8/13(Thu)

今日の生放送

ビジョンマネジメント

ビジョンマネジメント-ビジョン実現のためのアプローチ編-

第1回:2017年8月3日公開

60min

ビジョンマネジメント-ビジョン実現のためのアプローチ編-

おためし受講する(5分)

コース概要

この授業では管理職の方を対象としてビジョンマネジメントについて学びます。

ビジョンとは何か?という基本的な内容から具体的なビジョン実現のためのアプローチやそのアプローチを現場に浸透させるための方法など、より実践的な内容までを学びます。

今回はパーソルキャリア株式会社のエグゼクティブマネジャーである加々美先生と大浦先生をお招きして、パーソルキャリアのビジョンマネジメントについて具体的な事例をもとにお話いただきます。


◆講師プロフィール

加々美 祐介 パーソルキャリア株式会社 戦略人事統括部エグゼクティブマネジャー

2005年株式会社インテリジェンス入社。人材紹介事業、転職メディア事業において法人営業及びマネジメントを務め、一貫してホワイトカラー領域の採用支援、転職支援に従事。 その後、2013年にウェイマネジメントをミッションとした新規部署の立ち上げを行い、カルチャー変革の仕組みづくりと推進を担当。 2014年7月より人事も管掌し、採用、人事制度企画、異動配置、組織開発、人材開発など、パーソルキャリア株式会社のビジョン実現に向けた戦略人事業務全般に従事。 現在のテーマは、人の主体性と成長意欲を引き出し、湧き立たせる会社づくり。

 

大浦 征也 パーソルキャリア株式会社/DODA編集長

2002年株式会社インテリジェンスに入社し、一貫して人材紹介事業に従事。法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。その後、DODAキャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点(札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡等)の総責任者等を歴任し、現職。JHR(一般社団法人人材産業サービス協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキングメンバーにも名を連ねる。


 

■あらすじ -経営方針転換のキッカケとなったリーマンショック以後に起きたこととは-

質より量とKPIを掲げて拡大するマーケットに合わせて新卒採用を年間500名をしていた時期から一転、経営危機に・・・。

リーマンショック以後の約10年、どのように経営の仕方を変えて、組織やサービスを変えていったのかを学べます。

ビジョナリーカンパニーの衰退の5段階を模倣したグラフを用いて、これまでに起きたことを包み隠さず話す加々美先生。

 

 

■パーソルキャリアの先生方に教わる管理職向け授業シリーズ

・ビジョンマネジメント

・若手メンバーのキャリアマネジメント

・管理職のための組織運営力

・チームビルディング

・人事考課とフィードバックの方法

こんな人にオススメ

管理職の方、次期管理職の方

担当の先生

パーソナリティ

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

参加したい受講生 : 908

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

ビジョンマネジメント-ビジョン実現のためのアプローチ編-

2017年8月3日公開

60min.

第1回目は、加々美先生にご登壇いただき、ビジョン実現のためのアプローチについてを具体的な実例をもとに学びます。

具体的には、ビジョン実現のためのアプローチであるウェイマネジメント/サービスコアバリュー「顧客親密経営」を打ち出した背景とビジネスモデルやカルチャーとの関係性、また実現のためのマネジメントシステムやその背景について、管理職として、そして人事としての視点からお話いただきます。

 

 

■授業の流れ

・ビジョンマネジメントとは

・ビジョンとサービスコアバリュー、戦略の関係性と概念図

・サービスコアバリュー経営である「顧客親密経営」をスタートさせた背景

・「顧客親密経営」に必要だと認識したマネジメントシステムについて

(NPS、顧客親密段位・顧客親密道場、ER施策等)

 

※内容は予定であり、予告なく変更する恐れがあります。あらかじめご了承ください。

  • オープニング
  • 00:29
  • 授業概要
  • 00:55
  • 自己紹介
  • 01:28
  • アジェンダ
  • 01:35
  • ビジョンマネジメントとは
  • 00:04
  • ・Visionとは?
  • 01:32
  • ・ビジョンマネジメントとは?
  • 00:38
  • ・ビジョン共有と共有ビジョンの違い
  • 01:58
  • ・パーソルグループのVisionについて
  • 03:30
  • ビジョンとサービスコアバリュー、戦略の関係性
  • 00:08
  • ・ビジョンを実現させるもの
  • 03:19
  • 実例紹介:パーソルキャリアがビジョン/サービスコアバリュー経営を始めた背景
  • 00:26
  • ・経営のストーリー
  • 04:36
  • ・なぜビジョン経営?サービスコアバリュー経営?
  • 04:48
  • ・絶対的なサービスコアバリュー【顧客親密力】
  • 00:47
  • ・顧客親密経営
  • 02:58
  • 実例紹介:ビジョン/サービスコアバリュー経営を推進するための仕組みづくり
  • 00:09
  • ・経営指標編
  • 08:23
  • ・人材育成編
  • 14:22
  • ・評価/称賛/コミュニケーション編
  • 05:05
  • まとめ
  • 01:14
  • 質疑応答
  • 06:48
  • 次回授業のお知らせ
  • 00:29
  • エンディング
  • Q.パーソルさんのように人材を事業としつつも、ビジョン経営しなくてもよい、というようなシーンはあるのでしょうか?
  • 17:36
  • Q.なぜ推奨者から批判者を引いたものと成長性との連動性が高いのでしょう?統計的な推測以外にも理由があるのでしょうか?
  • 02:29
  • Q.売上史上主義からビジョン経営、サービコアバリュー経営にシフトした時に、売上が落ちたり、社内の反発はなかったんでしょうか?
  • 02:10
  • Q.道場の四段はゴールのように見えます。やることがなくなるとどうしても意識が薄くなる気がするのですが、四段の人に向けて意識改革を続けてもらうルールの設計があれば教えてください。
  • 09:24
  • Q.上に段があるうちは続きがあるという事ですね、では、6段が10人になるような未来には、7段や8段があるのでしょうか?
  • 02:02
  • Q.顧客親密大賞をとる人は、先生から見てどういう人でしたか?
  • 01:25
  • Q.大賞のムービーは社外に公開はしていませんか?私達の目に触れる機会はありますか?
  • 00:59
  • Q.様々な仕組みを変えていった結果、10年前と今とで定量または定性で会社に変化はありましたか?どのような変化がありましたか?

スライド資料

ビジョンマネジメント-現場浸透編-

2017年8月10日公開

60min.

第2回目は、パーソルキャリアのDODA編集長である大浦先生にご登壇いただき、ビジョン浸透のための現場でのマネジメントを具体的な実例をもとに学びます。

具体的には「顧客親密経営」を実践する為、現場に行動変容を促す過程で起きた事例を元に、浸透フェーズを4段階に分け、それぞれのフェーズで実際に起きた問題とそれに対してどのように対処したのかについてお話いただきます。

 

【4つの浸透フェーズ】

導入期(無関心期)

浸透第一フェーズ(抵抗期)

浸透第二フェーズ(定着期)

浸透第三フェーズ(成熟期)

 

■授業の流れ

・新しい取り組みをより効果的に浸透させる為のノウハウ

・「顧客親密経営」を実践する為の現場における行動変容

・浸透フェーズの4段階における各フェーズで起きた問題点と対処方法

 

 

スライド資料

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