chevron_left 日本一残業の少ないIT企業社長が語る「2021年の“働き方改革”」

日本一残業の少ないIT企業社長が語る「2021年の“働き方改革”」

PREMIUM

授業の概要

リモート勤務という新たな勤務形態が定着しつつある2021年には、どのような「働き方改革」が求められるのか?


そもそもなぜ日本企業の業務は非効率なのかから、組織だけでなく個人でもできる考え方や実践まで、日本一残業の少ないIT企業社長が自ら実践した事例を踏まえ、2021年にビジネスパーソンが学ぶべき「働き方」を考えます。

 

■講師

米村 歩

株式会社アクシア 代表取締役

中堅ソフトウエア、フリーランスを経て株式会社アクシアを設立。2012年まではアクシアでも長時間労働が常態化していたが、2012年10月から残業ゼロを継続中。2017年3月にはホワイト企業アワードの労働時間削減部門で大賞受賞。有給消化率100%。2020年にオフィスを廃止して全社員完全リモートワーク。

 

チャプター

録画公開されると
チャプターが表示されます

play_arrow
play_arrow
play_arrow

授業紹介コメント

  • 米村歩
    先生

    米村歩

    2012年までは残業まみれのブラック企業でした。そこから残業ゼロ、有給消化率100%、完全リモートワークなどを実現してきた弊社の経験が少しでも参考になれば幸いです。