学習ポイント

  • 変な宿題をやってみようという「好奇心」
  • 「正解のない問いに答える」体験
  • 広告、その他クリエーティブ業界で生きて行くマインド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この授業では、巷でちょっと話題になっている「変な宿題」のオンラインver.をお送りします。

2限目 宿題の講評編

2限目の授業では、1限目の最後に出した宿題の講評を行います。 1限目を受講していない方も、この授業の中で回答できる変な宿題を出題をするので奮ってご参加下さい。

What's 変な宿題?

「変な宿題」は、電通総研アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所リーダーの、倉成 英俊が考案したクリエーティビティ開発授業です。

Q.10文字以内で自己紹介してください。

Q.校則の最後に1行書き足す権利をあげます。あなたは何を足しますか?

Q.(とある食べ物を食べて)食後感想文を書いてください。

など、まさに変な宿題に挑戦する事で、発想力、構想力、統合力、プレゼンテーション能力などを培うことができます。 自身が受けてきたクリエーティブテストを含め、世の中の既存の面白い課題を収集、分析、発展させて開発し、様々な場所で実践しています。

特徴

・問題が変である(=好奇心をそそられる)

・決まった答えはない(=全員クリエーター、全員正解)

・自習である(=身の回りから自ら体験し勝手に「気付く」)

また、各宿題にはCreativityを培うための裏テーマを必ず設けているため、 ・クリエーティブについていつの間にか学んでいる ・1度受けると好奇心がUP、スポンジ状態になり、色々な物事や全ての教科が面白くなる などのメリットがあり、とにかく出題者側も解く側もとにかく「楽しい、面白い」ということが最大の特徴です。

現在約50の変な宿題があり、これまで東京大学、復旦大学(上海)、中国伝媒大学、立命館大学、佐賀大学美術コース 、青山学院大学 、有田工業高校デザイン科、都内私立中学 、大手ゲーム会社 、大手放送局役員研修 、広告制作会社研修、カフェ6次元ほか、様々な場所で行われてきました。

長い説明より、百聞は一見にしかず、一回一緒にやってみましょう。

コース内容(全4回)