レジリエンス研修

─困難な状況にも立ち向かえる人材を育てる─

レジリエンス研修でよくあるお悩み

  • 新人・若手社員のストレス耐性が低い
  • 困難な状況でも、乗り越えていける力を身につけてほしい
  • 企業としてメンタルヘルス対策を実施したい

Schooのレジリエンス研修の特徴

  • 01

    ストレスマネジメントについて、実践しやすい方法がわかる

    ストレスとの付き合い方や過剰な不安やストレスに悩まないための習慣づくりなど、ストレスマネジメントに関する授業を多数ご用意しています。 ストレスへの対処方法を学ぶことで、業務に前向きに取り組むことができます。

    ストレスとの付き合い方や過剰な不安やストレスに悩まないための習慣づくりなど、ストレスマネジメントに関する授業を多数ご用意しています。 ストレスへの対処方法を学ぶことで、業務に前向きに取り組むことができます。

  • 02

    レジリエンスを基礎から学び、折れない心を育てることができる

    Schooでは「折れない心」を作るレジリエンスについて、基礎から考え方や方法を学ぶことができます。 レジリエンスを学ぶことで、困難に見える状況でも乗り越える方法を身につけられるでしょう。

    Schooでは「折れない心」を作るレジリエンスについて、基礎から考え方や方法を学ぶことができます。 レジリエンスを学ぶことで、困難に見える状況でも乗り越える方法を身につけられるでしょう。

  • 03

    その道のプロからメンタルヘルスの正しい知識を身につけられる

    産業医から学ぶ「社会人のための職場ストレスとのつきあい方」など、その道のプロからメンタルヘルスについて学ぶことができます。 だからこそ、メンタルヘルスについて学べる環境を作りたいという場合にもおすすめです。

    産業医から学ぶ「社会人のための職場ストレスとのつきあい方」など、その道のプロからメンタルヘルスについて学ぶことができます。 だからこそ、メンタルヘルスについて学べる環境を作りたいという場合にもおすすめです。

レジリエンスに必要なスキル

  • 1.レジリエンススキル

    変化が激しい現代社会で、心の病が原因で休職・離職に至ってしまう人も少なくありません。一時期はレジリエンスが低い(ストレスへの耐性が低い)若年層に見られる傾向と思われていましたが、マネージャーや管理職のようなマネジメント層が心の病にかかることも多くなっています。

    主な課題

    • ・変化に柔軟に対応する力を身につけたい
    • ・ストレスへの対処方法を知りたい

    ここがポイント

    レジリエンス・トレーナーとして活躍するプロフェッショナルから、折れない心の育て方を学ぶことができます。レジリエンスを高めるための基礎知識はもちろん、実践的なエクササイズを通して「なりたい自分」になるためのセルフマネジメントの手法についても学ぶことができるので、効果的にスキルアップすることができます。

    《レジリエンススキル向上におすすめの研修》

    • レジリエンス基礎研修パッケージ

      このパッケージでは、折れない心を意味する「レジリエンス」の基礎を身につけることができます。ネガティブな感情・思考を克服する方法や、自分の強みや長所を認識し、活用する力を身につけることが目的です。

      【合計:6時間40分】 受講者人数:16,620人

      ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 2.ストレスマネジメントスキル

      心身を病んでしまう人の中には、自分は大丈夫と油断していた人も多くいるようです。周りの人から見ても、精神的に強いタイプと思われている人ほど、何かのタイミングで精神的なダメージを負ったときに、周りに相談できず、状態が悪化してしまう傾向にあります。メンタルヘルス研修を通じて、ストレス状態を認知することや対処方法を学ぶことが大切です。

      主な課題

      • ・ストレスフルな生活を送っていて、対策方法を知りたい
      • ・自分のストレスに気がつけない、ストレスとの付き合い方がわからない

      ここがポイント

      Schoo for Businessのストレスマネジメント研修(基礎)では、1万件以上の健康相談やストレス・メンタルヘルス相談を行い、働く人のココロとカラダの健康管理をサポートしてきた産業医から、ストレスとの付き合い方や対策方法、不安に負けないセルフケアなどを学ぶことができます。経験豊富な講師から学ぶことができるので、ストレスや不安解消の方法を、効果的に学習することができます。

      《ストレスマネジメント力向上におすすめの研修》

      • ストレスマネジメント研修(基礎編)パッケージ

        ストレスマネジメント研修パッケージでは、1万件以上の健康相談やストレス・メンタルヘルス相談を行い、働く人のココロとカラダの健康管理をサポートしてきた産業医から、ストレスとの付き合い方や対策方法、不安に負けないセルフケアなどを学ぶことができます。経験豊富な講師から学ぶことができるので、ストレスや不安解消の方法を、効果的に学習することができます。

