1/21(Mon)

今日の生放送

なかむら まさひろ

中村 将大

東洋美術学校 専任講師 / タイポグラフィ学会 理事

学校法人専門学校 東洋美術学校 専任講師・産学連携事務局 ディレクター 。タイポグラフィ学会 理事。 1983年 福岡県出身。武蔵野美術大学卒業。朗文堂 新宿私塾 修了。2009年より東洋美術学校 デザイン研究室所属。2011年より産学連携事務局兼務。2016年よりタイポグラフィ学会 理事。デザイン教育およびコミュニケーション・インフラストラクチャとしてのデザインに携わる。

中村 将大

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

こんなことありませんか? これから基礎を学んでデザインを仕事にしたい方や、デザインの仕事はしているけど、学校で教わるような理論を学んで、今よりも説得力のあるデザインが出来るようになりたい…。 AdobeのIllustratorやPhotoshop、html,cssなどのオペレーションスキルはついてきたけれども、 グラフィックデザインの色、文字の選び方やレイアウトに自信が持てない…。 そんな方に文字、色、レイアウトに関わるグラフィックデザインの基礎をお教えします。 初級では・・・ グラフィックデザインの考え方の最低限の理論を学びます。 明度、彩度、色相とは何かetc. これを身につけることで、作るもののターゲットに合った色、文字選びレイアウトが出来るようになります。 ■3回を通して学べること 授業は初級〜応用をご用意。初級では講義を通して文字や色、レイアウトの基礎を学び、 応用ではその知識を使って実際にロゴや名刺のデザインを実習形式で学んでいきます。 何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。 ■ この授業で学んだことをいかせるデザインの仕事 ・Webデザイン ・ロゴデザイン ・チラシデザイン ・その他グラフィックデザイン全般 ■明日から使えるデザイン基礎理論【全3回】

この授業では、何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する方法を学びます。 グラフィックデザインで ‘良い’とされている実例を単位や規格に基づき、論理的に分析しながら、それがどのような構造でつくられているかを学び、実制作に生かせるようにします。

“いろのいろいろ”は「色」ついて深く楽しく学ぶ授業です。 各色の背景・機能・印象について、またその色と他の色の組み合わせについて、デザインという領域における事例をふまえ、実践的な色彩の基礎を楽しく学びます。各回、赤・青・黄色...というようにある特定の色に焦点を当て、その色彩の特性に触れ、色について理解を深めます。

文字はあらゆる伝達のカナメです。 目を引く見出しを瞬時に判断するとき、私たちは文字をミています。 文章をじっくり理解するとき、私たちは文字をヨんでいます。 ポスターに心を動かされるとき、私たちは文字にミせられています。 本授業「ミル文字ヨム文字ミセル文字」では、そんな「文字」のデザインとその作法 ——、専門用語で言うところの「タイポグラフィ(Typography)」について体系的に学びます。初回ではタイポグラフィとはいったい何かというところから学び始め、活字(フォント)の基本、その配置や日本語と欧文(英語)の違い、はたまたレイアウトの基礎となるグリッド・システムまで贅沢に学んでいきます。全5回の授業をとおして「良いタイポグラフィ」とは何か、一緒に考えていきましょう。 ビジネスマンが初めてタイポグラフィの基礎を学ぶことで、資料は「伝わる」資料へと進化します。 デザイナーが改めてタイポグラフィの基礎を学ぶことで、クリエイティブは間違いのない仕事へと進化します。 また学んだタイポグラフィの知識を、普段のソフトに応用する方法も紹介するので、ビジネスマンの方もデザイナーの方もぜひご受講下さい。

