5/17(Tue)

今日の生放送

ハラスメントの対処法 - 管理職向け

1.ハラスメントへの管理職としての関わり方

第1回:2022年3月25日公開

25min

1.ハラスメントへの管理職としての関わり方

おためし受講する(5分)

コース概要

このコースでは、組織、チームの管理職やリーダーとして知っておくべき、ハラスメントが発生した際のメンバーへの対処方法とその防止策について解説します。

▼授業のゴール
・ハラスメントが起きた際に管理職として対応すべき事を知っている
・ハラスメント防止策のための職場環境見直しの観点を持てている
 

▼授業アジェンダ
1)ハラスメントへの管理職としての関わり方
2)パワハラの判断基準と相談を受ける際のポイント:ケーススタディ
3)ハラスメントが起きたときの対応方法
4)ハラスメントが起きやすい職場の特徴と対策


▼先生
神野 沙樹
株式会社Niesul(ニースル)代表取締役/社会保険労務士
https://e-sr.info/

▼その他のハラスメント関連のコース
ハラスメントを正しく知る- 全ビジネスパーソン向け
ハラスメントへの「アサーティブ」な対応 - 全ビジネスパーソン向け
コーチングスキル - ハラスメント対応・壁打ち

担当の先生

参加したい受講生 : 13

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

1.ハラスメントへの管理職としての関わり方

2022年3月25日公開

25min.

この授業では近年のハラスメント事案の背景や、関連する法律の内容について紹介し、管理職がどうハラスメントと関わるケースがあるかについて解説します。

▼アジェンダ
1)職場トラブルの相談件数の推移と「いじめ・嫌がらせ」が増えた背景
2)管理職とハラスメント
3)安全配慮義務
4)パワハラ防止法
 

先生

神野 沙樹

ハラスメントは、「禁止(~してはいけません)」や「義務(~しなければなりません)」と語られがちですが、今回の授業は「いい職場を作っていこう」と前向きになれることを大切に組み立てました。ぜひ一緒に楽しく学んでいきましょう。

スライド資料

2.パワハラの判断基準と相談を受ける際のポイント:ケーススタディ

2022年3月25日公開

20min.

この授業ではパワーハラスメントが起こる現場と被害者からの相談を受けた時のケーススタディを通して、何がハラスメントになるのか?の判断基準や、発生時の対処方法について解説していきます。

 

▼アジェンダ
1)事例:パワハラの現場
2)パワハラの類型、判断基準
3)事例:相談を受けたときの対応
4)相談を受けたときに心がけるポイント

スライド資料

3.ハラスメントが起きたときの対応方法

2022年3月25日公開

30min.

この授業ではハラスメントが実際に起こってしまった際の初期対応のポイントについて「被害者への相談」と「自分が当事者だと言われた」2つの場合で解説していきます。

▼アジェンダ
1)相談された場合の初期対応 3つのポイント
 ・傾聴
 ・分解
 ・確認

2)自分が当事者だと言われた場合の初期対応のポイント
 ・分解
3)問題が大きくなる切り返し、収束する切り返し

スライド資料

4.ハラスメントが起きやすい職場の特徴と対策

2022年3月25日公開

25min.

この授業ではハラスメントが起きないための職場づくりのポイントについて解説します。

▼アジェンダ
1)なぜハラスメントが起きるのか
2)ハラスメントが起きやすい職場の特徴
3)ハラスメントが起きない職場づくりのポイント

スライド資料

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る