1/16(Wed)

今日の生放送

仕事効率を高める読書術 Ver2.0

仕事効率を高める読書術 Ver2.0 -記憶と読書-

第1回:2016年2月3日公開

60min

仕事効率を高める読書術 Ver2.0 -記憶と読書-

おためし受講する(5分)

コース概要

2015年のはじめに放送して好評を博した「仕事効率を高める読書術」授業の進化版です。

今回の授業では「記憶」、「脳」、そして「仕事」という3つの切り口から読書をとらえなおし、あなたの読書術をさらにバージョンアップします。認知心理学や脳科学の知見をベースにした読書術を、実際に本を読むワークを交えて経験してもらいながら身につけていただきます。

▽先生著書:暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術

こんな人にオススメ

全般
読みたい本がたくさんあるのになかなか読めない方・読みっぱなしになっている、仕事に活かせないと悩んでいる方

担当の先生

パーソナリティ

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

  • 廣松 あすか

    廣松 あすか

    スクー放送部

参加したい受講生 : 2328

カテゴリー

タグ

今なら初月無料ですべての授業が見放題!
今すぐ無料でおためし

授業リスト

仕事効率を高める読書術 Ver2.0 -記憶と読書-

2016年2月3日公開

60min.

2015年のはじめに放送して好評を博した「仕事効率を高める読書術」コースの進化版です。

今回のコースでは「記憶」、「脳」、そして「仕事」という3つの切り口から読書をとらえなおし、あなたの読書術をさらにバージョンアップします。認知心理学や脳科学の知見をベースにした読書術を、実際に本を読むワークを交えて経験してもらいながら身につけていただきます。

第1回目は「記憶と読書」。

「本を読んだけど内容を覚えていない……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?「読んだら忘れない……」といった読書術もありますが、実は「忘れる」ことが読書するためにも、読書を活かすためにも重要なんです。また一方で、読書するためには、読み手が持つ「記憶」はとても重要な働きをしています。

読書における「記憶」、そして「忘れる」ことを理解し、うまく活用することで、あなたの読書術をバージョンアップさせます。

▽先生著書:暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術

スライド資料

仕事効率を高める読書術 Ver2.0 -脳と読書-

2016年2月7日公開

60min.

2015年のはじめに放送して好評を博した「仕事効率を高める読書術」コースの進化版です。

今回のコースでは「記憶」、「脳」、そして「仕事」という3つの切り口から読書をとらえなおし、あなたの読書術をさらにバージョンアップします。認知心理学や脳科学の知見をベースにした読書術を、実際に本を読むワークを交えて経験してもらいながら身につけていただきます。
第2回目は「脳と読書」。

「前から順番に読まないといけない」
「わからないところを飛ばしてはいけない」
そんなふうに思っている人はいませんか?

しかし、これはあなたの脳にとってはやさしくない読み方なのです。脳の仕組みはどうなっているのか? 理解とは? 記憶とは? を考えていくことで、脳にとってやさしい、ラクに理解・記憶できる読み方が見えてきます。

脳の立場に立って読書、そして本を見なおすことで、あなたの読書術をバージョンアップさせます。

▽先生著書:暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術

スライド資料

仕事効率を高める読書術 Ver2.0 -仕事と読書-

2016年2月14日公開

60min.

2015年のはじめに放送して好評を博した「仕事効率を高める読書術」コースの進化版です。

今回のコースでは「記憶」、「脳」、そして「仕事」という3つの切り口から読書をとらえなおし、あなたの読書術をさらにバージョンアップします。認知心理学や脳科学の知見をベースにした読書術を、実際に本を読むワークを交えて経験してもらいながら身につけていただきます。2015年のはじめに放送して好評を博した「仕事効率を高める読書術」コースの進化版です。

第3回目は「仕事と読書」。

あなたが読書するのは、仕事にとって役立つ情報を得たいという目的も大きいでしょう。しかし、読書をそうとらえるだけでは、あまりにももったいないです。なぜなら、読書は仕事に役立つ「思考訓練の場」にもなるからです。

あなたの仕事を効果的・効率的にする思考とはどんな思考か?その思考を読書に取り入れたらどうなるか? 

効果的・効率的な仕事の進め方を明らかにしつつ、それを読書に取り入れることで、あなたの読書術をバージョンアップさせます。

▽先生著書:暗記が苦手な人の3ステップ記憶勉強術

  • 前回・前々回の復習
  • 02:09
  • 「いい加減」はいいことだ
  • 00:59
  • 質問:提案書、企画書、報告書などの文書を作成するとき、目次をいつ作成しますか?
  • 04:58
  • 「いい加減」はいいことだ(続き)
  • 06:24
  • 思考訓練の場としての読書:仮説思考
  • 06:12
  • 思考訓練の場としての読書:タイトル・目次だけで本を語る
  • 05:00
  • 思考訓練の場としての読書:仮説思考力、フレームワーク思考力、抽象化思考力の3つの思考力
  • 01:54
  • 思考訓練の場としての読書:抽象化思考
  • 07:56
  • 速さとくり返し+αが全てを解決する
  • 02:20
  • 速さとくり返し+αが全てを解決する:フィードバック学習
  • 04:41
  • 速さとくり返し+αが全てを解決する:読書とは自分が変わること、自分を知ること
  • 01:15
  • 質問:あなた(にとって)の仕事とは?
  • 01:43
  • 今日の振り返り
  • 01:16
  • Q:先生、今流行りの自己啓発&意識高い系のビジネス書と本物のビジネス書との見分け方を教えてください。
  • 01:20
  • Q:速さは、どれ位と思えばよいでしょうか? 1ページをだら~っと眺めるくらいで見ると全然記憶に残りませんし、細かく読むと「いい加減」では無くなります。
  • 01:21
  • Q:フィードバック学習の有効なやり方はありますか?私は仕事中のメモを見直してノートにまとめています。
  • 01:11
  • Q:「7つの習慣」のような500ページあるような本もやはり速読した方がよいのでしょうか?
  • 03:12
  • Q:外書読むときに具体が多すぎてうざいときがあるのですがすっとばしてもいいのですか?
  • 00:57
  • お知らせ

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