「デザイン」って、そもそもなんだろう? ■色々な意味で使われる「デザイン」という言葉 「デザイン」という言葉は、名詞や動詞など様々な用途で使われています。ロゴのデザイン、フライヤーのデザイン、プロダクトのデザイン、ユーザーインターフェースのデザインといったものにとどまらず、デザインマネジメントやデザイン思考、更にはサービスのデザイン、体験や行動のデザイン、プロジェクトや組織のデザイン、キャリアのデザイン、ついには「自分の人生をデザインする」なんて言葉まで耳にします。 ■なぜ「デザイン」という言葉が独り歩きしてしまったのか Schooにおいても、デザインと名のつく講座をたくさん開講しました。 しかし「そもそもデザインって何?」という問いに、うまく回答するのは至難の技です。それもそのはず、デザインは義務教育化されておらず、多くの人はデザインを学んでいないからです。高等学校教育における「美術・工芸」等でわずかに扱われますが、デザインという広範な分野を網羅しているとは言い難いです。 一方で、デザインの専門家育成系の教育はたくさん存在します。最近だと情報系や工科系、社会系の領域からのデザイン学部・学科・専攻の設立も増えてきました。このように、きほんとなるデザインの教育はほとんどないにも関わらず、専門的な教育が増えていく中で、いよいよ「デザイン」という言葉は曖昧になってしまいました。 ■結局デザインとは何なのか? もちろん仕事としてデザインする行為は、専門的な特殊技能によるものです。しかし、デザインとはその時代の文明・文化が生むものであり、わたしたちの日常におけるインフラストラクチャを担っています。デザインをもっと身近に学ぶキッカケがあってもいいと思いませんか? この講座では、これまでの時代背景を追いながら「デザイン」の意味と価値を浮き彫りにし、日常的な視点で咀嚼してゆくことを目指します。デザインという概念をもう一度デザインしなおしながら、これからのデザインを考えるきっかけを一緒につくっていきましょう。  

デザイナーじゃないけど「センス」は欲しい 本授業は、非デザイナー向けのワークショップです。80分間のワークショップを通じて、「デザインのセンス」を磨く土台を作りましょう。 ▼こんな人にオススメ ・デザインを専門的に学んだことがない人 ・デザイナーではないが、「デザインのセンス」を身に付けたい人 ▼ワークショップの内容 ・ワークショップ①「いいデザイン・わるいデザイン」 ・ワークショップ②「自分にとっての、いいセンスを言語化してみる」 ・ワーウショップ③「デザインのセンスの磨き方を考えよう」 ▼ワークショップを通じて目指す姿 ・自分の「デザインのセンス」を客観視する ・「デザインのセンス」とは何か、自分なりの言葉で理解する ・「デザインのセンス」を継続的に磨く方法を学ぶ ▼出演者 ・中村 将大(東洋美術学校 専任講師)  ・嶋田幸乃(東洋美術学校 在校生) ・羽賀日菜子(東洋美術学校 在校生) ※ワークショップの後半は、プレミアム会員の方限定の生放送です。 ■プレミアム生放送とは…? 一言で言うなら「Schooプレミアム会員限定の生放送授業」。学びをアウトプットする会員限定の実践型ワークショップや、一人ひとりの今抱える疑問に合わせた個別質問会、また先生の“ここだけの話“などの提供など、先生と受講生がより密なコミュニケーションを取れる機会を通して、無料放送より更に学習効果の高い授業をお届けしていきます。 ※プレミアム生放送はSchooのプレミアムサービスに含まれる機能の一つです。  プレミアムサービス機能詳細:https://static.schoo.jp/web/v2/premium/2.1/  プレミアム会員登録はこちらから:https://schoo.jp/student/premium/?cl=5605

デザイナーじゃないけど「センス」は欲しい 本授業は、非デザイナー向けのワークショップです。60分間のワークショップを通じて、「デザインのセンス」を磨きましょう。 ▼こんな人にオススメ ・デザインを専門的に学んだことがない人 ・デザイナーではないが、「デザインのセンス」を身に付けたい人 ▼毎週異なる観点からセンスを磨きます 第1週:文字のデザインセンスを磨く 第2週:色彩のデザインセンスを磨く 第3週:かたちのデザインセンスを磨く 第4週:イメージのデザインセンスを磨く ▼ワークショップの内容 ・ワークショップ①「いいデザイン・わるいデザイン」 ・ワークショップ②「自分にとっての、いいセンスを言語化してみる」 ▼ワークショップを通じて目指す姿 ・自分の「デザインのセンス」を客観視する ・「デザインのセンス」とは何か、自分なりの言葉で理解する 本授業は、過去開講した授業「素人が「デザインのセンス」を磨く生放送ワークショップ」を、テーマごとにより深めて開講します。 プレミアム会員の方は、事前にこちらの録画授業も受講してみてくださいね。

担当の授業一覧 全26授業

明日から使えるデザインのガイドライン【デザイン解説編】

第3回 明日から使えるデザインのガイドライン【デザイン解説編】(60分)

