実践可能な“新しい働き方”を考える

実践可能な“新しい働き方”を考える

2017年4月28日最終更新(全4回)

コース概要

この授業は「実践可能な“新しい働き方”」を講師、受講生が一体となって考えていく授業です。

少子高齢化に伴い、政府を中心に「働き方改革」の議論が急速に進められています。しかしながら、ワークスタイルや生活習慣を変えることは難しく、会社や個人が本腰を入れて変革しようと思わなければ、本当の意味での「働き方改革」は実現しないのではないでしょうか?

働き方の多様化に伴い、「より自由で、より自分らしい働き方」を選べるようになりました。全4回の授業を通して、「どう働きたいか?」ひいては「どう生きたいか?」を見つめ直していきましょう。


【モデレータープロフィール】

松久 晃士 / 株式会社ワーク・ライフバランス コンサルタント

■日本国内の10,000名以上のビジネスパーソンに、ワークスタイルについてアドバイスを提供。顧客満足度は90%以上と高い支持を得ている。

■30社以上のワークスタイル変革プロジェクトを支援。特殊性や困難性の高い業種業界のプロジェクトにおいて強みを発揮。

■当社が採用するワークスタイル変革に関するコンサルティングの基本スキームを構築。クライアントからの信頼度評価において、年間アワードを複数回受賞。

中央省庁や自治体、研究機関や開発部門など、特殊性の高い業種・職種におけるワークスタイル変革プロジェクトを支援している。(経済産業省・愛知県警察・長崎大学・さいたま市等)全ての業種・職種においてワークスタイル変革は可能であり、より価値ある時間を手に入れプロフェッショナルとして成長し続けるために欠かせない「ワーク・ライフバランスの実現」をサポートする。


 

こんな人にオススメ

自分らしい働き方を模索したい方/「働き方改革」に関して学びたい方

担当の先生