デザイン研修

─デザインへの理解を社内全体で底上げ─

デザイン研修でよくあるお悩み

  • 資料作成などに必要な、デザインの基礎を身につけて欲しい
  • 社内のデザインに対する理解力を底上げしたい
  • デザインについて学べる環境がない

Schooのデザイン研修の特徴

  • 01

    デザインスキルの底上げができる

    資料作成に必要なデザインについて、基礎的スキルから学ぶことができます。そのため新入社員や資料作成の多い営業職など、専門外の社員のデザインスキルを底上げすることが可能です。

    資料作成に必要なデザインについて、基礎的スキルから学ぶことができます。そのため新入社員や資料作成の多い営業職など、専門外の社員のデザインスキルを底上げすることが可能です。

  • 02

    デザイン思考やデザイン経営を学んで、生産性を高められる

    デザイナーに限らず、デザイン思考やデザイン経営について学ぶことで事業企画や商品開発、サービス改善などにも活かすことができます。 幅広いレベル、カテゴリの授業をご用意しているので、社内のデザインスキルを向上させることが可能です。

    デザイナーに限らず、デザイン思考やデザイン経営について学ぶことで事業企画や商品開発、サービス改善などにも活かすことができます。 幅広いレベル、カテゴリの授業をご用意しているので、社内のデザインスキルを向上させることが可能です。

  • 03

    デザインをいつでも学べる環境づくりができる

    Schooでは全ての動画がいつでも受け放題なので、必要な時や学びたい時に学べる環境づくりをすることができます。デザイン思考のほか、資料作成における最適なデザインやUI/UXなど、様々なカテゴリについて学ぶことができます。

    Schooでは全ての動画がいつでも受け放題なので、必要な時や学びたい時に学べる環境づくりをすることができます。デザイン思考のほか、資料作成における最適なデザインやUI/UXなど、様々なカテゴリについて学ぶことができます。

デザインに必要なスキル

  • 1.基礎的なデザインの知識

    PowerPointでの資料作成やWebページのワイヤー作成など、デザイナー以外にもデザインの知識は必要になってきます。基礎的なデザイン知識を抑えておくことで、資料の質や作成スピードが上がるでしょう。また、基礎的なデザイン知識を得ることでデザイナーとの共通言語が増え、意思疎通をとりやすくなるはずです。

    主な課題

    • ・Webデザインの基礎を学びたい
    • ・IllustratorとPhotoshopを使いこなせるようになりたい

    ここがポイント

    これからWebデザイナーを目指す方のために「ゼロからはじめるデザインの基礎」や「Illustrator&PhotoshopでWebデザインをはじめよう」など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的に必要なスキルを学習することができます。

    《基礎的なデザインの知識取得におすすめの研修》

    • Webビジュアルデザイン 入門研修パッケージ

      この研修パッケージでは、デザイナーとしてWebデザインを学びたいという方向けに、レイアウトや色などのデザインの基本的な考え方や、Webデザインツールの使い方について学ぶことができます。初心者の方だけではなく、復習する機会を求めている経験者の方にもおすすめの研修パッケージです。

      【合計:9時間】 受講者人数:26,841人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.顧客視点

      デザインは何をどのように伝えたいかが重要であると同時に、ユーザーにどのような印象を持ってもらうのか、どのような行動を喚起させたいのかも重要です。顧客視点が抜けていると、一方通行のデザインになってしまい、ユーザーの行動まで繋げられない可能性もあります。そのため、常に顧客視点でデザインを考えるということを忘れてはいけません。

      主な課題

      • ・サービスデザインの基礎を習得して欲しい
      • ・事業全体をデザインするような人材になって欲しい

      ここがポイント

      Schoo for Businessでは、デザイナー向けの「サービスデザイン」について学べる研修など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、効率的に必要なスキルを学習することができます。

