5/23(Thu)

今日の生放送

くろだ ゆうすけ

黒田 悠介

フリーランス研究家/FreelanceNow発起人

議論メシ代表│FreelanceNow発起人│ディスカッションパートナー│フリーランス研究家│「文系フリーランスって食べていけるの?」編集長│他 「フリーランスを実験し、世に活かす」という活動ビジョンを掲げて自分自身を実験台にしている文系フリーランス/フリーランス研究家。新しい『事業』と『働き方』を生み出すことが生業。スタートアップから大企業の新規事業まで「ディスカッションパートナー」として年間30社の事業立ち上げを支援。 フリーランスに関する実験結果を発信する「文系フリーランスって食べていけるの?」というメディアを運営し、登壇実績多数。フリーランス1,200人の互助組「FreelanceNow」発起人。プロフェッショナル社外人材活用を社会実装するBlended社CCO(Chief Community Officer)を務める。帽子とメガネがトレードマーク。 東京大学文学部心理学→ベンチャー社員×2→起業(売却)→キャリアカウンセラー→フリーランス(ポートフォリオワーカー)という紆余曲折なキャリア。

黒田 悠介

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

登壇しているコミュニティ

担当のコース

The Class of Freelancers, for Freelancers, by Freelancers 「フリーランスによるフリーランスのためのフリーランスの授業」開講   「働き方改革」が流行語にもなった2017年。 フリーランスのような時間・場所・契約などにとらわれない柔軟な働き方が徐々に注目を集めはじめています。 しかし、実際のところフリーランスは世間では発展途上とも言えるワークスタイル。 フリーランスで働くにあたっての情報がまとまっていなかったり、困ったときに相談にのってもらえるコミュニティがなかなか見つからなかったり、フリーランスとして働きやすい環境が整っているとはまだ言えないのが現状ではないでしょうか? 毎月1回開講するこの授業では、 「フリーランスの仕事に役立つ実学的な知識・ノウハウを得られる学びの場」 「フリーランスの方が集まり、情報交換をするコミュニティ」 この2つを役割を果たす授業を目指していきたいと思っています。 今回の連載授業では、フリーランス研究家として活動され、フリーランスの互助組織「FreelanceNow」の発起人としても知られる黒田 悠介先生をレギュラー講師としてお招きし、毎回フリーランスの方に価値ある情報を届けていきます。 また、この授業は「フリーランスとして働く皆さんが創るフリーランサーのための授業」がコンセプト。日々フリーランスとして働く中で「他の人はどうしているんだろう?」「○○に関して知りたい!」などあれば、こちらのフォーム、または授業内でどんどんコメントしてください!皆さんのお声をもとに、授業を作っていきたいと思っています。 【レギュラー講師 プロフィール】 黒田 悠介 議論メシ代表│FreelanceNow発起人│ディスカッションパートナー│フリーランス研究家│「文系フリーランスって食べていけるの?」編集長│他 「フリーランスを実験し、世に活かす」という活動ビジョンを掲げて自分自身を実験台にしている文系フリーランス/フリーランス研究家。新しい『事業』と『働き方』を生み出すことが生業。スタートアップから大企業の新規事業まで「ディスカッションパートナー」として年間30社の事業立ち上げを支援。 フリーランスに関する実験結果を発信する「文系フリーランスって食べていけるの?」というメディアを運営し、登壇実績多数。フリーランス1,200人の互助組織「FreelanceNow」発起人。プロフェッショナル社外人材活用を社会実装するBlended社CCO(Chief Community Officer)を務める。帽子とメガネがトレードマーク。 東京大学文学部心理学→ベンチャー社員×2→起業(売却)→キャリアカウンセラー→フリーランス(ポートフォリオワーカー)という紆余曲折なキャリア。 公式サイト:https://www.discussionpartners.net/  

担当の授業一覧 全8授業

CanではなくWillから始めるフリーランス生活[2018年8月号]

第8回 CanではなくWillから始めるフリーランス生活[2018年8月号](60分)

