chevron_left 青学トレーナーに学ぶ、仕事をラクにするレシプロストレッチ

青学トレーナーに学ぶ、仕事をラクにするレシプロストレッチ

PREMIUM
第2回

青学トレーナーに学ぶ、仕事をラクにするレシプロストレッチ -オフィス&ホーム編-

2016年2月26日 60min

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 25

授業の概要

本授業では、日頃デスクワークが多い方々に効果的なストレッチを学びます。

デスクワークをしていると、「肩こり・腰痛」を始め、「目の疲れ・足のむくみ」などの不調に悩まされることもしばしばです。また「猫背」など、ゆがんだ姿勢が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「肩こりが気になって、仕事に集中出来ない」「長時間同じ姿勢で腰がつらい」

このようなコリや張り、ゆがんだ姿勢は筋肉の硬さが大きく影響しています。ストレッチにより筋肉本来の柔らかさを取り戻す事で、血行も良くなり、姿勢も綺麗に整うのです。

働く身体がもっとラクであれば、仕事の効率も良くなり、デスクにも気持ちよく向かえるはずです。明日からすぐに実践できる内容を青山学院大学トレーナーが分かりやすく実技・解説致します。

第2回目の授業は、デスクから離れた時や、休憩時間に行えるレスプロストレッチ、またご自宅で、より効果を高めたい方向けに、ホームストレッチをご紹介致します。

今回は始めに柔軟性のセルフチェックを行います。

例えば、

「腿の裏側が硬いと、猫背姿勢を招き、腰痛に繋がりやすい」
「足首の柔軟性には、ふくらはぎのコンディションが表れるため、
硬いと、むくみや血行不良をおこしやすい」

など、筋肉の柔軟性は、皆様のカラダの悩みとも関係が深いのです。

レシプロストレッチは短時間で柔軟性が向上します。柔らかい筋肉を手に入れると、血液循環が良くなり、酸素や栄養素が行き渡ることで、コリやむくみの解消に繋がります。また代謝が上がった結果、疲労回復の促進も期待できます。

硬かった身体がもっと柔らかくなる。一歩進んだストレッチを学びましょう。

こんな人にオススメ

デスクワークが多い方・身体のこりや張りを感じる方・猫背など姿勢を改善したい方