      《顧客視点向上におすすめの研修》

      • サービスデザイン研修パッケージ

        デザインアプローチを取り入れたいビジネスパーソンや活躍のフィールドを拡げたいWebデザイナーを対象にして、「サービスデザイン」について簡単に理解できる研修パッケージです。サービスデザインをこれから学ぼうと思っている方や、知ってはいるものの具体的にどうビジネスに活かせばいいかわからないという方におすすめです。

        【合計:5時間】受講者人数:2,626人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.情報を整理する力

      提案資料の作成を例にとってみると、伝えたいことは山のように出てくるかもしれません。しかし、顧客視点で考えると知りたいこと、重要なことは限られてきます。どのような目的でデザインを行い、顧客視点に立ったときにどのような情報を伝えるべきで、それをどのような見せ方をするべきか、これらを複合的に思考し、製作物に落とし込むような情報を整理する力がデザインに必要なスキルといえます。

      主な課題

      • ・プレゼン資料をわかりやすくするためのコツを知りたい
      • ・デザインの基本を身につけたい

      ここがポイント

      Schoo for Businessのプレゼンテーション資料作成スキル向上研修では、デザイナーとしてデザイン関連の書籍や雑誌の執筆も手掛ける講師からデザインの基礎を学んだり、世界最高位の称号を持つプレゼンテーションデザイナーから次世代のプレゼン資料作成技術を学んだりと、プロから学びスキル習得することができます。だからこそ、実践的かつ効果的にプレゼン資料作成スキルを磨くことができます。

      《情報を整理する力向上におすすめの研修》

      • プレゼンテーション資料作成スキル向上研修パッケージ

        全6時間でデザインの基本や資料作成のコツを学び、わかりやすいプレゼン資料を作成する力を身につけることができるパッケージです。資料作成スキルをデザインの視点から学び、配色やフォント・配置などをデザインの視点から見つめることで、「伝わる」資料を作成するスキルを身につけることができます。

        【合計:6時間】 受講者人数:7,716人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのデザイン研修の
評価・口コミ

4.3

【総合評価】

    • 年齢 :30歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:美容
    • 従業員規模:200名

    4.2

    【総合評価】

    デザインの入門と言う形の研修ではありますが、「全く分からない」「興味本位で研修を受けてみた」と言う方には少し難しい内容になっているように感じます。しかし、そのような方にも専門用語をしっかりと説明しながら進めてくれている点は非常に良いと感じました。また、実践が多く取り入れられていることもあり、形として結果が見える研修でもあります。少しでもデザインに興味を持っており、今後成長していきたい、今後デザインの世界で生きていく新入社員などにも効果的な研修です。

    • [内容の理解度]

      専門用語も多く、入門の割には難しい内容から導入する印象を受けました。しかし、それは最初だけであり、最初の壁を乗り越えてからは実践を通して基礎を学べていけます。実践を通すことで分かりやすさもより増していきます。また、仕事をする上で欠かせないものとして「顧客の方々」「ユーザーの方々」の存在を常に意識させてくれている点も非常に良い点でした。なぜ、サービスデザインが必要なのか、自分たちの仕事が必要なのかを分かりやすく説明をしてくれています。

    • [満足度]

      チームで動くことも多いデザインの仕事ですが、この研修を受けることでチームとしての士気も上がりますし、何より顧客の方々、ユーザーの方々があってこそという仕事をする上でのマインドも学べることが出来る点は従業員の満足度にも繋がりますし、顧客の方々やユーザーの方々の満足にも繋がります。エンドユーザーの満足を感じることにより、従業員もこの研修を受けた意味を見いだせるものとなっています。最終的なゴールを常に意識し続けることで満足度も大きく飛躍していきます。

    • [内容の充実度]

      学んでほしい内容を大きく超える内容になっています。この研修を受けた従業員は少なくとも顧客の方々の大切さ、ユーザーの方々の存在というものを常に意識してくれる内容となっています。また実践や各企業ではどのような取り組みを行っているかをたくさん知ることが出来るのは、今後のデザイン業務を進めていく上でのアイディアにも繋がります。そして、移り変わりの激しい業種ではありますが、その中で最新の情報や流行を捉えることの大切さも学ぶことが出来ます。

