デザイン学部で学習を開始しよう!

まずは無料会員登録!デザインスキルや知識を得られる授業をオンラインで開講中。最新のWeb制作スキルを身につけましょう。

グロースハックとは KAIZEN 須藤


12月4日から、“グロースハッカー” 養成カリキュラムが開講いたします!

累計9,000回以上のA/Bテストを行ってきたKaizen Platformの方々から、グロースハックの基礎、A/Bテストの実施方法、効果の出た最新のグロースハック手法、インサイトマーケティング、Webライティングの手法などを学ぶことができます。

このカリキュラムの⽣放送または録画ですべて受講すると、全授業の修了証に代わる「スクー認定グロースハッカー」の称号が与えられます。この肩書きは、Kaizen Platform内での⾃⾝のプロフィールに記載することが認められ、グロースハッカーの基本スキルとしての学習を終えていることを⽰すことが出来るようになります。

グロースハックとは何か、まだよく理解していないという方は、授業が開講する前にこのまとめで予習をしてから授業を受けてみてくださいね。

 

目次


■グロースハックについて
 ーグロースハックとは
 ーグロースハッカーとは
 ーグロースハックの事例

Kaizen Platform Inc.とは
 ー会社概要
 ー創業者 須藤 憲司さん
 ー提供サービス
 ー実際に活躍されているグロースハッカー

■グロースハッカー養成カリキュラムとは

■今までに開講されたグロースハックの授業

 

■グロースハックについて


ーグロースハックとは

グロースハックとは KAIZEN 須藤
(引用:200以上のWEBサービス事例から見えてきた鉄板グロースハック ~傾向と対策 

グロースハックとは「時間×お金→成長」の→部分の転換効率を上げることです。いかに短い時間で効率的に大きな価値を産むのか。クリエイティブな発想で成長をハックし、いかに価値を上げるかが重要です。

そのために、KPIの設定、ユーザー導線を考える、キャッチコピーやボタンの色を変更するというような、UIの変更をスピードをもって行っていきます。


ーグロースハッカーとは

グロースハッカーとは、ビジネスの要点を理解して会員数やコンバージョンレート向上に寄与するデザインなどを提案し、企業やサービスを急成長させる仕掛け人の総称です。
 

ーグロースハックの事例
(引用:200以上のWEBサービス事例から見えてきた鉄板グロースハック ~傾向と対策 
◆DELLコンピュータ

グロースハック 事例
(引用:200以上のWEBサービス事例から見えてきた鉄板グロースハック ~傾向と対策 

箇条書きのもの(左)と商品の説明が文章になっているもの(右)でどっちが売上が伸びるか検証したところ、箇条書き(左)の方が25%売上が伸びました。

◆オバマ大統領の選挙事例

グロースハック事例 オバマ
(引用:200以上のWEBサービス事例から見えてきた鉄板グロースハック ~傾向と対策 )

こちらはオバマ大統領の大統領選挙の時に実際に使用された、寄付金を集めるWebページのランディングページです。それぞれ写真とコピーが変更されています。この3つの中では、左の家族で写っている写真に寄付金が集まりました。

実際にオバマ大統領の大統領選挙では200億から300億ほどの寄付金がこのランディングページで集められました。その中でこの改善を通して得られた差は、だいたい60億ほどと言われております。

グロースハックでは、このようなUIの変更を繰り返しながら、サービスの向上を目指していきます。

 

■Kaizen Platform について


Kaizen Platform カイゼンプラットフォーム

ー会社概要
WEBサービスのUI改善を簡単に実現出来るプラットフォーム「Kaizen Platform」の提供をしている会社です。現在クライアントアカウント3,000以上、グロースハッカー1,300名以上、全世界40カ国に利用者がいます。

ー創業者 須藤 憲司さん
2003年、早稲田大学を卒業後、株式会社リクルート入社。
同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、アドオプティマイゼーション推進室を立上げ。株式会社リクルートマーケティングパートナーズ執行役員で活躍の後、2013年にKaizen Platform Inc.を米国で創業。

ー提供サービス
(引用:WebデザイナーがKaizenに参加するメリット【Kaizen導入編②】

Kaizen Platformでは、A/Bテストのプラットフォームを提供しています。簡単に2つのポイントがあります。1つ目はクライアントの方がブラウザのみで簡単にA/Bテストをすることが出来るというもの。2つ目はクラウドソーシングで、クライアントの方がブラウザを通して、登録しているグロースハッカーの方に改善の依頼をすることが出来るというものです。

