考え方の癖を変える -無意識バイアスの気づき方-

考え方の癖を変える -無意識バイアスの気づき方-

2021年11月5日最終更新(全1回)

コース概要

私たちは普段の仕事の中で、たくさんの選択をし意味を付けて行動しています。
日々蓄積されていくその考え方や行動は、いつの間にか次のアクションの基準となり、うまく行っているときには気にならないけれど、一度失敗してしまうと、「このままやっていて大丈夫だろうか」「同じ失敗はしたくないからこれ以上はやめておこう」などの思考パターンが形成されます。

このようなマイナス思考のパターンは『感情体験×回数』によって作られます。

大きい失敗をすると、それがたった一度でも挑戦しない自分のほうが傷つかなかったと思ってしまうし、小さい失敗を何度か積み重ねると私たちは同じことでまた傷つくことが怖くなり挑戦することを最初から諦めたほうがいいと思うような思考パターンが形成されます。

では、育ってきた環境や体験で無意識のうちに刷り込まれてしまう思考の癖をどのように自覚してどのように向き合っていったらいいのでしょうか?
ワークを行いながら解説します。


 

■大坂谷先生が担当している他の授業はこちら
目標設定と管理への基礎理解