2018年8月28日放送

「フリーランス」と聞くとどのような人たちを思い浮かべるでしょうか? ライティング、プログラミング、特定分野の経験が豊富にある、など、他には負けないスペシャルなスキルを持っている人、そんなイメージを持っている人も少なくないと思います。 しかし、働き方の多様化に伴い、こうした従来のフリーランス像を覆す新しいフリーランスが増えつつあります。今回のテーマでは、Can(できること)ではなくWill(やりたいという気持ち)から始めて、podcastプロデューサーというこれまで世の中になかった新しい職種を創り、未知の領域を開拓している田島一希先生を講師としてお招きしてお話をお伺いしていきます。 「今やっている仕事が本当に自分のやりたかったことなのだろうか…」とモヤモヤしている人、実現したい夢はあるが一歩踏み出すことができていないという人、そんな方の背中をぽんっと押す、そんな授業にしていきたいと思っています。 【ゲスト講師プロフィール】 田島一希 田島一希事務所代表 / Podcast Producer / 画家 元ホテルマン。 現在は、Podcastプロデューサー兼、画家として活動。 25歳で独立し、キャリアゼロから2年で20を越えるPodcast番組を制作プロデュース。現在は、フリーランスの少数チームで番組制作を行う。 また、イベント企画・運営にも継続的に携わり、2018年からは「アート」に挑戦。全くの未経験からアクリル画を始め、「趣味が仕事に繋がるか?」を自ら実験している。 ○TEDxTokyo yz:Operation  ( 2014~Connecting the Unconnected~ , 2016~人類 Mankind~ , 2017~変~ )  ○N-Worker Event:主催  ( 2016 / Vol.1,Vol.2,Vol.3・2017 / Vol.4,Vol.5 )  

企業が欲しがるフリーランス像とは?[2018年7月号]

第7回 企業が欲しがるフリーランス像とは?[2018年7月号](60分)

2018年7月24日放送

今回の授業テーマ:企業から選ばれるフリーランス像とは? 経済産業省の資料によれば、「フリーランス人材を活用して業務をアウトソースしている」という企業の割合は18.9%。「現在は活用していないが、今後の活用を検討している」とした企業の割合は33.5%(2017年 経済産業省「雇用関係によらない働き方」に関する研究会 報告書」)。フリーランス人材を積極的に活用したいと考える企業は今後も増えていくことでしょう。いつかくる競争時代に向けて、企業が欲しがるフリーランス人材になるために必要な資質を学んでいきましょう。 【ゲスト講師】 島崎由真 エッセンス株式会社 プロパートナーズ事業部 マネージャー One HR 共同代表 たいとうパパママ応援隊 共同代表 1987年広島市生まれ。静岡大学時代に、当時付き合っていた彼女(現在の妻)と漫才コンビ「ココロノコリ」を結成。ライブハウス等にて活動。 静岡大学卒業後、日本ベンチャー大學(1期生)に入学。同大學卒業後、(株)ザメディアジョン・エデュケーショナルに入社。日本ベンチャー大學の事務局運営やFC展開、クラウドファンディングサイトや実店舗兼教室の立ち上げを経験。2015年にエッセンス(株)に入社。企業の経営課題に対して、専門スキルを持ったフリーランス人材をマッチングする エージェントとして活動。新規事業として、大企業内のシニア人材をベンチャー企業や地方企業でシェアリングする事業の立ち上げも推進中。2017年にHR企業や企業人事を束ねる有志団体「One HR」、台東区の子育て支援団体「たいとうパパママ応援隊」を立ち上げ、それぞれ共同代表に就任。  

フリーランスもチーム化する時代。チームで働く醍醐味とは?[2018年6月号]

第6回 フリーランスもチーム化する時代。チームで働く醍醐味とは?[2018年6月号](60分)

