chevron_left いまこそ読みたい「この書籍」

いまこそ読みたい「この書籍」

PREMIUM

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 25

授業の概要

今回ご登壇いただくのは、Schooでも大人気の大平信孝先生です。

先生は、脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発し、そのアルローチにより各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施してきました。

そんな大平先生が「いまこそ読みたい書籍」は、アーノルド・ベネット(著),渡部昇一(翻訳)自分の時間(三笠書房)です。

先生がこの本のどのような点を考察し、仕事に活かしてきたのか。

60分間解説していただき、皆さんの明日の仕事に活用していきましょう。

■本授業のアジェンダ

書籍紹介
なぜ先生がこの書籍を選んだか? 
「なぜ今読むのか?」また、先生の仕事から考察するポイント
自分の仕事に活かせるポイント

▼今回紹介する書籍

自分の時間』アーノルド ベネット  (著), Arnold Bennett (原著), 渡部 昇一 (翻訳)(三笠書房)

 

▼先生プロフィール

大平信孝先生(目標実現の専門家/メンタルコーチ)

株式会社アンカリング・イノベーション 代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」(かんき出版)などがある。 日刊メルマガ「行動イノベーション365・ネクストステージを目指す! 行動のヒント」を毎日配信中!

こんな人にオススメ

ビジネス書を仕事への活かす方法を知りたい方、お勧めのビジネス書を知りたい方

担当の先生/パーソナリティ