12/8(Wed)

今日の生放送

データ分析の手順 - 仮説設定からビジュアライゼーションまで

優れた意思決定のためのデータ分析とは?

第1回:2021年7月31日公開

40min

優れた意思決定のためのデータ分析とは?

おためし受講する(5分)

コース概要

データ分析は今後、業界/分野にかかわらず多くのビジネスパーソンが備えておくべきスキルとなり得ます。
このコースでは、データ分析の基本的なスタンス/考え方に始まり、分析の工程から結論を視覚化するところまで、成果を出すためのデータ分析の手順を学びます。
 

◼️各回の内容
1. 優れた意思決定のためのデータ分析とは?
2. 分析の目的を設定する
3. 仮説とは何か?仮説構築型と仮説検証型
4. データを収集する
5. 洞察力とは何か?ひらめきと気付く力
6. データビジュアライゼーション

 

◼️講師プロフィール

松本健太郎/データサイエンティスト

1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。現職では、データサイエンスに基づき、ユーザーの心を捉えたアイデアを引き出す「インサイト」の開発支援に携わる。政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、ラジオや雑誌にも登場している。
【note】https://note.mu/jyaga0716 

担当の先生

参加したい受講生 : 193

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

優れた意思決定のためのデータ分析とは?

2021年7月31日公開

40min.

データ分析とは、それ自体が目的化することは決してなく、「優れた意思決定」のためのツールとして初めて機能します。
では、そのようなデータ分析を行うためには、どのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか?

本動画では、データ分析を始めるに当たってのゼロステップ目、つまり「データ分析に対する正しいスタンス」を学びます。

1. 簡単なデータサイエンスの話
2. なぜ分析が求められるのか?
3. 正解ではなく可能性を求める

分析の目的を設定する

2021年7月31日公開

40min.

データ分析の一連のフローの出発点である「データ分析の目的の設定」の考え方、スタンスについて学びます。

1. 問いを立てる重要性
2. 問いを立てる前の整理
3. 良い「問い」とは?

仮説とは何か?仮説構築型と仮説検証型

2021年7月31日公開

40min.

第2回では「問いを立てること」について学びました。その問いに対して「確からしい仮説を立てること」は不可分であり、両方がセットで行われることが望ましいと言えます。この回では「仮説の立てる」ステップに当たってのスタンス、考え方について学びます。

1. 仮説の重要性
2. 仮説構築と仮説検証
3. 良い「仮説」とは?

 

データを収集する

2021年7月31日公開

40min.

仮説を立てた後に実際にデータを収集する際、多くの人がミスを犯しがちな落とし穴があります。データ分析を行うに当たってのデータ収集とは一見「当たり前の工程」ではありますが、どのようなポイントに気を配るべきなのか、学びます。

1. 見ているが観ていない
2. 観察力の本質とは?
3. 観察力を高めるチェックポイント

洞察力とは何か?ひらめきと気付く力

2021年7月31日公開

40min.

「データ分析において最も重要なのは洞察力である」
問題と解くに当たって、どのように洞察力を身につければいいのか、そして実際にどのようなステップで考えていけばいいのかを学びます。

1. 観察力と洞察力
2. 洞察力の本質とは?
3. データの調理方法

データビジュアライゼーション

2021年7月31日公開

40min.

データ分析の結果や結論、これらを単に資料にまとめるだけでなく、いかに効果的に相手に伝えることができるのか、その成果を左右する要素の一つがデータを見せる技術、データビジュアライゼーションです。この回では、その考え方、伝えることの本質について学びます。

1. コミュニケーションとは何か
2. ビジュアライゼーションが必要な理由
3. 相手に合わせて伝える

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