    • [業務に役立つか]

      実際に実践で学ぶ機会が多いので、実際の業務に活かせる内容となっています。しかし、すぐに活かせるものではありません。この研修を受けて、自分の中でしっかりと理解をし、何度も復習をすることで実際の業務にやっと活かせるものでもあります。他にもさまざまな企業が実践していることを知ることで、実際の業務に活かせるアイディアを「思いつきやすい姿勢」を作ることは可能です。何よりもこの研修は手と頭を使いながら受ける必要があります。その結果、実際の業務にも活かせてきます。

    • [利用意向度]

      デザインの世界で生きていく、現在もデザインの世界で生きているが、改めて基礎を学びたい、さらなる成長に繋げたい、そのような方々にとってはとても良い内容となっています。そこで、各々がしっかりと目標を持った上でこの研修を受けてもらいたいと思いました。各々が目標を持って受けることでこの研修は想像以上の効果を発揮します。それは技術面のみに関わらず、仕事をする上での顧客の方々やユーザーの存在があってこその仕事というマインドにも影響を与えてくれるからです。

    • 年齢 :40歳|性別:男性|都道府県:大阪府
    • 企業業種:教育
    • 従業員規模:1000名以上

    4.6

    【総合評価】

    デザイン業界におけるサービスの企画・設計の手法として取り上げられている「サービスデザイン」について学べる研修カリキュラムでした。サービスデザイン思考で紹介されている5つの原則の提示やカスタマージャーニーマップ、サービスブループリントなど重要なキーワードが提示され、それを軸に解説や資料提示されていくので、受講目的と解説しその目標を掴みやすい内容になっています。サービスデザインとは何かを突き詰めていく内容で、受講者の生の悩みにこたえていく形式での質疑応答も用意されているので1から勉強したい希望を持っている受講者にとって、価値の高い内容です。

    • [内容の理解度]

      全体像をイラスト化して提示してくれるので、今どこの話をしているのか、何を学びたいのかが非常に明確で分かりやすいです。同じことを相手に伝えるにしても情報の特性に応じてデザインを変更することで伝わり方が変わったり、「このようになったらどうなるだろう」という仮説を検証することの繰り返しが重要なのだという大切なことが分かりやすく伝わってくる内容でした。また、WEBデザインのアイコンパターンを基礎から学ぶことができ、「そうだったのか!」と気付きを得ることができ、理解が深まる瞬間が多くあります。

    • [満足度]

      どの講座も見ていて非常に楽しい内容になっていると思います。受講していても飽きない、あっという間に時間が過ぎていくという点で従業員の満足度は高いものになると考えられます。WEBデザインのトレンドを実際のイラストの比較をしながら掴むことができることも満足度が高くなる要因です。就職についての情報提供も多く、受講するのが学生である場合は満足度は高くなりそうですが、自社の社員にとっては不用の情報になり得るので、研修内で全体受講する際は講座の選択が大切だと感じました。

    • [内容の充実度]

      実際のプロが、お客様からのニーズを把握し、実際のランディングページを制作している様子を生で見て時間感覚、ページの作成目的など様々なことを学んでほしいと感じていましたので、まさに探している講座でした。ランディングページ制作は訴求力を求めているので、その規格・デザインはお客様の要望に応じた成果を求められます。それを具体的な要望例から実際に制作していく姿から学ぶことで受講生自身の感性を鋭くしていく経験を学び取ってほしい要望を解決できる内容になっていました。

    • [業務に役立つか]

