9/22(Sun)

今日の生放送

【再放送】A4一枚から始める「高速」資料作成術

【再放送】資料の「目的」から考える資料作成

次回の生放送

【再放送】資料の「目的」から考える資料作成

9 / 29 (日)

21:00 - 22:00

参加する

この生放送の内容

『人気授業プレイバック』では先々月に受講生の皆さんに人気だった授業を再放送としてお届けしています。
タイムラインで他の受講生と語り合いながら観ることでより一層学びを深めていきましょう。
※再放送は1.2倍速になっており、最後に生放送で皆さんのコメントをご紹介します。
※先生の登壇はございませんので質問をお受けすることはできません。ご了承ください。


目的が明確になっていないまま、資料を作り始めて途中で迷子になってしまうことはありませんか?
 
資料作成が難しい最大の理由は、それが他人から指示された仕事だからです。

企画書や提案書は、それを使って「承認」や「協力」を得るという目的があるはず。
こうした目的を果たすには作成者の主体性が欠かせませんが、他人から指示された作業ではその主体性が持ちにくいのは当然です。
そもそも、作業を指示した上司がその目的をきちんと説明していないこともよくある話です。

とはいっても、困るのは作成者自身。
そこで、まずは資料と資料の作成者が果たすべき目的を明確にすることからはじめなくてはいけません。

第1回は、資料を作成する際に、正しく目的を設定するためにどう考え、整理するのかを学びます。

コース概要

『人気授業プレイバック』では先々月に受講生の皆さんに人気だった授業を再放送としてお届けしています。
タイムラインで他の受講生と語り合いながら観ることでより一層学びを深めていきましょう。
※再放送は1.2倍速になっており、最後に生放送で皆さんのコメントをご紹介します。
※先生の登壇はございませんので質問をお受けすることはできません。ご了承ください。


この授業を一言で表すと...

「提案書などのプレゼン資料作成を、最短時間で仕上げる方法を身につけるための授業です。」

あなたが資料作成に苦労しているのは、資料作成の方法を知らないことが原因かもしれません。全3回の授業を通して、稲葉先生がNTTグループやIBMで学んだ、最速の資料作成の方法を教えてくれます。

 

この授業で学べること

・「つくりやすく」「わかりやすい」資料の作り方
・資料の主張を裏付けるデータを見つける方法
・プレゼンスライドで必ず守るべき「お作法」と伝わりやすいビジュアルの基本

 

こんな人にオススメ

・いつも試行錯誤を繰り返して資料作成に時間がかかっている方
・はじめて資料作成をする方


講師プロフィール

稲葉 崇志  (株式会社メイクセンス 代表取締役)

筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了(経営学修士)。IT企業で情報通信システムの開発や提案業務に携わったのち、コンサルタントに転身。
NTTデータ経営研究所や日本アイ・ビー・エムで民間企業に対する情報戦略や組織戦略領域のコンサルティング、中央省庁や地方公共団体、業界団体からの委託による調査・研究を行う。
その後、総合人材サービスグループ傘下のシンクタンクの上席主任研究員として、働き方改革、第4次産業革命による雇用への影響、個人の生産性やクリエイティビティ向上を目的としたマネジメントのあり方などの研究に携わる。
現在は、組織人事コンサルタントとして、人材教育や制度改革のコンサルティングなど、組織人事領域から企業の支援に取り組む。
 

著書:「A4一枚」から始める最速の資料作成術(CCCメディアハウス)

担当の先生

パーソナリティ

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

参加したい受講生 : 173

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

【再放送】資料の「目的」から考える資料作成

2019年9月29日公開

60min.

生放送9月29日(日) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

『人気授業プレイバック』では先々月に受講生の皆さんに人気だった授業を再放送としてお届けしています。
タイムラインで他の受講生と語り合いながら観ることでより一層学びを深めていきましょう。
※再放送は1.2倍速になっており、最後に生放送で皆さんのコメントをご紹介します。
※先生の登壇はございませんので質問をお受けすることはできません。ご了承ください。


目的が明確になっていないまま、資料を作り始めて途中で迷子になってしまうことはありませんか?
 
資料作成が難しい最大の理由は、それが他人から指示された仕事だからです。

企画書や提案書は、それを使って「承認」や「協力」を得るという目的があるはず。
こうした目的を果たすには作成者の主体性が欠かせませんが、他人から指示された作業ではその主体性が持ちにくいのは当然です。
そもそも、作業を指示した上司がその目的をきちんと説明していないこともよくある話です。

とはいっても、困るのは作成者自身。
そこで、まずは資料と資料の作成者が果たすべき目的を明確にすることからはじめなくてはいけません。

第1回は、資料を作成する際に、正しく目的を設定するためにどう考え、整理するのかを学びます。

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