自分でできる認知行動療法~レジリエンス力を高める

自分でできる認知行動療法~レジリエンス力を高める

2021年2月9日最終更新(全2回)

コース概要

近年、ストレス社会で生き延びるために、困難や逆境の中にあっても心が折れることなく、状況に合わせて柔軟に生き延びようとする力、「レジリエンス」を身につけようとするニーズが高まっています。コロナをきっかけにますます心の問題を抱える人が増えていく中、深刻化する前に自身で対処する方法を身につけることは今後ますます求められていくはずです。

 

本授業では、レジリエンス向上のため、自身でできる認知行動療法を学んでいきます。認知行動療法は、「現実の受け取り方」や「ものの見方」といった認知に働きかけて、心のストレスを軽くしていく治療法です。自身でできる手法を学んでおくことで、大きなストレスに直面した際に、セルフマネジメントできるようにしていきます。

 

【学習ゴール】

自分でできる認知行動療法の手法を身につけ、実践できるようになる。

 

【先生からのメッセージ】

ビジネス書をたくさん読んで知識やスキルを身につけても、なかなかうまく仕事が進まないなと感じたことはありませんか?仕事を前に進めることを妨げているのは、「上司や顧客の反応が怖い」「締切に間に合わなかったらどうしよう」といった不安や恐怖が原因であることが実はとても多いです。この講義では、「認知行動療法」という方法論をベースに、仕事で必ず直面するストレスとそれが引き起こす不安や恐怖といった感情に「対処する」ためのスキルを分かりやすく説明していきます。自分の心をうまく「使いこなす」スキルを一緒に学んでいきましょう!