      全てが実践的に使うことができる内容と言うことができないとは思いますが、デザインの実践講座は真似をして制作してみるだけでもスキルアップに繋がると思います。制作テーマも顧客からよく求められるものが取り上げられているので、考え方や技術を盗む機会として公開されている講座なので、実際の業務で役立つ情報にあふれている講座が多く準備されていると思います。コンテンツをはっきりと分けることのメリットが実際に画面を見せながら語られるので、納得すればすぐに業務で役立てることができる内容でした。

    • [利用意向度]

      各講座の内容が全ての顧客に当てはまるわけではないので、全体での社内研修に導入するかどうかは検討となりますが、個別のスキルアップ研修にぜひ導入したいと考えています。個別のスキルアップ研修に必要な基準として「実践的なスキルをプロから学べる研修」という基準を設けていますが、十分に満たしています。例えばパララックスの実装などの講座では専門用語を出来る限り排除しており、何より講師の実践方法が最短距離で制作を進めていくスタイルで取り組みやすい内容となっているのでぜひ活用をしたいと感じました。

    • 年齢 :36歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:商社
    • 従業員規模:1000名以上

    4.2

    【総合評価】

    専門性に特化したデザイン技術を中心に学べる充実した研修だと思います。デザインの市場価値と役割の基本的理解を深めたうえで、クライアントが求めるニーズに上手く応えるための思考法やテクニックを総合的に学習できる魅力的な内容であると感じました。デザインの目的別に組まれたそれそれのカリキュラム内容は、どれも仕事で役立つスキルが凝縮されています。専門の講師がわかりやすく解説されているので、受講生が安心して取り組める点でも好感が持てました。

    • [内容の理解度]

      殆どのカリキュラムにおいて、デザインの「基本」と「実践」がワンセットになっており、難易度別に順序立てて学べる分かりやすい授業でした。一部の講座は、デザインを学び始めたばかりの人には、若干難しい専門性に富んだ内容も含んでいる印象でしたが、講座内ではデザインを公開作成し実演するなど、仮説に基づくクリエイティブな授業展開が多く、受講者がイメージしやすい内容であるという点でもよかったです。全体を通して授業が理解しやすく、興味を持って学べる工夫がされていると感じました。

    • [満足度]

      職場での実践を意識した講座が多く、デザイナーが仕事に活かせる様々なテクニックを学べるという点で、大変満足感のある内容だと思います。WEBとグラフィックデザインをメインにしたスキルが網羅されているため、それらのスキルを一から丁寧に身に付けたい受講者は、さらに満足度が高くなるだろうと感じました。顧客目線を意識したデザインメソッドなど、多角的な視点からデザインのノウハウを学習できる実りの多い内容でとてもよいと思います。

    • [内容の充実度]

      研修全体を通して、学んでほしい内容がしっかりと纏められていました。特に、一般的にデザイナーに求める能力である、「クリエイティブな発想力・顧客のニーズに対応できるビジネス感覚・WEBデザインの専門スキル」など、特に学んでほしい必須ポイントを全て抑えており、デザイナーの総合力を養うことの出来る充実した内容だと感じました。ニーズに合わせたデザインの必要性という観点においても、実践的な応用力を鍛えられる研修内容なので、受講後、実際に現場で活かすことができる内容だと感じました。

    • [業務に役立つか]

      総合的に、異なるテーマや目的に合わせたデザインの作り方や顧客要望に応えるためのデザイン方法などを体系的に学べ、仕事で役立つ知識とデザインのコツが詰まった内容です。特に、受け取り手にもたらす心理的影響や思考回路の変化を意識したデザイン技術などは、デザインを通して「相手に伝えたいポイント」を効果的にするテクニックでもあります。それらを身に付けるために具体的なスキルや考え方を学べることは、デザイナーにとっても有益な良い内容だと思いました。

    • [利用意向度]

      基礎と応用実践をバランスよく学ぶことができるので、WEBデザイナーやそれらの職種に関わる社員のための研修として、目的に合わせて積極的に利用させていきたいと思いました。デザインという視点から、時代の流れを意識した市場と顧客のニーズにどのよう対応していくべきか、具体例と必要なスキルをビジネスで使うことを想定して学べる講座も多く、実際に受講者の仕事にも活用できる有意義な研修だと感じました。デザインを基礎からひとつひとつ学べるよいカリキュラムです。

