chevron_left AI倫理:責任あるAIの使い方

AI倫理:責任あるAIの使い方

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 15

授業の概要

本授業のテーマは、「責任あるAIに向けた4つのアプローチ方法」についてです。

初回の授業では、責任あるAIに向けた4つのアプローチ方法の1つ目である「技術」について考えていきました。第2回目、3回目では、さまざまな角度からAIの倫理的リスクについて触れながら、AIのリスクの予防法について考えました。

最後となる本授業では、責任あるAIに向けた4つのアプローチ方法の残り3つ「ブランド」「ガバナンス」「組織・人材」について見ていきます。
社内でAIの倫理的リスクを回避するするためにはどのような組織を立ち上げ、ロードマップを示していけばいいのか?
ESGの観点とAIの倫理がどのように結びつくのか?
について学んでいきましょう。