    人的資本とは何か。
    人を大切にする経営と何が違うのか。

    その違いを理解していただき、管理職がメンバーの力を最大化させて成果につなげる方法と、その状態を目指すために、人事が何をすべきかについてお伝えします。