2015年2月7日放送

こんなことありませんか? デザインの仕事はしているけど、学校で教わるような理論を学んで、今よりも説得力のあるデザインが出来るようになりたい…。 AdobeのIllustratorやPhotoshop、html,cssなどのオペレーションスキルはついてきたけれども、 よいデザインとは何かを知りたい。ガイドラインが欲しい。 3限目では・・・ 【デザイン分析編】で学んだ知識をもとに、みなさんが制作したダイレクトメールを解説します。 ★前回のデザイン理論の授業では、みなさんが制作した名刺30作をすべて解説しました。 今回もたくさんの提出お待ちしております。 ■3回を通して学べること 1限目ではデザイン分析から、よいデザインの法則を学び、2限目ではその理論をもとにダイレクトメールを制作します。 3限目では、提出いたただいたみなさんのダイレクトメールを先生が解説することで、いろいろな視点を持てるようになります。 何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。グラフィックデザインで ‘良い’とされている実例を単位や規格に基づき、論理的に分析しながら、それがどのような構造でつくられているかを学び、グラフィックデザインの実制作に生かせるようにします。 ■課題内容 下記の条件にしたがいダイレクトメールの制作をおこなってください。 1: 画面サイズは100mm * 148mmの官製はがきサイズ。 2:画面は表裏使用してください。画面の縦横は任意です。片側一面は宛名面であること。 3:宛名面は黒1色のみ使用可能です。 4:写真の使用は任意です。素材として与えられるもの以外でも構いませんし、使用しなくても構いません。写真加工も任意です。素材はこちらです。→ http://bit.ly/1zVzzjV 5:下記のテキストデータをすべて使用すること。またテキストに関して表裏の指定は今回はおこないません。各自で判断の上、デザイン作業をおこないます。必要と判断した場合、表裏の重複表現も可能です。 6:活字サイズと行送りによるグリッドフォーマットを作成すること。 7:原則Adobe Illustratorを使用。グリッドフォーマットは別のレイヤーにいれること。   提出について: PDF形式でA4サイズのアートボードに表裏を並べて提出。 仕上がり画面のデータとそれにグリッドフォーマットを重ねたもの、合計2種類を提出すること。   ――以下使用テキスト――   DESIGN WORK SHOP 22 February 2015 13:00-16:00   デザイン分析から、よいデザインの法則を学び、その理論をもとにダイレクトメールを制作します。提出いたただいたみなさんのダイレクトメールを先生が解説することで、いろいろな視点を持てるようになります。  何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。グラフィックデザインで ‘良い’とされている実例を単位や規格に基づき、論理的に分析しながら、それがどのような構造でつくられているかを学び、グラフィックデザインの実制作に生かせるようにします。   POSTCARD   初心者向けデザインワークショップ 2015年2月22日 土曜日 13:00-16:00 開催   学校法人専門学校 東洋美術学校 162-0067 東京都新宿区富久町2-6 電話番号 03 3359 7421   TOYO INSTITUTE ART AND DESIGN 2-6, Tomihisacho, Shinjuku-ku, Tokyo, 162-0067, Japan Telephone +81 3 3359 7421   ――以上使用テキスト―― ■課題提出方法 1.ファイルをpdfで保存し、ファイル名を「schooネーム」にする 2.Gigafile(http://gigafile.nu/)にファイルをアップロード 3.ダウンロードURLをチャット欄に投稿 ※その際「制作において工夫したこと」を一緒に書く ■全3回の連続授業 第1回 デザイン分析編 第2回 DM制作編 第3回 課題解説編

明日から使えるデザインのガイドライン【DM制作編】

第2回 明日から使えるデザインのガイドライン【DM制作編】(60分)

