「はい、論破」 -言い負かすのではなく、議論で負けない交渉力を身につけるために-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「はい、論破」 -言い負かすのではなく、議論で負けない交渉力を身につけるために-
第1回:2018年1月18日公開 01:00:00

「はい、論破」 -言い負かすのではなく、議論で負けない交渉力を身につけるために-

受講する

やりたいこと、やるべきことを他人に決められない技術

誰しも一度は、他者とのコミュニケーションで主導権を握られてしまい、自分の望む方向に導けなかったことはあるのではないでしょうか。

「はい、論破」と聞くと、相手を言い負かすような印象を受けますが、この授業での論破は「言いたいことを我慢しない」というニュアンスです。
悔しい経験の多くは相手が強かったのではなく、議論・交渉の方法を知り、自分の言い分を伝え、通すための「論破する技術」を身につけていなかっただけ。スピーチドクターの松本幸夫先生をお招きし、ビジネス・プライベートどちらでも使える論破する技術を教えていただきましょう。

授業内では、論破する技術だけでなく下準備や土台作り、論破しても嫌われない術等もお伝えします。
論破する技術を身につけるための実践トレーニングも用意していますので、生放送で先生に講評していただきながら学んでいきましょう。

授業一覧
「はい、論破」 -言い負かすのではなく、議論で負けない交渉力を身につけるために-
2018年1月18日公開
01:00:00

■授業の流れ

①講義

論破する技術について
ーそもそも論破する技術とは
ー論破することの有用性
ー下準備・土台作りについて

②演習

論破する技術を身につけるためのトレーニング

③講義

論破しても嫌われない術

※内容は変更になる可能性があります

先生

松本 幸夫

論破するといいますと、相手を言い負かすことだと誤解されます。しかし言い負かすだけでは、あなたが一時的にすっきりするだけに終わります。
口げんかではなくて、節度を設けてあなたの言いたいことをしっかり伝えること。その上で誤解を避け、最終的にはビジネスの継続的な関係・取引のために言いたいことをしっかり言うのが論破なのです。
自分の主張をしないと、相手にあなたの言いたいことがわかりません。伝わらないのです。追い込みすぎてはいけないとか、自分でここまで達成できれば論破したとみなす等、基本をしっかり伝えますので、実践してみましょう。知識は行動した時に力となる、と言う位です。

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

この授業を受けたい(983人)
その他 904人

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×