8/7(Fri)

今日の生放送

タイプ別のコミュニケーション攻略法

「ロジカルな相手」の攻略法

第1回:2020年3月31日公開

60min

「ロジカルな相手」の攻略法

おためし受講する(5分)

コース概要

あなたの周りに「コミュニケーションを取るのが難しいな」と感じる相手はいませんか?
会社で指示がコロコロ変わる上司に振り回されたり、「あなたの言ってることがわからない」などと、話し方を指摘されたりするとうんざりしますよね。建設的な話をしようにも、おたがいの価値観やコミュニケーションスタイルが違えば、難しい。
こうした状況を解決するのが本授業の目的です。
なぜこのようなことが起きているのか、相手の立場から見た考え方を理解できれば、コミュニケーションの問題は解決できます。
本授業を通じて、コミュニケーションの達人を目指しましょう。

 

■ この授業の詳細

第1回「ロジカルな相手」の攻略法
第2回「指示がコロコロ変わる上司」の攻略法
第3回「他部門の社員」の攻略法

 

※稲葉先生が過去にご登壇された授業

A4一枚から始める「高速」資料作成術

即断即決を引き出すファクトを探す、つくる

こんな人にオススメ

社内の1対1のコミュニケーションを円滑にしたい方

担当の先生

パーソナリティ

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

参加したい受講生 : 1182

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

「ロジカルな相手」の攻略法

2020年3月31日公開

60min.

あなたの周りに「ロジカルに話せ」というひとはいませんか。あなたの「発言の内容」ではなく、「説明の仕方」に対する指摘です。
こうした場合、「ロジカルシンキング入門」といった本を読んでも、おそらくあまり役には立たないでしょう。そもそも、この指摘をしたひとはそこまでの「ロジカルさ」を求めているわけではないのです。
まずは、「ロジカルに話せ」と言うひとの考え方を理解しましょう。
実は「ロジカルに話す」のはそれほど難しくありません。この授業でマスターしましょう。

 

■授業のアジェンダ
相手の考え方を理解する

・対応の方法を学ぶ

・ワーク

先生

稲葉 崇志

このように話し方そのものに対して指摘されるとコミュニケーションが億劫になってしまいますよね。なにをどう話せばいいのか、わからなくなっちゃいます。
そもそも「ロジカル(論理的)」とはどういうことでしょう。実は、「ロジカルではない(論理的でない)」という指摘が意味するものは3つのパターンしかありません。
しかし、多くの人からの話を聞く立場にある上司や、ビジネススキルのトレーニングを受けたことのあるひとにとって、この3つのパターンの話し方は気になって仕方ないのです。
でも、一度わかってしまえば大丈夫。もう同じ指摘を受けることはありません。この授業でサクッと理解してしまいましょう。

スライド資料

「指示がコロコロ変わる上司」の攻略法

2020年4月10日公開

60min.

あなたの周りに指示がコロコロ変わる上司はいませんか。その結果、いつも振り回され、それが上司に対する不信感になってしまう。
ところで本当に指示は変わってるのでしょうか。変わってるとしたら「なにが」変わっていて、「なにが」変わっていないのか。
その主旨を理解できないと「振り回される」と感じます。まずは上司の考え方を理解するところから始めましょう。

 

■授業のアジェンダ

・相手の考え方を理解する

・対応の方法を学ぶ

・ワーク

先生

稲葉 崇志

上司からの指示によって進めているにもかかわらず、当の本人が昨日と違うことを言い出す、こんなことありますよね。
場合によっては新しい指示の方針が、当初自分が主張していたものだったりすることもあります。こんなとき、「だから言いましたよね?!」などと言いたくなったりします(笑) しかし、上司を問い詰めても仕方ありません。
でもなぜこのようなことが起こるのでしょうか。上司が忘れっぽいわけではもちろんありません!(笑)
この授業では、このもやもやした気持ちをスッキリさせ、納得したうえで新しい指示に向き合える状態を目指します。

スライド資料

「他部門の社員」の攻略法

2020年5月8日公開

60min.

他部門のメンバーとの会議や調整で失敗した経験はありませんか。
会社やクライアントのためを考えるのは全社で共通しているはずなのに、よかれと思う施策が他部門から反対される。個人的に話したときには共感してくれていたはずなのに、なんてこともめずらしくありません。
ひとの意見は「ポジション」によって変わります。まずは相手のポジションの価値観を正しく理解しましょう。「落とし所」の検討はここから始まります。

 

■授業のアジェンダ

・相手の考え方を理解する

・対応の方法を学ぶ

・ワーク

先生

稲葉 崇志

一生懸命に取り組んでいるときこそ、その取り組みの意義を信じて疑わないものです。そうして会議で他の部門長からコテンパンにされる、これ私の経験です(笑)
相手の立場に立つ、実はこれって結構難しい。同じ会社なら一致しそうなものなのに、なぜかかみ合わない。
でも大丈夫、相手の部門がどのような価値観なのかを考えるツールがあります。他部門との調整とは異なる価値観をうまく整合させることであり、まずはポジションによる価値観の違いを見つめることが大切です。
この授業で、きっと他部門との調整がうまくなります。

スライド資料

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