  • 効果的なデザイン研修を行うためのポイント

    • 01

      社員のレベルに合わせて知識をインプットする

      デザインの知識が必要なのはデザイナーだけではありません。日常的な業務においても、資料作成やWebページの構成など、デザインを学ぶことでより高いクオリティにすることができます。デザイン研修では、デザインの本格的な知識よりも実務に活かせる基礎知識を学びたいと考えている社員のレベルに合わせて研修内容を充実させることが大切です。

    • 02

      客観的な視点を意識させる

      ビジネスシーンでのデザインにおいて重要なのは、伝えたい情報や内容をいかにわかりやすく効果的に伝えるかということです。内容を着実に伝えるには、顧客側からどう見えるかという客観的な視点を持つ必要があります。デザイン研修では、得た知識を業務により良い方向に反映するために必要な考え方や視点についても学べるようにしましょう。

    • 03

      知識だけでなく、情報伝達力を身につけられる研修にする

      せっかくデザインの知識を活かしていても、情報量が多すぎたり、散漫していては顧客に正確な内容を伝えることができません。どの情報を選択し、どのような形式で伝えるのかを考えるのもデザインで求められる力です。デザイン研修を通して複数の視点から物事を捉え、情報を取捨選択する大切さを学ぶことで、実際の業務に活きる研修にすることができます。

  • デザイン研修の目的

    • 01

      基礎的なデザイン知識を習得する

      役職や立場によって必要とされるデザインのスキルは異なりますが、デザインの基礎知識は多くのビジネスシーンで活かすことができます。デザインの知識を深めておくことでより効果的で見やすい資料を作成できるようになります。

    • 02

      論理的思考力を身に付ける

      デザインの知識をビジネスシーンで柔軟に使う為には、顧客の視点から考える力や、入れ込む情報を整理する力が大切です。ロジカルシンキンを身に付けることで試行錯誤を行いながら、着実に相手に伝わるデザインを作成できるようになります。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーでは、デザインの基本から実際に顧客視点に立ってサービスをデザインできるデザイン思考の考え方まで幅広く研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「【ゼロからはじめるデザインの基礎」や「サービスデザイン入門」、「UIデザインツール・Sketch3で作るUIデザイン(基礎&実践)」などの授業があります。 このほかにも、Adobe XDやIllustratorについての授業などもご用意しています。

  • スクーでは、デザイナーの育成に活かせる様々な研修動画をご用意しています。またデザインのスキルだけでなく、業務の中での課題や学びたいことに合わせて学習することが可能です。 例えばチームとしての力を磨くためにコーチングやマネジメントについて学んだり、社内や取引先との円滑な業務進行のためにコミュニケーション力を磨く授業を受けるなどの学び方ができます。 いつでもどこでも授業を受けることができるので、デザイナーとして必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。 また個々人が受けたい授業だけでなく、研修担当者が社員に受けて欲しい授業を管理画面から研修パッケージとして設定することも可能です。受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーでは7,000本以上の授業をご用意しており、いくつでも好きなだけ授業を受けていただくことが可能です。そのため会社として受けてほしい授業だけではなく、社員一人ひとりが業務の中で「学びたい」と感じたことをすぐに自ら学ぶことができるので、社員の個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、ビジネススキルの基礎やデザイン、部下の指導方法など多種多様な授業をご用意しています。デザインスキルだけでなく、チーム力を上げるためにコーチングについて学ぶ、業務効率化のために時間術やビジネス基礎スキル向上について学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではデザイン研修向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。 一例をご紹介すると、「Webビジュアルデザイン 入門研修パッケージ」や「サービスデザイン研修パッケージ」、「インタラクションデザイン研修パッケージ」などがあります。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