金融機関が支援したくなる企業

金融機関が支援したくなる企業 -第1回-

第1回:2018年1月21日公開

60min

金融機関が支援したくなる企業 -第1回-

おためし受講する(5分)

コース概要

従来、金融機関は、財務面を中心に企業を評価して、融資を行ってきました。
しかし、金融庁が借り手の企業の「事業の内容や成長可能性などを評価」するという事業性の評価への積極的な取組みを金融機関に要請していることを受けて、金融機関も事業性の評価への取組みを強化しています。

そこで、今回は、企業の財務面以外の事業性の評価について、金融機関がどのように行っているのかをご紹介します。

具体的には、以下のようなことを把握して評価します。

・経営者の能力はどうか
・社員のレベルはどうか
・どんな技術を持ち、どんな商品を生産しているのか
・生産体制、営業体制などのビジネスモデルはどうか

決算書の数値にばかり目が向きがちですが、こうした財務面以外の事業性の評価に関することを学び、金融機関が支援したくなる企業とはどのような企業なのかを掴んで、企業活動に活用していただきたいと思います。

 

■この授業のゴールと講師紹介

こんな人にオススメ

全般
企業の経営者など財務面を担当している方

担当の先生

パーソナリティ

  • 橋本 幸乃

    橋本 幸乃

    スクー放送部

参加したい受講生 : 307

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

金融機関が支援したくなる企業 -第1回-

2018年1月21日公開

60min.

■授業で学ぶこと

⒈ 経営者の見方

⒉ 経営者のタイプ

⒊ 社員の見方

⒋ 事務所の見方

⒌ 工場の見方

  • アジェンダ
  • 00:28
  • 経営者の見方
  • 01:06
  • 【皆さんへの質問】経営者の能力には何が必要だと思いますか?
  • 01:16
  • ・経営者の能力
  • 04:19
  • ・経営者の性格
  • 01:04
  • ・経営者の経歴
  • 01:19
  • ・経営者の健康
  • 00:57
  • ・経営者の家族の役割
  • 01:40
  • ・経営者の後継者
  • 02:03
  • 経営者のタイプ
  • 01:18
  • ・おまかせ型
  • 01:13
  • ・独断型
  • 01:19
  • ・優柔不断型
  • 00:41
  • ・現状維持型
  • 01:13
  • ・社長単独型
  • 00:58
  • ・見せかけのリーダーシップ型
  • 00:51
  • ・上から目線型
  • 01:10
  • ・嫌々型
  • 02:43
  • ・親子喧嘩型
  • 01:21
  • ・兄弟喧嘩型
  • 02:14
  • 社員の見方
  • 00:31
  • ・社員数
  • 00:50
  • ・年齢構成
  • 01:08
  • ・パート比率
  • 01:16
  • ・定着率
  • 00:41
  • ・挨拶と態度
  • 01:42
  • ・電話応対
  • 00:42
  • ・お茶の接待
  • 00:18
  • ・服装
  • 00:09
  • ・履物
  • 00:17
  • 事務所の見方
  • 00:11
  • ・デスク
  • 00:20
  • ・トイレ
  • 01:42
  • ・掲示物
  • 00:38
  • 工場の見方
  • 00:19
  • 【皆さんへの質問】製造業の三種の神器は何だと思いますか?
  • 00:56
  • ・品質管理
  • 00:32
  • ・コストダウン
  • 00:30
  • ・納期
  • 00:32
  • ・在庫量の管理
  • 01:21
  • ・在庫の保管状態
  • 03:22
  • まとめ
  • 01:34
  • 質疑応答
  • 04:12
  • 次回授業のお知らせ
  • 01:08
  • エンディング
  • Q.「支援したくなる企業」と「実際に支援している企業」との間にギャップはあるでしょうか?
  • 00:47
  • Q.現状維持型の対極に好奇心過剰型というのはないでしょうか?
  • 01:04
  • Q.金融機関の融資関係者の魅かれる提案は将来性を特に優先しますか?
  • 00:50
  • Q.融資関係者は、融資先製造業のミス状況を同一製造業他社で聞くのですか?

スライド資料

金融機関が支援したくなる企業 -第2回-

2018年1月27日公開

60min.

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×