2015年2月7日放送

こんなことありませんか? デザインの仕事はしているけど、学校で教わるような理論を学んで、今よりも説得力のあるデザインが出来るようになりたい…。 AdobeのIllustratorやPhotoshop、html,cssなどのオペレーションスキルはついてきたけれども、 よいデザインとは何かを知りたい。ガイドラインが欲しい。 2限目では・・・ 【デザイン分析編】で学んだ知識をもとにダミー案件のダイレクトメール制作を体験します。 ★前回のデザイン理論の授業では、みなさんが制作した名刺30作をすべて解説しました。 今回もたくさんの提出お待ちしております。 ■3回を通して学べること 1限目ではデザイン分析から、よいデザインの法則を学び、2限目ではその理論をもとにダイレクトメールを制作します。 3限目では、提出いたただいたみなさんのダイレクトメールを先生が解説することで、いろいろな視点を持てるようになります。 何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。グラフィックデザインで ‘良い’とされている実例を単位や規格に基づき、論理的に分析しながら、それがどのような構造でつくられているかを学び、グラフィックデザインの実制作に生かせるようにします。 ■課題内容 下記の条件にしたがいダイレクトメールの制作をおこなってください。 1: 画面サイズは100mm * 148mmの官製はがきサイズ。 2:画面は表裏使用してください。画面の縦横は任意です。片側一面は宛名面であること。 3:宛名面は黒1色のみ使用可能です。 4:写真の使用は任意です。素材として与えられるもの以外でも構いませんし、使用しなくても構いません。写真加工も任意です。素材はこちらです。→ http://bit.ly/1zVzzjV 5:下記のテキストデータをすべて使用すること。またテキストに関して表裏の指定は今回はおこないません。各自で判断の上、デザイン作業をおこないます。必要と判断した場合、表裏の重複表現も可能です。 6:活字サイズと行送りによるグリッドフォーマットを作成すること。 7:原則Adobe Illustratorを使用。グリッドフォーマットは別のレイヤーにいれること。   提出について: PDF形式でA4サイズのアートボードに表裏を並べて提出。 仕上がり画面のデータとそれにグリッドフォーマットを重ねたもの、合計2種類を提出すること。   ――以下使用テキスト――   DESIGN WORK SHOP 22 February 2015 13:00-16:00   デザイン分析から、よいデザインの法則を学び、その理論をもとにダイレクトメールを制作します。提出いたただいたみなさんのダイレクトメールを先生が解説することで、いろいろな視点を持てるようになります。  何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。グラフィックデザインで ‘良い’とされている実例を単位や規格に基づき、論理的に分析しながら、それがどのような構造でつくられているかを学び、グラフィックデザインの実制作に生かせるようにします。   POSTCARD   初心者向けデザインワークショップ 2015年2月22日 土曜日 13:00-16:00 開催   学校法人専門学校 東洋美術学校 162-0067 東京都新宿区富久町2-6 電話番号 03 3359 7421   TOYO INSTITUTE ART AND DESIGN 2-6, Tomihisacho, Shinjuku-ku, Tokyo, 162-0067, Japan Telephone +81 3 3359 7421   ――以上使用テキスト―― ■課題提出方法 1.ファイルをpdfで保存し、ファイル名を「schooネーム」にする 2.Gigafile(http://gigafile.nu/)にファイルをアップロード 3.ダウンロードURLをチャット欄に投稿 ※その際「制作において工夫したこと」を一緒に書く ■全3回の連続授業 第1回 デザイン分析編 第2回 DM制作編 第3回 課題解説編

明日から使えるデザインのガイドライン【デザイン分析編】

第1回 明日から使えるデザインのガイドライン【デザイン分析編】(60分)

2015年2月7日放送

こんなことありませんか? デザインの仕事はしているけど、学校で教わるような理論を学んで、今よりも説得力のあるデザインが出来るようになりたい…。 AdobeのIllustratorやPhotoshop、html,cssなどのオペレーションスキルはついてきたけれども、 よいデザインとは何かを知りたい。ガイドラインが欲しい。 1限目では・・・ 良いと言われるデザインがどのようにできているのか、ガイドラインはどのようなものがあるのか学びましょう。 ★前回のデザイン理論の授業では、みなさんが制作した名刺30作をすべて解説しました。 今回もたくさんの提出お待ちしております。 ■3回を通して学べること 1限目ではデザイン分析から、よいデザインの法則を学び、2限目ではその理論をもとにダイレクトメールを制作します。 3限目では、提出いたただいたみなさんのダイレクトメールを先生が解説することで、いろいろな視点を持てるようになります。 何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。グラフィックデザインで ‘良い’とされている実例を単位や規格に基づき、論理的に分析しながら、それがどのような構造でつくられているかを学び、グラフィックデザインの実制作に生かせるようにします。 ■全3回の連続授業 第1回 デザイン分析編 第2回 DM制作編 第3回 課題解説編

明日から使えるデザイン基礎理論【デザイン解説編】

第3回 明日から使えるデザイン基礎理論【デザイン解説編】(60分)

