メンバーの力を最大化するチームマネジメント

「どうすれば、もっと部下・メンバーの力を引き出すことができるのか」
それは、組織のリーダーや管理職が抱えている、もっとも大きな課題と言えるでしょう。
昨今提唱されている『フォロワーシップ』という考え方は「組織運営においてリーダーの影響力は10〜20%にとどまり、残りの80〜90%は部下である人々の力が左右する」というもの。

フォロワーシップの観点から管理職の仕事を考えるために、サイバーエージェントの人事本部長として、数多くの組織改革を行った曽山哲人を先生にお招きしました。
講義と「曽山先生からの問題」を通じて、全てのリーダー・マネージャーがメンバーの力を引き出すために必要なことを考えます。

詳細を開く
メンバーの力を最大化するチームマネジメント
2012年12月6日公開
00:50:00
  • 今日のアジェンダ
  • 02:01
  • メンバーの力を最大化できる3つの習慣 「マネージャーの役割とはなにか」
  • 03:26
  • サイバーエージェント的 「マネージャーの役割とは何か」について
  • 03:35
  • 成果を生み出すマネージャーの3つの習慣
  • 01:33
  • 【ワーク形式】「マネージャーって、◯◯と◯◯と◯◯ができれば成果が出る」という3つの要素について
  • 03:13
  • 「マネージャーの3つの習慣」の3つの答え合わせ
  • 00:48
  • 組織成果の3つの習慣の概念説明
  • 02:13
  • メンバーが自走するための「目標力」
  • 02:37
  • ゴールから逆算して配置を決めていく「役割力」
  • 03:17
  • 組織成果に向けた軌道修正するための「評価力」
  • 02:01
  • 組織成果に導くための面談チェックリストと面談のやり方
  • 05:47
  • 【ツール紹介】目標マンダラート
  • 03:02
  • 今日のまとめ
  • 01:49
  • 【後半】質疑応答
  • 01:20
  • Q:マネージャーにとって怒ることが必要なことはありますか
  • 01:43
  • Q:マンダラートの使い方について詳細を教えて下さい
  • 01:50
  • Q:褒めるときのコツはありますか
  • 01:58
  • Q:サイバーエージェント社長の藤田晋さんのチームマネジメントについて
  • 01:34
  • Q:自分の権限を他の人に任せていくにはどうすればよいでしょうか
  • 03:58
  • Q:メンバー同士の強みがぶつかってしまった場合はどうすればよいでしょうか
  • 01:20
  • Q:職種の向き不向きをマネージメントする場合はどうすればよいでしょうか
  • 03:29
  • レポート課題提出
開く
スライド資料
担当の先生
関連授業