7/17(Wed)

今日の生放送

ワークショップデザイン -創造性を高める場のつくり方-

ワークショップデザイン -創造性を高める場のつくり方-

第1回:2017年9月12日公開

60min

ワークショップデザイン -創造性を高める場のつくり方-

おためし受講する(5分)

コース概要

ワークショップデザインとは、場の創造性を引き出す“あるもの”をデザインすること

複数人で集まり模造紙を広げ、ペンとポストイットを使いながらブレインストーミング...
ワークショップというと、このような風景を想像しがちではないでしょうか。

しかし、ワークショップは当日のファシリテーションだけでなく、事前の準備や構成が大切であるとされています。ワークショップ成功の秘訣は「前日までが8割・当日2割」と言われるほどです。参加者が自発的に気づきを得て、その要素を日常に持ち帰られるように、「モノ・ルール・空間」すべての要素を工夫しなければなりません。

この授業では『ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ』『協創の場のデザイン―ワークショップで企業と地域が変わる』の著者である安斎勇樹先生をお招きし、ワークショップデザインについてお話いただきます。

授業内では、ワークショップの概念や考え方だけでなく、仕事での会議に活かせるような少しブレイクダウンした内容までお届けします。ぜひ生放送に参加し、場の創造性を引き出す“あるもの”とは何か、答えを探しに来て下さい。一緒に議論しながら学び、ワークショップの概念と明日の仕事に活きるワークショップデザインを学びましょう。

担当の先生

パーソナリティ

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

参加したい受講生 : 1052

カテゴリー

タグ

おかえり、デザインの学び場へ「The Designers Lounge」
月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

ワークショップデザイン -創造性を高める場のつくり方-

2017年9月12日公開

60min.

■授業の流れ

・先生ご紹介
・そもそもワークショップとは何か
・企業 / 教育現場 / 街づくりでどのように活かされているのか
・ワークショップの本質・歴史について
・ワークショップデザインとは
・仕事に活きるワークショップデザイン(ファシリテーション)
・質疑応答・まとめ

先生

安斎 勇樹

ワークショップは“流行りの手法”だと思われていますが、実は100年を超える歴史と理論の蓄積があります。そのエッセンスをきちんと理解すれば、商品開発・人材育成・地域活性化などのプロジェクトを効果的に進められるほか、日々の仕事におけるさまざまなコミュニケーションの場面にも応用することができます。
今回の講座では、ワークショップデザインの面白さと奥深さを皆さんと共有しながら、仕事に活かすための方法についてディスカッションできればと考えています。

  • オープニング
  • 00:23
  • 自己紹介
  • 02:47
  • アジェンダ
  • 01:54
  • 【先生からの問いかけ】最近、非日常的だった経験・時間は?
  • 05:21
  • ワークショップとは何か
  • 04:27
  • ワークショップの例:Mimic Comic Workshop
  • 03:23
  • ワークショップの例:Ba Design Workshop
  • 03:31
  • ワークショップの例:トロルをさがせ!
  • 02:52
  • ワークショップのエッセンス
  • 02:48
  • ワークショップの実践事例
  • 00:10
  • 企業のワークショップの事例
  • 02:53
  • 地域のワークショップの事例
  • 06:32
  • 工場的思考・工房的思考
  • 01:20
  • ワークショップのデザイン
  • 00:12
  • ワークショップのプログラム
  • 02:04
  • デザインの2つのポイント
  • 00:48
  • 問いのデザインの重要性
  • 01:18
  • 問いの比較実験
  • 00:55
  • 実践のスケジュール
  • 00:32
  • データの分析
  • 00:54
  • コラボレーション展開図の作成
  • 05:00
  • 活動に遊びの要素を取り入れる
  • 00:18
  • カイヨワによる遊びの類型
  • 00:26
  • 効果的な遊びのパターンの一例
  • 01:29
  • 仕事に活用するには
  • 00:20
  • ワークショップデザインの活用スケール
  • 00:59
  • 会議やイベントに取り入れる
  • 01:13
  • Q:ワークショップは、前提として、誰かの意見を否定せずに、のっかるということを意識していただくということは正しいでしょうか?
  • 01:27
  • Q:思考が拡散しやすく、適度に自由のある枠を作ることはかなり難しいと思うのですが、何かコツやパターンというものはあるのでしょうか?
  • 01:16
  • Q:ワークショップのグループ人数について、先生のご意見を伺いたいです。写真では4人グループが多いのでしょうか?
  • 01:18
  • Q:ワークショップでは、いきなり役に立つもの(結果)を求めないほうがいいのでしょうか?
  • 00:56
  • まとめ
  • 00:35
  • もっと学びたい方へ

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