9/22(Sun)

今日の生放送

おおひら のぶたか

大平 信孝

目標実現の専門家 メンタルコーチ

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。また、自ら指導するプロコーチスクールでは年商1000万円を超えるコーチが続々と誕生。さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 7冊の著作の累計発行部数は17万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)などがある。

大平 信孝

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

あなたの先延ばしを撃退する行動イノベーションノート この授業は3万9千部を突破したベストセラー書籍『先延ばしは1冊のノートでなくなる』の中で今回の講師である大平信孝先生がご解説されている、あなたの先延ばしを撃退するための超簡単ノート術・行動イノベーションノートの実践法が学べます。 仕事に追われ、大切なこと、本当にやりたかったことを先延ばしにしていませんか? ・目の前のことに精一杯で、未来が見えず「やる気になれない」 ・日々の雑務に追われ「自分のやりたい仕事に時間を取れない」 ・仕事が終わらず残業・休日出勤続きで「成長を感じられない」 ・「いつかいつか」と思っていて、「失敗するのが怖くてチャレンジできない」 ・そもそも「自分の本当にやりたいこと」がわからない そんな多くの人の持つ先延ばししがちな悩みが確実に解決できるのが超簡単ノート術・行動イノベーションノートです。 トップモデルやオリンピック選手も実践し、 日本大学の馬術部を優勝にまで導いた画期的メソッドです。 これを実践すればあなたが、実は先延ばししていた「本当にやりたいこと」を実行できるようになるのです。 行動イノベーションノートで大きな目標に向かっての第一歩をスタートしましょう。

もうイライラしない! 部下が自分で動く! 仕事が劇的にラクになる! 「行動イノベーション・トーク」講座   今回はSchooの人気授業『先延ばしは1冊のノートでなくなる』にご登壇された大平信孝先生を講師にお迎えします。 「最近の若いものは……」というのは、人類永遠のテーマ。 上司と部下との間で起こるミスマッチ。 そこからくる人間関係のストレス。 この悪循環を断ち切る方法をお伝えします。 大平先生の新刊『指示待ち部下が自ら考え動き出す!』が7月25日に発売になります。   この書籍では、部下を自ら考え動く人材に変える方法を紹介しています。 部下が自ら考え動き出すことによって、あなたの仕事が劇的にラクになり、部下に対するストレス、イライラをなくすことができます。 今回の授業では、この書籍に収録された「行動イノベーショントーク」の解説はもちろん、実際にどのように活用すればよいのかを解説、さらには受講生の皆さんからの悩みにもお応えするという盛りだくさんの内容となっています。 ぜひ、この機会にご参加いただき、1万人のリーダーが学んだ技術を習得して、自ら考え動く部下の育成、成果を出す組織の構築を実現し、リーダーがより生産的な仕事ができる環境づくりに挑戦していただければと思います!

この授業を一言で表すと... 「あなたの中にある本物のやる気を引き出す授業です。」 この授業はスクーの人気授業『先延ばしは1冊のノートでなくなる』にご登壇された大平信孝先生が新刊『たった1枚の紙で「続かない」「やりたくない」「自信がない」がなくなる』の中でご解説されている、どんな困難も打ち破るためのシンプルで強力なメソッドが学べます。 ▼この授業で学べること ・なぜあなたが続かなかったり、新しいことに挑戦できなくなったりするのか、その仕組み ・やる気をあげるための「井戸メソッド」 ・あなたの先延ばしを撃退する「行動イノベーションシート」 ・セミナー参加者が実践した実例 etc... ▼こんな人にオススメ! ・新しい習慣が続かない ・集中力が切れて、ダラダラしてしまう。 ・失敗して落ち込んでしまう。 ・やるべきことを後回しにしてしまう。 ▼授業のゴール ・やる気がある状態を維持できるようになり、毎日がワクワクするような目標を作ること。     ■登壇する講師 大平 信孝/目標実現の専門家 メンタルコーチ 株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。また、自ら指導するプロコーチスクールでは年商1000万円を超えるコーチが続々と誕生。さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 7冊の著作の累計発行部数は17万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)などがある。

