読みっぱなしで終わらない読書術

読みっぱなしで終わらない読書術

2018年5月22日最終更新(全2回)

コース概要

情報源からいかに本質を見抜き、そして活かすのか

みなさんは、こんな経験ありませんか?
・買っても読まずに放置したままの本がある
・本を一通り読んだものの、後から内容を思い出せない
・書籍の内容を人にうまく教えることができない

何かに活かすために読書するのであれば、これらの状況は解決しなければなりません。そのために本授業では、認知科学を応用した読書術を学びます。

■読んで終わらないための流れ

読みっぱなしで終わらないためには、以下の流れを通して読んだことを活かす必要があります。

[①本を選ぶ]→[②本を読む]→[③内容を理解する]→[④内容を自分のものにする]

そこで本カリキュラムでは、1回目に①②、2回目に③④に関する授業を行います。生放送を活かしたトレーニングを行なうことで、有意義な読書体験を手に入れましょう。