おおまかな流れとしては、クライアントの方が改善したいページを提示し、クライアント自身、または登録しているグロースハッカーの方がブラウザ上で改善案を提案します。そして実際に上がってきた案をチェックし、自動でテストを回し、A/Bテストを実行させます。

グロースハック Kaizen Platform
(引用:WebデザイナーがKaizenに参加するメリット【Kaizen導入編②】

 

ー実際に活躍されているグロースハッカーのインタビューGrowth Hack Blogより)

平均改善率28.9%を誇るplanBCDの注目グロースハッカー・株式会社やじるし様インタビュー

地方からでも大手サービスを改善。サイトも働き方もハックするグロースハッカー |setten Lab 平田氏


■グロースハッカー養成カリキュラムとは


<受講するメリット>

1. グロースハックをするために必要なスキルが学べる

このカリキュラムで行われる授業では、グロースハックの基礎知識から、UIのA/Bテスト事例、最新のグロースハック傾向、インサイトマーケティング、Webライティングなどを学ぶことが出来ます。

2. 実際に作品を作って授業で提出することで、グロースハッカーという職業を実際に体験出来る

前半の授業で基礎を学んだら、後半の授業では、学生のみなさんに作品を提出してもらい、効果検証をしますので“グロースハッカー”という職業を実際に体験することが出来ます

3. Kaizen Platform上で使える「スクー認定グロースハッカー」の称号がもらえる

⽣放送または録画ですべての授業を受講した学生の方は、全授業の修了証に代わる、「スクー認定グロースハッカー」の称号をもらうことができます。この肩書きは、Kaizen Platform内での⾃⾝のプロフィールに記載することができ、グロースハッカーの基本スキルとしての学習を終えていることを示すものになります。

<担当の先生>

グロースハック Kaizen Platform 鬼亀 真裕

鬼石 真裕先生

リクルート、ビズリーチ、グリーで、戦略企画、営業、PM、事業責任者などを歴任。Kaizen Platformでは、グロースハッカーと呼ばれるクリエイターネットワークを担当。今年7月、福岡市で民間で初の特区プロジェクトとなる福岡グロースハックネットワークを設立、人材育成も含めたネットワークの拡大を推進


グロースハック Kaizen Platform 小川貴弘

小川 貴弘先生
フリーランスでWebデザイナー・エンジニアで活躍後、Kaizenのグロースハッカーに興味を持ち、2013年12月参画。現在はマエストログロースハッカーとして数々の企業へUI改善デザインを提供し、企業のグロースアップをサポート。また現在ではサンフランシスコ本社での事業立ち上げを推進している。

 

<カリキュラム授業一覧>

  • 第1回 UIのA/Bテスト事例から学ぶ最新のグロースハック傾向と成果を出すための制作法【webサイトPC編】
    …PCサイトのテスト事例から、効果の出た最新のグロースハック手法を学びます
     
  • 第2回 UIのA/Bテスト事例から学ぶ最新のグロースハック傾向と成果を出すための制作法【SP編】
    …SPサイトのA/Bテスト事例から、効果の出た最新のグロースハック手法を学びます
     
  • 第3回 インサイトマーケティング講座
    …これまの事例を元に、ユーザーニースの捉え方・形にする前段階のインサイトの捉え方をマーケティング手法に則って学びます
     
  • 第4回 webライティング講座
    …コピー一つで効果が変わるといこことを事例と演習で読み解き、与えられた条件内でどのようにライティングすることで最大限の効果を生み出すのかを学びます
     
  • 第5・6回 実案件制作と結果振り返り【静的LP編】
    …実案件の制作依頼をクライアントさんから共有後、実際にページ制作をし提出します。その後A/Bテストで実際に制作物を公開・運用し結果を見てみることで、どのようなものが効果がでたのか、どのような観点で制作されたものが効果が出たのかを学びます
     
  • 第7・8回 実案件制作と結果振り返り【動的LP編】

 

■今までに開講されたグロースハックの授業


200以上のWEBサービス事例から見えてきた鉄板グロースハック ~傾向と対策~

グロースハックの基礎知識、グロースハックをしやすい会社体制、グロースハックチームの作り方について解説しています。

Kaizen Platformの公開グロースハック!〜 CVRを40%以上向上させた施策

実際に改善した事例をもとに、仮説の立て方や、どのような順番で何を改善していけばいいのかなどを解説しています。


スクー教務課 山口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン学部の記事一覧