デザイン学部で学習を開始しよう!

まずは無料会員登録!デザインスキルや知識を得られる授業をオンラインで開講中。最新のWeb制作スキルを身につけましょう。

・いつもIllustratorの作業に時間がかかってしまう

・もっとIllustratorのテクニックを覚えたい

・Illustratorで実際に使えるテクニックがどんなものか知りたい


という方に、今回はIllustratorの作業効率をアップさせるテクニックを7つご紹介します。

このテクニックは10月19日にschooWEBデザイナー学部で開講されたまきの先生のIllustratorの授業から学ぶことができます。



WEBデザイナー学部とは… 

Webデザインを仕事にするために必要なスキルを、先生と一緒に「実際のWebデザインの全ての制作プロセス」を体験しながら身に付けられます。Webデザインやサイト制作について何度も本を買って学習しようとした方、未経験から始めた方でも、HTMLやCSS、Adobe PhotoshopやIllustratorなどの技術を習得出来ます。小規模レベルのWebサイト制作を一人で請け負い、仕事として取り組めるようになることを目指しましょう。


 

 

①つぶれない袋文字をつくろう


[アピアランス]パネルの[新規線を追加]を使って、文字に線を追加します。追加した線を[アピアランス]パネルで塗りより下にし、線の太さを使うことで、2重や3重の袋文字にすることができます。また、文字修正しても、袋文字のアピアランスは保持されるので、直しに強い袋文字ができます。

 

②基準点を変更し、数値指定で変形・回転させよう


[拡大・縮小]ツール、[回転]ツール、[リフレクト]ツールなどの変形系ツールを使って変形する時、変形の基準は、オブジェクトの中心になっています。クリックすることで、基準点を変更でき、さらにoptionを組み合わせてクリックすると、ダイアログが表示されます。基準点を好みの箇所にし、数値指定して変形できるので、つくりたいオブジェクトの設計がしやすく、効率的に作業ができます。

 

③オブジェクトをパターン(模様)として登録し、変形することでバリエーションを広げよう


元になるオブジェクトを[スウォッチ]パネルに登録することで、それがタイリング(繰り返す)されて、パターンになります。パターン適用後、[拡大・縮小]ツール、[回転]ツール、[リフレクト]ツールなどの変形系ツール、[移動]ツールをダブルクリックすると表示されるダイアログ内のオプション[パターンの変形]のみにチェックを入れて、パターンのみを変形・移動できます。簡単にパターンをアレンジでき、バリエーションが広がります。

 

④[パスファインダー]で変形する時、直しに強いオブジェクトにしよう


[パスファインダー]パネルの形状モードのボタンを、optionを組み合わせて押すと、仮確定の状態(複合シェイプ)にすることができます。[ダイレクト選択]ツールを使って、元のオブジェクトを個々に動かせるので、調整しながら形を決めたい時に便利です。[拡張]を押すと、オブジェクトの形が確定し、パスになります。

 

⑤[文字タッチ]ツールを使って簡単に文字を変形・回転させよう


バージョンCCの新機能である[文字タッチ]ツールを使えば、文字をアウトライン化しなくても、簡単に文字を変形・回転できます。入力しただけの愛想のない文字も、動きをつけると、親しみやすくなり、デザイン性が向上します。ロゴマークやタイトルなどの作成時に活用してみましょう。

 

⑥共通パーツを[シンボル]に変換し、更新作業を楽にしよう


ボタンなどの複数の共通パーツは、[シンボル]に変換しておくことで、修正作業が格段に楽になります。[シンボル]パネルに登録されているものが[シンボル]、ドキュメント上で使用されているものが、コピーにあたる[インスタンス]です。シンボルを編集することで、ひもづいているインスタンスも一括更新されます。

 

⑦オブジェクトの色違いを簡単に作ろう


[オブジェクトを再配色]の機能を使うと、複雑なオブジェクトでも、簡単に色違いをつくることができ、バリエーションが広がります。その他、[編集]メニューの[カラーを編集]には、さまざまなカラー調整機能がありますので、試してみましょう。

 


まきの先生のIllustratorの授業はこちら


入門!つくりながら楽しくマスター1日完結Illustrator特訓【ピクトグラム編】

基礎!つくりながら楽しくマスター1日完結Illustrator特訓【バナー編】
 
 
 


まきのです。7つの小技、いかがでしたか?

今回、初めての登壇でしたが、たくさんの方に御受講頂き、私自身とても楽しく話すことができました。2時間を3コマ開講しましたが、あっという間でした。タイムラインがにぎわっているのを見るのも、とても励みになりました。どうもありがとうございました。

私の授業のコンセプトである「つくりながらマスターする」スタイルで、みなさんが楽しんでIllustratorを学習して頂けたら、とても嬉しいです。

1限目のピクトグラムで解説していない、「鉛筆」「封筒」「カップ」については、私のチュートリアルブログで11月中旬までに少しずつ更新してアップしますので、参考にしてみて下さいね。

 

授業中に答えられなかったQ&Aコーナー



Q. 月と星を選択してる時に、月の隠している側のパスが表示されてるのは合ってますか?

A. おそらく、仮確定(複合シェイプ)の状態なので、元のパスが表示されています。[拡張]を押すと確定します。

 

Q. 傘でアンパンマンをカットする時、分割でなく型抜きでもいいのでしょうか?

A.[前面オブジェクトで型抜き]でもできます。

 

Q. 今回は新規設定の時にWebで制作しましたが、プリントとWeb両方で使いたいときはどうしたらいいですか?

A. ドキュメントは、制作物に応じたプロファイルでつくりましょう。Webドキュメントでつくったパーツをプリントドキュメントにペーストすると、カラー値は、近いCMYK値に変換されます。カラーの再現性は確実ではありませんが、使うことはできます。

 

Q. 雲ですが、もさもさを表現している幾つもの楕円形を効率的に綺麗にならべる方法はありますか?

A. 規則正しく並べたい時は、[整列]パネルやスマートガイドを使いましょう。

 

Q. 絵文字=ピクトグラムですか?シンボルではなく?(用語の用法の質問です)

A. 今回は、ピクトグラムとしています。Web素材の世界では、ピクトグラムと呼ぶことが多いです。

 

Q. 素材をライブラリに追加したりする方法はありますか?

A. ライブラリにあるのは、[スウォッチ][シンボル][グラフィックスタイル][ブラシ]で、それぞれの機能に関する内容をパネルに登録することはできます。InDesignのように、素材そのものをオブジェクトとして登録することはできません。

 

これから開講されるまきの先生のPhotoshop授業はこちら


ソフトの使い方を習得するには、繰り返すことが大切です。具体的に制作物を繰り返しつくることで、Illustratorの本質的な機能を実用的にマスターしていきましょう。

今後も、小技を織り交ぜた「つくりながらマスターする」をコンセプトにした授業を開講していきますので、次回も一緒に楽しんで学習しましょう!

 

入門!つくりながら楽しくマスター1日完結Photoshop特訓【色調補正・レタッチ編】

基礎!つくりながら楽しくマスター1日完結Photoshop特訓【スクラップブック編】
 
 

WEBデザイナー学部では毎週Webデザインについての分かりやすい授業をお届けしております♪

初心者でWebデザインを学びたい方、自分のWebデザインの技術を磨きたい方は是非チェックしてみてください。

学部登録すると、自分のカリキュラムの進捗が一目で分かるようになり、先生がイチオシするツール紹介などの役立つコラムつきメールが受け取れるようになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン学部の記事一覧