セプテーニ式広告出稿実践カリキュラム -レポーティング編-

セプテーニ式広告出稿実践カリキュラム -レポーティング編-

2017年10月30日最終更新(全3回)

コース概要

この授業は、株式会社セプテーニを代表するアカウントプランナーやディレクターの方々をお招きして、広告主からの要望を受けてから広告出稿するまでの実践的なノウハウを学ぶ広告出稿実践カリキュラムの「レポーティング編」です。

今回は広告業界の第一線で活躍する甲斐先生と宮下先生、玉石先生を講師としてお招きし、ファクトを元にした改善提案とレポーティングを意識したアクセス解析についての実践的知識やノウハウを学びます。


【講師プロフィール】

甲斐 拓人 株式会社セプテーニ/アカウント本部マネージャー

1987年生まれ。大学卒業後、株式会社セプテーニに入社し営業としてアカウントプランニングに従事。 アドテクノロジーへの関心が高く、セプテーニにおける先進的なデジタルマーケティング事例を創出している。 2016年よりデータマネジメントチームの立ち上げリーダーに就任。 現在はシニアコミュニケーションプランナーとして、セプテーニが担当する大型クライアントのマーケティングプラン作成に従事。

 

宮下 亮己 株式会社セプテーニ/アカウント本部 シニアアカウントプランナー

2011年セプテーニに新卒で入社。純広告やリスティング広告を中心に、規模を問わず数多くの顧客と向き合い営業活動に従事。2015年に某大型顧客専属のプロジェクトに参画。 同プロジェクトは社内No.1プロジェクトに成長し、2016年10月に下半期最優秀プロジェクト賞とセプテーグループ年間MVPのダブル受賞を果たす。 また、個人としては2016年4月と10月に半期最優秀営業賞にノミネートされる。

 

玉石 和正 株式会社セプテーニ/アカウントマネジメント部マネージャー

2011年、セプテーニ入社。SEOコンサルタント、Webアナリスト、クリエイティブ関連プロダクトの責任者を経て、 2016年に、現アカウントマネジメント部の立ち上げに参画。最新アルゴリズム情報の社内・社外浸透や、 運用コンサルタントを中心とした、社内約300人のメンバーが利用するインフラシステムの開発責任者などに従事。 2016年、iMediaコマースサミット登壇。


■広告出稿実践カリキュラム一覧

・ヒアリング編

  -広告主からのオリエンテーションの受け方

  -広告主のKPIの把握

・スタッフィング編

・プレゼンテーション準備編

  -企画立案の方法

  -メディアプランニング

  -プランニングシートの作成方法

  -企画提案書の作り方

・プレゼンテーション編

  -企画提案の仕方

  -クロージング

  -好かれる営業のコミュニケーション術

・制作/運用編

  -勝ちパターンクリエイティブを生み出すための制作手法

  -運用型広告で成果を出し続ける運用コンサルティング手法

・レポーティング編

  -題解決のためのレポーティング

  -ファクトを元にした改善提案

  -アクセス解析

こんな人にオススメ

広告業界で働く方やマーケティング職の方

担当の先生