この授業を一言で表すと... 「やめたいけどやめられない習慣を断ち切る方法をわかりやすく学べる授業です。」 この授業はスクーの人気授業『先延ばしは1冊のノートでなくなる』にご登壇された大平信孝先生が新刊『「やめられる人」と「やめられない人」の習慣』の中でご解説されている、悪習慣をやめるちょっとしたコツが学べます。 ▼この授業で学べること ・やめたいけどやめられない習慣を断ち切る方法。  (ダラダラスマホ、暴飲暴食、衝動買い、マイナス思考、夜更かしなど) ▼こんな人にオススメ! ・気合いや根性に頼らずにやめる方法を知りたい ・時間やお金の無駄使いをやめたい ・愚痴や悪口を言わないようにしたい ・夜更かしをやめて健康的になりたい ・行動のお片づけをしたい ・アドラー心理学や脳科学に興味のある方 ・「すぐやる」が苦手な方 ▼授業のゴール ・悪習慣をやめることで、時間をムダにせず、身も心もスッキリし、充実した人生が送れるようになること。     ■登壇する講師 大平 信孝/目標実現の専門家 メンタルコーチ 株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。また、自ら指導するプロコーチスクールでは年商1000万円を超えるコーチが続々と誕生。さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 7冊の著作の累計発行部数は17万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)などがある。

この授業では、あなたの未来を変える方法をお伝えします。 私がこれまで体得・実践してきたアドラー心理学の考え方をもとに、多くのクライアントさんから高い評価を得てきたアドラー心理学をベースにしたコーチングのノウハウとその実例を交えながら、「行動がなぜ変わるのか」「行動がどう変わるのか」という具体的な方法論をわかりやすくお伝えしていきます。 「成功したい」「いずれは起業したい」「今の自分を変えたい」と思っている人にとって一番大切なのは、成功のためのビジョンに向かって、即行動することです。 私は「行動イノベーション(革新)」の専門家として、経営者やアスリート、ベストセラー作家の方々の夢やビジョンの加速実現サポートをしています。 成功する人たちは即決断し、即行動ができるからこそ、ベストな瞬間を捉え、その波をつかむことができています。 この加速実現を自分のモノにすることができれば、結果の出せる人間になります。無理なく「やりたいこと」を続けられるようにもなります。 まず、自分の本当の欲望に素直になってください。 そうすると、成功のためのビジョンに向かって、即行動できる自分に変っていけます。 人は誰でも自分の本当の欲求に素直になれると、お腹の底からワクワクした気持ちが湧き出してきます。 そして今まで頭で考えて無理やり行動していたのが嘘のように、人生を楽しみながら行動できるのです。 これを私は「行動イノベーション」と名付けました。 あなたの行動をイノベーションできれば、あなたの人生の流れが変わります。 そして、素早く成功を手に入れられるようになります。 時代の変わり目は、行動する人に追い風が吹きます。 新時代の新しい流れは挑戦する人の後にできるのです。 情熱をともなった行動こそが、あなたの人生の新しい扉を開くのです。     この授業で学べること ・あなたの本音で新たな未来をつくる方法 ・思考習慣と行動習慣を変える方法 ・セルフコーチングの方法   こんな人にオススメ ・なかなか行動に移れない方 ・考えすぎて動けない方 ・先延ばしが気になる方 ・劇的に人生を変えたい方 ・自分の「本当はどうしたい?」を知りたい方 ・頭の声だけでなく、心の声・体の声を聞けるようになりたい方 ・一度、立てた目標を忘れずに行動に繋げたい方   講師プロフィール 大平 信孝 株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。  脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 また、自ら指導するプロコーチスクールでは年商1000万円を超えるコーチが続々と誕生。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)などがある。

担当の授業一覧 全5授業

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

第1回 指示待ち部下が自ら考え動き出す!(60分)

2018年8月5日放送

【授業アジェンダ】 ・指示待ち部下はなぜ生まれるのか? ・あなたの部下が自分の頭で考えない本当の理由 ・こうすれば、モチベーションは劇的に上がる! ・大平流コミュニケーションメソッド ・部下のスキルアップを加速する「成長の5ステップ」とは? 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた「行動イノベーション」という独自のメソッドで企業研修やセミナーを行っている著者が教える部下育成法です。 著者は企業向けにリーダー研修などを行っていますが、そのなかで多く受ける相談が 「部下が自分から動いてくれない」 「お願いしたいことをやってくれない」 「主体性がない」というもの。 もちろん、企業側もそれを放置しているわけではなく、上司と部下のコミュニケーションを密にするために 「1on1ミーティング」を取り入れるなどの工夫をしています。 しかし、それによって「何を話せばいいかわからない」「会話がかみ合わず30分の時間を持て余す」といった新たな悩みも生まれています。 この授業では、上司と部下の間に横たわるこれらの問題を、大平先生独自のコミュニケーションメソッド「行動イノベーション・トーク」で解決します。