マインドマップの教科書 入門編 -脳の自然な働きを活かしたノート術-

マインドマップの教科書 入門編 -脳の自然な働きを活かしたノート術-

2018年2月2日最終更新(全4回)

コース概要

頭の中を“見える化”して“整理"し、新たなアイデアを得る思考法を学ぶ

さまざまな考えが巡って混乱している頭の中をすっきりさせるため。
全体を見ながら、新たなアイデアの着想を得るため。
物事を関連付けて、記憶をより引き出しやすくするため。
目的に合わせて、さまざまな用途で活用されるマインドマップ。

今回の授業では、「マインドマップの学校」を主宰されている、日本マインドマップ界の草分け、塚原先生をお招きして、マインドマップの活用法、書き方の基本を学んでいきます。授業内では実際にマインドマップを書いてみる実践セクションもありますので、紙とペンを準備した上でご受講ください。


【講師プロフィール】
■塚原 美樹
株式会社ヒューマン・リスペクト 代表取締役

千葉県船橋市出身。
マインドマップの学校」代表、人材・組織開発コンサルタント、中小企業診断士。 
上智大学卒業後、メーカー勤務等を経て2004年に株式会社ヒューマン・リスペクトを創業。大手・中小企業等に、コンサルティング業務を展開。総登壇日数2,000回超、総計1万人超に対し講演・講義経験を持つ。
また、東京ビッグサイトにおける展示会メインステージ、全国の商工会議所、 経営者協会、ロータリークラブ等で、講演者としても多数指名を受けている。 
著書に「マインドマップ戦略入門〜視覚で身につける35のフレームワーク」(ダイヤモンド社)がある。  


マインドマップの教科書 基礎編はこちら

マインドマップの教科書 応用編はこちら

こんな人にオススメ

考え始めると色々なアイデアが頭を巡って混乱してきてしまう人