8/11(Tue)

今日の生放送

オンライン1on1実践 -人を活かすアドラー式カウンセリングマインド-

カウンセリングマインド基礎 -人を尊重し、信頼を育む-

次回の生放送

モデルケース別、オンライン1on1実践①

8 / 13 (木)

20:00 - 21:00

参加する

この生放送の内容

第2回は、オンライン1on1について具体的な事例を扱い、モデルケース学習を実施します。

そこで本授業では、よくあるメンバーの課題とその人が持つ特性をかけ合わせたモデルをいくつか準備します。それに対し、第1回で学んだ理論を適用したときどのような関わり方があるか考えましょう。

受講生のみなさまから集まった回答に対し、永藤先生からのフィードバックと注意すべきポイントの解説を通じて、あなたの行動改善を目指します。

コース概要

単一の答えが存在せず、個々人/状況において“答え”が異なる現代。

チームのありかたも分業型から協業型への変化することがあたりまえになりつつある中で、旧態依然としたチームマネジメント手法は限界に達し、これまでとは異なるやりかたが求められます。

 

そこで一部の企業では、1on1といった手法もすでに浸透し始めていました。
しかし人と人とが直接接触しない働き方にシフトする状況下で、この1on1といった個別のマネジメント手法すらもオンラインで代替されるとき、難しさを感じるリーダー・マネージャーの方も多いのではないでしょうか。

直接話せないからこそ丁寧な観察もできず、ちょっとした機微を察することも難しい今、1on1 / メンタリング / コーチング の難易度は高まっています。

 

そこで本授業は、アドラー心理学をベースとした、カウンセリングマインドを学びます。

ただ理論を学ぶだけでなく具体的な行動改善にを意図し、第2,3回ではリアリティのあるモデルケース学習を実施します。よくある課題と対処策をパターン別に学習することで、あなたが抱えるマネジメント課題を解決しましょう。

 

そうすることで、ビジネス上の目標達成・組織活性・メンバー成長を目指します。

 

■担当する先生

 

永藤 かおる

有限会社ヒューマン・ギルド 取締役研修部長 公認心理師

1989年三菱電機に入社。その後、ビジネス編集部、日本語教師、Web制作会社等を経る。企業研修を通じてアドラー心理学と出会い、2011年ヒューマン・ギルド入社。現在、研修部長として、企業・行政・教育機関向け研修、公開講座、講演及び個人カウンセリングを行っている。
アドラー・カウンセラー、(公社)日本心理学会認定心理士、(一社)日本アンガ‐マネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター。著書に『勇気の心理学 アドラー超入門』(ディスカヴァ―・トゥエンティ―ワン)、『「うつ」な気持ちをときほぐす 勇気づけの口ぐせ』(明日香出版社)、『子どもを勇気づける教師になろう!』、(金子書房、岩井俊憲と共著)『アドラー心理学に学ぶ「やる気」の高め方』(PHP研究所、宮本秀明と共著)などがある。


 

担当の先生

パーソナリティ

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

参加したい受講生 : 836

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

カウンセリングマインド基礎 -人を尊重し、信頼を育む-

2020年7月30日公開

60min.

第1回は、カウンセリングマインドの基礎理解を目指します。

リーダー・マネージャーのあるべき姿、マインドセット、そして他者と接する上での基本理論を、アドラー心理学の文脈を通じて理解しましょう。第2回以降実施するモデルケース学習に必要な準備を行います。

モデルケース別、オンライン1on1実践①

2020年8月13日公開

60min.

生放送8月13日(木) 20:00 - 21:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

第2回は、オンライン1on1について具体的な事例を扱い、モデルケース学習を実施します。

そこで本授業では、よくあるメンバーの課題とその人が持つ特性をかけ合わせたモデルをいくつか準備します。それに対し、第1回で学んだ理論を適用したときどのような関わり方があるか考えましょう。

受講生のみなさまから集まった回答に対し、永藤先生からのフィードバックと注意すべきポイントの解説を通じて、あなたの行動改善を目指します。

モデルケース別、オンライン1on1実践②

2020年8月27日公開

60min.

生放送8月27日(木) 20:00 - 21:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

第3回も、オンライン1on1について具体的な事例を扱い、モデルケース学習を実施します。

そこで本授業では、よくあるメンバーの課題とその人が持つ特性をかけ合わせたモデルをいくつか準備します。それに対し、第1回で学んだ理論を適用したときどのような関わり方があるか考えましょう。

受講生のみなさまから集まった回答に対し、永藤先生からのフィードバックと注意すべきポイントの解説を通じて、あなたの行動改善を目指します。

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