chevron_left AI倫理:責任あるAIの使い方

AI倫理:責任あるAIの使い方

PREMIUM
第2回

「AIの暴走」を予防する3つのカギ

2022年3月18日 30min

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 11

授業の概要

本授業のテーマは、「AIの暴走とその予防策」についてです。

前回の授業では、AIの活用が進むにつれてリスクの重要性が増してきたこと。その結果、「責任あるAI」の使い方に目を向けて少しずつアプローチする大切さについて学びました。

本授業では、実際にAIがもたらすリスクを「AIの暴走」と呼び、その事例について見ていきます。また、「AIの暴走」をどのように未然に防ぐことができたのか?その予防策について考えていきましょう。

授業紹介コメント

  • 山岸 鞠香
    先生

    山岸 鞠香

    AIやデータサイエンスは一部の領域のようで、すべての人々がデータを生み出す主体であり、またその活用により考えが影響される性質のあるものです。専門家でなくても、自分の意見を持てる社会を目指すべきだと考えています。その上で、AIに関わるプロが日々責任ある運用を志すことが不可欠です。