2014年11月8日放送

こんなことありませんか? これから基礎を学んでデザインを仕事にしたい方や、デザインの仕事はしているけど、学校で教わるような理論を学んで、今よりも説得力のあるデザインが出来るようになりたい…。 AdobeのIllustratorやPhotoshop、html,cssなどのオペレーションスキルはついてきたけれども、 グラフィックデザインの色、文字の選び方やレイアウトに自信が持てない…。 そんな方に文字、色、レイアウトに関わるグラフィックデザインの基礎をお教えします。 上級では 初級中級で学んだグラフィックデザインの基本的理論を生かして制作した みなさんのロゴや名刺のフィードバックを受ける授業です。 ■3回を通して学べること 授業は初級〜応用をご用意。初級では講義を通して文字や色、レイアウトの基礎を学び、 応用ではその知識を使って実際にロゴや名刺のデザインを実習形式で学んでいきます。 何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。 ■ この授業で学んだことをいかせるデザインの仕事 ・Webデザイン ・ロゴデザイン ・チラシデザイン ・その他グラフィックデザイン全般 ■明日から使えるデザイン基礎理論【全3回】 1回目:【配色、タイポグラフィ、レイアウト編】 2回目:【ロゴ・名刺制作編】 3回目:【デザイン解説編】 ■授業中の課題提出先はこちら メール送信先:kadai@schoo.jp タイトル:デザイン理論課題 本文:ニックネームかお名前、工夫点を明記 添付ファイル名:ニックネームかお名前

明日から使えるデザイン基礎理論【ロゴ・名刺制作編】

第2回 明日から使えるデザイン基礎理論【ロゴ・名刺制作編】(60分)

2014年11月8日放送

こんなことありませんか? これから基礎を学んでデザインを仕事にしたい方や、デザインの仕事はしているけど、学校で教わるような理論を学んで、今よりも説得力のあるデザインが出来るようになりたい…。 AdobeのIllustratorやPhotoshop、html,cssなどのオペレーションスキルはついてきたけれども、 グラフィックデザインの色、文字の選び方やレイアウトに自信が持てない…。 そんな方に文字、色、レイアウトに関わるグラフィックデザインの基礎をお教えします。 中級では・・・ 初級で学んだグラフィックデザインの基本的な理論を生かして 色、文字、レイアウトにを意識してロゴや名刺を実際に自分でデザインをしてみることでより実践的に学べます。 ■3回を通して学べること 授業は初級〜応用をご用意。初級では講義を通して文字や色、レイアウトの基礎を学び、 応用ではその知識を使って実際にロゴや名刺のデザインを実習形式で学んでいきます。 何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。 ■ この授業で学んだことをいかせるデザインの仕事 ・Webデザイン ・ロゴデザイン ・チラシデザイン ・その他グラフィックデザイン全般 ■明日から使えるデザイン基礎理論【全3回】 1回目:【配色、タイポグラフィ、レイアウト編】 2回目:【ロゴ・名刺制作編】 3回目:【デザイン解説編】 ■授業中の課題提出先はこちら メール送信先:kadai@schoo.jp タイトル:デザイン理論課題 本文:ニックネームかお名前、工夫点を明記 添付ファイル名:ニックネームかお名前  

明日から使えるデザイン基礎理論【配色、タイポグラフィ、レイアウト編】

第1回 明日から使えるデザイン基礎理論【配色、タイポグラフィ、レイアウト編】(60分)

2014年11月8日放送

こんなことありませんか? これから基礎を学んでデザインを仕事にしたい方や、デザインの仕事はしているけど、学校で教わるような理論を学んで、今よりも説得力のあるデザインが出来るようになりたい…。 AdobeのIllustratorやPhotoshop、html,cssなどのオペレーションスキルはついてきたけれども、 グラフィックデザインの色、文字の選び方やレイアウトに自信が持てない…。 そんな方に文字、色、レイアウトに関わるグラフィックデザインの基礎をお教えします。 初級では・・・ グラフィックデザインの考え方の最低限の理論を学びます。 明度、彩度、色相とは何かetc. これを身につけることで、作るもののターゲットに合った色、文字選びレイアウトが出来るようになります。 ■3回を通して学べること 授業は初級〜応用をご用意。初級では講義を通して文字や色、レイアウトの基礎を学び、 応用ではその知識を使って実際にロゴや名刺のデザインを実習形式で学んでいきます。 何となく感覚で作っていたグラフィックデザインをしっかりとした論理にもとづいて制作する事を目指します。 ■ この授業で学んだことをいかせるデザインの仕事 ・Webデザイン ・ロゴデザイン ・チラシデザイン ・その他グラフィックデザイン全般 ■明日から使えるデザイン基礎理論【全3回】 1回目:【配色、タイポグラフィ、レイアウト編】 2回目:【ロゴ・名刺制作編】 3回目:【デザイン解説編】