2018年6月26日放送

今回の授業のテーマ:フリーランスもチーム化する時代。チームで働く醍醐味とは? 一昔前はフリーランスというと「個で動く」イメージが強い方も多いのではないでしょうか?ただ、最近では「フリーランスが集まり、チームとして仕事を請け負う」、そんなチームで動く働き方を実践する方が少しずつ増えてきました。 今回の授業では、新しい働き方を支援するプラットフォーム「Teamlancer (チームランサー)」から藤生先生、そして実際にチームランサーとして活動されている実践者、尾関先生をお招きし、チームで働くメリットや、チームで働くフリーランスに求められるスキルなどについて学んで行きます。 【ゲスト講師】 ■尾関 日奈子 mamimu共同代表、主婦ママクリエイターズくりっこリーダー WEBデザイナー・デベロッパー。2歳の子が待機児童のため手元で子育てしながら、オンラインツールを駆使して在宅で働き、毎日外遊び4時間、仕事8時間の生活。「子供を預けないと働けない、けどやっぱり子供との時間がかけがえなく貴重で、できれば預けたくない。その上で収入は正社員並に確保したい。」そんな形もこれからの時代はアリなのでは。2017年1月よりフリーランスとして活動開始し、前職のデジタルマーケティング部を退社。個人で仕事を受けつつ、多業種ママフリーランスチーム「mamimu」や主婦ママクリエイターズ「くりっこ」をマネジメントし、チームメンバーと一緒に様々な案件・プロジェクトに取り組んでいる。 「mamimu」… 多様な職種が集まる育児中フリーランスチーム。東京を中心に約16職種、35名ほどが所属している。「育児中のはたらくをもっとおもしろく」を軸に、仕事を一緒にしたり、情報や経験を共有したり、ワーケーションやメディア立ち上げなど幅広く活動中。 「くりっこ」… デジタルハリウッド主婦ママクラス2016年7月生のクラスメイトを母体に創設した、主婦ママクリエイターチーム。デザインやweb制作をメインにチームワーキングをしている。 ■藤生 朋子 株式会社エンファクトリー オールアバウト在籍中、Webデザイナーとして新規事業部に携わる。その後、現職のエンファクトリーでは、フリーランサーやパラレルワーカーのチーム支援プラットホーム『Teamlancer』を担当。Webデザイン制作やOpenHR事業への参画、働き方関連のイベントボランティアなど、これまでさまざな複業・幅業活動を行う。  

有限な時間を有効に使おう!黒田式 パッチワーク時間術[2018年5月号]

第5回 有限な時間を有効に使おう!黒田式 パッチワーク時間術[2018年5月号](80分)

2018年5月18日放送

5月号の授業テーマは「時間配分」 フリーランスという働き方は一見、時間に縛られず、自由なように見えます。しかし、実際にはしっかりとスケジュール・タスク管理をしていないと、「納期に追われて四六時中、仕事」という事態になってしまうことも少なくありません。今回の授業では、限られた時間を仕事、休養、学習と最適に配分し、人生の主導権を誰にも束縛されずに自分自身が握る、そんな良い意味で“わがままな“時間の使い方を学んでいきます。 また、授業内では黒田先生の時間活用術を「パッチワーク時間術」としてご紹介いただきます。皆さんも授業を通して「“あなた”らしい生き方が出来る時間の使い方」を考えていきましょう。 【授業アジェンダ】 ■Lecture:黒田先生から授業テーマに関して講義 ■Freelancers' Talk:“あなた”らしい生き方が出来る時間の使い方 ※プレミアム会員限定生放送 ■プレミアム生放送とは…? 一言で言うなら「Schooプレミアム会員限定の生放送授業」。学びをアウトプットする会員限定の実践型ワークショップや、一人ひとりの今抱える疑問に合わせた個別質問会、また先生の“ここだけの話”などの提供など、先生と受講生がより密なコミュニケーションを取れる機会を通して、無料放送より更に学習効果の高い授業をお届けしていきます。 ※プレミアム生放送はSchooのプレミアムサービスに含まれる機能の一つです。  プレミアムサービス機能詳細:https://static.schoo.jp/web/v2/premium/2.1/  プレミアム会員登録はこちらから:https://schoo.jp/student/premium/?cl=5064

「確定申告」を効率よく乗り切るために知っておきたい基礎知識[2018年2月号]

第2回 「確定申告」を効率よく乗り切るために知っておきたい基礎知識[2018年2月号](60分)

2018年2月28日放送

今月号の授業テーマは「確定申告」 毎年、フリーランスが頭を悩ませる確定申告が今年も迫ってきました。面倒な作業であることは間違いありませんが、ペナルティが課せられる可能性もあり、しっかり行う必要があります。 フリーランスである以上、絶対に切り離せない「確定申告」を学習していきましょう。 【授業の流れ】 ①Lecture:確定申告を効率よく確実に乗り切る術 ②Freelancer’s talk:授業テーマに合わせて受講生の皆さんとトーク 【ゲスト登壇者プロフィール】 前村菜緒 freee株式会社 個人事業部 部長 学生時代、freee 創業期3名の頃からエンジニアインターンとして参画。その後広報、マーケティング、事業戦略、事業企画など幅広く担当。現在は個人事業主向けの事業責任者として確定申告に長く携わる。直近では、パラレルキャリアを始めとする新しい働き方に関するメディア「パラキャリ」を立ち上げ、これからの個人の働き方についての発信なども行う。自身も2017年春に開業し、個人事業主としてベンチャー企業の支援等を行っている。2013年東京工業大学大学院卒。東工大のVCである株式会社みらい創造機構顧問。