行動変容を促す働きかけのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
行動変容を促す働きかけのコツ

人に働きかけて何かをしてもらう。このような経験は大なり小なりあるのではないでしょうか?

複数の部下を持ち、マネージャーとして活躍されている方はもちろんのこと、サークルや部活のリーダーとしてイベントを主催している大学生から、お子さんがいて「勉強しなさい!」と口をすっぱく言っている母親まで。そんなコミュニケーションの中で、自分の想定していた通りに進んでくれず悩んだ経験があるのではないでしょうか?

ただ、他者と一緒に何かに取り組んだり、仕事をしたりする時には、一方的な作業指示では相手は動いてくれません。相手を知り、適切な手段で働きかける必要があるのです。今回の授業では、「行動変容を促す働きかけの手法」と題して、他者を動かすコミュニケーションの手法を実践形式で学んでいきます。

この授業では、モチベーションの4分類というフレームワークを使ってケーススタディを進めていきます。ご自身のモチベーションタイプに関して知りたいという方は以下の動画を予習としてご覧いただければ幸いです。

 


【講師プロフィール】
綿貫 知哉
株式会社プラスティー教育研究所
1989年、千葉県八街市生まれ。東京理科大学工学部卒。2012年4月、ディー・エヌ・エー入社。新卒採用、広告営業、マーケティングなどを経て、大型IPタイトルのゲーム企画・開発業務に従事。ゲームメカニクスに関する特許を日米で公開。その後、プラスティー教育研究所に参画。ゲームデザインの経験を活かした学習指導を数多く行いながら、現場に根づいた教育アプリケーションの企画・開発を行う。著書に『ゲーミフィケーション勉強法』(講談社)。メディア掲載に『AERA with Kids』『日経DUAL』など多数。


授業一覧
公開準備中
行動変容を促す働きかけのコツ
2017年10月17日公開
01:00:00

この授業では、他者を導く、または他者と協働して一つの物事をやり遂げる際に必ず必要となる「働きかけの手法」を学んでいきます。

【授業の流れ】
■「モチベーションの4分類」に関して解説
この授業では、『ゲーミフィケーションを活用した学習方法・目標達成アプローチ』『学習の質を高める「ハマる勉強法」』でもご紹介したモチベーションの4分類を活用して授業を進めていきます。

■ケーススタディ
誰でも一度は遭遇したことがあるようなシチュエーションを準備していますので、自分ならどのようにその人に働きかけるか?を考えてみましょう。

こんな人にオススメ
全般

部下/子どもとのコミュニケーションが上手くいかない方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

この授業を受けたい(617人)
その他 537人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×