ここで今、私達が「社会の明日」を予測する(2017年10月号/ゲスト:栄藤稔・高橋祥子)

ここで今、私達が「社会の明日」を予測する(2017年10月号/ゲスト:栄藤稔・高橋祥子)

2017年10月4日最終更新(全1回)

コース概要

これは、ニュースを超えた“未来予測”。

テクノロジーによって目まぐるしく変わっていく現代。 
常に未来を予想し続けなければ、最適な今の過ごし方さえ決めることができません。

この授業は、テクノロジー・インターネットが変えていく社会・つくり出す未来を、
生放送に参加する受講生とゲストたちが、 共に考えていく「参加型未来予測授業」です。

ゲストが持ち寄る“ニュース”を元に、 
スタジオ・オンライン受講生が全員参加型で未来を考え「私達は、今、何をすべきか」を探していきます。

この授業を受講することで、今をしっかり理解し、未来を踏まえて明日からどう行動すべきかを知ることができます。

 

あなたと一緒に社会の明日を予測する“先生”

■レギュラーモデレーター
津田大介 氏 ジャーナリスト/メディア・アクティビスト

■レギュラーゲスト
谷本有香 氏 Forbes JAPAN 副編集長 兼 WEB編集長 

■第2回ゲスト
栄藤稔 氏 大阪大学 教授、(株)みらい翻訳 社長、(株)コトバデザイン 社長、科学技術振興機構 CREST 人工知能領域 研究総括

■第2回ゲスト
高橋 祥子 氏 株式会社ジーンクエスト 代表取締役

毎月第1水曜21時、レギュラー枠として放送中

この授業は、毎回違うニュース・ゲストでお届けします。ぜひ、あわせてご参加下さい。

【第1回】9月6日(水)21:00〜
ここで今、私達が「社会の明日」を予測する(2017年9月号/ゲスト:古川健介・モリジュンヤ)

【第3回】11月1日(水)21:00〜
ここで今、私達が「社会の明日」を予測する(2017年11月号)

担当の先生

津田 大介

津田 大介

ジャーナリスト/メディア・アクティビスト

ポリタス編集長。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学文学学術院教授。大阪経済大学情報社会学部客員教授。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。ソーシャルメディアを利用した新しいジャーナリズムをさまざまな形で実践。 世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)、『未来型サバイバル音楽論』(中公新書ラクレ)、『越境へ。(亜紀書房)』、『メディアの仕組み(夜間飛行)』、『「ポスト真実」の時代 「信じたいウソ」が「事実」に勝る世界をどう生き抜くか(祥伝社)』、『日本一やさしい「政治の教科書」できました。(朝日新聞出版)』ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

栄藤 稔

栄藤 稔

大阪大学 教授

大阪大学 教授、(株)みらい翻訳 社長、(株)コトバデザイン 社長、科学技術振興機構 CREST 人工知能領域 研究総括。 3年毎にやることが変わる技術屋.学生時代はZ80で並列コンピュータ試作する計算機研究. パナソニックに就職と共にデジタルビデオの試作.3年後ATRに出向.役に立たない非単調推論,知識構造表現を研究.ATRから大学に行き,パターン認識研究を2年間.これで学位取得.パナソニックに戻りMPEG標準化のリーダー.2000年にドコモに転じ,モバイルマルチメディアを担当.そのときAppleと組んで定めたファイル形式がMP-4.自称iPodの外祖父.2002年末にシリコンバレーに赴任しスタートアップ文化にどっぷり浸かる.2005年に日本に戻り,分散音声認識を商用化.2007年にデータマイニングを立ち上げ,並列分散ペタバイトデータベースを構築.自然言語処理応用をデータ量と並列計算システムで解決するアプローチを実践.これは「しゃべってコンシェル」で具現化.2012年6月より,NTTドコモ執行役員.投資業務やドコモのサービスプラットフォームの“クラウド化”と“データ解析による最適化(AI)”を推進.2017年6月ドコモの役員を退任し,7月より大阪大学先導的学際研究機構教授就任.大阪大学からは3つの兼業を許可されマルチで活動中.(株)みらい翻訳社長,(株)コトバデザイン社長,科学技術振興機構 CREST 人工知能領域 研究総括でもある。