事例で学ぶモチベーション向上の法則【2017年6月】

事例で学ぶモチベーション向上の法則【2017年6月】

2017年6月19日最終更新(全1回)

コース概要

今回の授業のメインテーマ、モチベーション。
モチベーションとは、「人が何か行動をする際の動機づけや目的意識」のことを指します。
一見、抽象的にも思える「モチベーション」とは何なのか?を具体的な裏付けをベースに具体化し、どうしてそれをやるのか?また、どうしてやらないのか?をこの授業で理解していきます。
対人コミュニケーションや自己のモチベーションの管理に活かせるTipsという形で細分化して、お伝えしていきますので、明日から実践可能なヒントがこの授業できっと見つかるはずです。

【講師プロフィール】
池田 貴将
株式会社オープンプラットフォーム 代表取締役

リーダーシップ・行動心理学の研究者。早稲田大学卒。在学中に渡米し、世界No.1コーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズ本人から直接指導を受け、そのノウハウを日本のビジネスシーンで活用しやすいものにアレンジ。感情と行動を生み出す心理学と、人間力を高める東洋哲学を統合した独自のメソッドが注目を浴び、そのセミナーはコンサルタントやビジネス作家などのプロも受講することで広く知られている。著書に『覚悟の磨き方 超訳吉田松陰』『動きたくて眠れなくなる。』(サンクチュアリ出版)、『未来記憶』『心配するな。』(サンマーク出版)、『がんばらないほうが成功できる』(PHP研究所)などがある。

こんな人にオススメ

「今日は何かやる気が起きない」ということが多い方/対人関係で悩みが多い方