推論[入門]

推論[入門]

2021年12月18日最終更新(全1回)

コース概要

不確実な状況で、それでも仕事を前に進める技術

ルールやロジックだけでは仕事が前に進まない瞬間に出くわした経験はありませんか。業務で成果を上げるために、手順を守ったりや論理的思考は大切で、誰もが望むことです。言い換えると、他者から抜きに出るためには、それ以上の能力が求められます。推論の技術は、限られた情報の中で新しいことに挑戦するための必須スキルです。本授業は、この「推論」とは何か、どのように行うべきか学ぶ入門レベルの講義です。

 

【こんな人におすすめ】
└論理的思考には自信があるが、論理的に考えられる以上のことについて考えるのが苦手な方
└新規事業など、情報が少ない中で、仮説の立案と検証をし続ける業務に携わっている方
 

【授業のゴール】
└推論を構成する帰納法・演繹法・アブダクションの3要素について理解できる
└問題解決の場において、仮説を立てる基本的なやりかたを理解できる


【授業の特徴】
└センスとも表現される仮説を立てる力を、要素分解することで、再現性を高めている点
└推論という一見すると難しそうなテーマを、シンプルな構造で学べる点
 

■担当する先生

羽田 康祐丨株式会社朝日広告社 プランニングディレクター

産業能率大学院経営情報学研究科修了(MBA)。日本マーケティング協会マーケティングマスターコース修了。外資系コンサルティングファームなどを経て現職。「外資系コンサルティングファームで培ったロジック」と「広告代理店で培った発想力」のハイブリッド思考を武器に、メーカー・金融・小売り等、幅広い業種のクライアントを支援。マーケティングやブランディング・ビジネス思考をテーマにしたブログ「Mission Driven Brand」を運営。ハンドルネームはk_bird。著書に『問題解決力を高める「推論」の技術』(フォレスト出版)がある。■Mission Driven Brand:https://www.missiondrivenbrand.jp/