学習ポイント

  • グロースハックの基本(おさらい)
  • 最新のSP-WebのABテスト事例の傾向
  • 様々な切り口ごとの鉄板グロースハック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 累計6,000回以上のA/Bテストの結果に裏付けられた、成果を出せるデザイン・ディレクションの考え方とスキルを学びましょう(テーマ:インサイトマーケティング、ライティング、レイアウトetc.)


全7回の授業で、Webデザイナーの方、またWebデザイナーを目指すみなさんに、案件事例を参考に成果が出るWebサイトの制作方法を学び、最終的に実際のページ制作をしていただきます。明日から使えるグロースハック(※)の基礎を事例から学びましょう。

グロースハッカーとは、ビジネスの要点を理解して会員数やコンバージョンレート向上に寄与するデザインなどを提案し、企業やサービスを急成長させる仕掛け人の総称です。Kaizen Platformは、UIサービスのUI改善を簡単に実現出来る「Kaizen Platform」を提供しており、これまでに1,300人以上のグロースハッカーを国内外に育て、40カ国以上で、3,000社以上のサービスを「カイゼン」してきました。このカリキュラムを全て履修すると、公認グロースハッカーという称号をKaizenから与えられます。

「スクー公認グロースハッカー」の付与について
全7回の授業の受講(生放送、録画どちらでも可)と6回目以降に出される課題提出が条件です。※課題提出は生放送のみで、現在は終了しております。

※ Kaizenが考えるグロースハックとは
「時間とお金を成長に転換する転換効率を上げるために出来ること全て」です

詳しくは下記に事前予習動画をご紹介していますので、チェックしてみてください!

■ 成果につながるA/Bテスト、出来ていますか?

Webサイトの継続改善を実現するA/Bテストプラットフォーム「Kaizen Platform」では、2013年のリリース以来、累計で6,000回ものA/Bテストが実施されています。


どのような訴求をすることで、クライアントニーズを満たし、成果を出すことができるのか……。Kaizen Platformにこれまで蓄積されたテストの対象カテゴリ・業種は、トラベル、EC、ファイナンス、テレコム、リテール、クラシファイド領域、さらに対象ページはLP、TOPページ、検索一覧、予約・購入画面など、多岐に渡ります。

この授業では、これらの大量のA/Bテスト事例の中から厳選した成功事例・失敗事例を検証し、業種、領域別、対象ページや季節性などの特徴から導き出される傾向と対策、最新の鉄板グロースハックを導きだします。

 

■ 過去のKAIZENの授業

200以上のWEBサービスでグロースハックをしてきた須藤先生が、グロースハックって何?という基本的なことからグロースハックを始めるために必要なKPI設定、ユーザー導線について解説しています。

CVRを40%以上向上させた施策事例の中で、グロースハックを行う上で抑えておくべき重要なポイントや、サービスの中で改善すべき順番を解説しています。

 

■ グロースハックを予習するための動画

事前に下記4本をチェックしていただくことでより授業の理解が深まります。

① Webデザイナーのためのグロースハック講座【KAIZEN導入編①】


② WebデザイナーがKAIZENに参加するメリット 【KAIZEN導入編②】



③ Webデザイナーのための仮説設計法【KAIZEN導入③】



④ WebデザイナーのためのKAIZEN PLATFORMツール使用法 【KAIZEN導入編④】

授業は受講忘れの無いように、ページトップの「受けたいボタン」をクリックして受講予約をしておきましょう。授業前日と直前にメールなどでお知らせいたします。

参考サイト/予習教材

コース内容(全7回)