        【合計:4時間】 受講者人数:21,994人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

    • 3.ラインケア

      各人でセルフケアを行うことは重要ですが、マネジメント層は部下のメンタルヘルスに対してのサポート方法も学んでおく必要があります。自己申告できる部下であれば、深刻な状態になる前に手を打つことができるかもしれませんが、自分から悩みを打ち明けられない社員もいるでしょう。そのような社員には、マネジメント層から定期的にヒアリングをするなど細かなサポートが大切です。マネージャーに対するメンタルヘルス研修では、セルフケアだけでなく部下のメンタルマネジメントについても学べるような内容にしましょう。

      主な課題

      • ・部下がストレスで悩んでしまっていないか不安
      • ・メンタルヘルスを意識した職場環境の作り方を知りたい

      ここがポイント

      マネージャーやリーダーのためにメンタルヘルスを意識した職場環境の作り方など、幅広い研修動画を提供しています。時間や場所を選ばないオンライン研修だからこそ、重要だが普段意識しきれていないメンタルヘルスについて教育することができます。部下がストレスで悩んでしまっていないか不安だ、自分自身がどのようにストレスと向き合っていけば分からないといった課題のために、「産業医が教える、社会人のための職場ストレスとのつきあい方」や「職場で活かすメンタルヘルス」などが学べるオンライン研修をご用意いたしました。

      《ラインケアの学習におすすめの研修》

      • メンタルヘルス研修パッケージ

        マネージャーやリーダーを対象にした、メンタルヘルスを意識した職場環境の作り方を学ぶことができる研修パッケージです。個人としても組織としてもメンタルヘルスへの対処法を知り、健全な組織を運営したいという方におすすめです。

        【合計:6時間】 受講者人数:14,675人

        ※パッケージに含まれる全講座の人数を合計したものです

Schooのレジリエンス研修の
評価・口コミ

4.9

【総合評価】

    • 年齢 :26歳|性別:女性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:人材サービス
    • 従業員規模:100名

    4.8

    【総合評価】

    レジリエンスを高めるための研修ですが、若い新入社員からリーダーなどプレッシャーを感じやすいような役職のスタッフまで幅広いスタッフが必要とする内容の研修だと思います。面接でもストレス耐性について確認するような質問をすることがありますが、それでも社会に出てから悩んだり、役職がついて部下ができてから初めて悩むスタッフもいるように感じます。今のこの時代だからこそ、環境や人間関係に柔軟に対応し、乗り越えチャレンジできるということが大切だと日々痛感しているので、この研修は非常に取り入れたいと思える内容でした。

    • [内容の理解度]

      エクササイズというクイズのようなワークがあり、自分で考えつつ客観的に自分を見ることができ、共感しながら学ぶことができます。図や表を用いてテンポよく研修が進んで行きますが、ただの押しつけではなく他の方のコメントを読み上げるシーンが使われれていることにって他者の考えることや気持ちを見て確認することで自分はどうだろうと考えられる機会となり、結論学ぶべきポイントが一貫しているので非常にわかりやすいのではないかと思います。

    • [満足度]

      どの役職のスタッフでも、共感しながら研修を受けることがで切るので非常に満足度の高い研修です。自分はメンタルセットができているとしても周りへのアドバイスだったり、同期とのコミュニケーションでも活かせる内容なので受けてよかったと思ってもらえると思います。考え込みやすい繊細なスタッフに対しても気持ちに寄り添った内容なので、冷静に自分を客観的に見ながら学んでいける点もスタッフ目線で非常に良いと感じました。

    • [内容の充実度]

      気持ちの立て直し方やセルフマネジメント、状況の捉え方などを学べる研修内容なので、スタッフにはしっかり学び、身につけておいて欲しいと思うような講座です。一人一人丁寧なフォローを行うにしろ、スタッフの考え方が悲観的だと話が進まなかったり逆効果になってしまうこともあるかもしれないので、基礎的な部分から学んでトレーニングしていける点も非常に助かります。社会人として必要なレジリエンスですが、必要な情報を1から学ぶことができ実践しやすい点もよかったです。

    • [業務に役立つか]

      心が折れそうになったときに、思い出して気持ちを立て直すことができるきっかけになるので、今現状悩んでいるスタッフも自分の傾向や立て直すためのポイントを思い出し、繰り返しトレーニングしていくことにより、どんなことでも前向きにチャレンジしていくことができ、スタッフの成長に繋がるのではないかと感じました。スタッフがもしメンタルセットがうまくいかなくなった場合でも、今視野が狭くなっているよ、などアドバイスがしやすくなる点も、スタッフの実践の手助けになると思います。

    • [利用意向度]

      実際の研修プログラムの中にぜひ取り入れたい内容でした。特に新入社員にはまずメンタルセットから学び、レジリエンスについて学んでから現場に出て欲しいと思います。レジリエンスを理解することにより、この先立ちはだかる様々な困難ん対しての考え方が変わり、スタッフの成長も早めることができる上、客観的に自分を見れるようになり、パフォーマンスも上がるのでメリットが多いと感じたので、実際の研修プログラムにも取り入れたいです。

    • 年齢 :28歳|性別:女性|都道府県:東京都
    • 企業業種:金融
    • 従業員規模:50名

    4.8

    【総合評価】

    レジリエンス基礎研修・強化研修を視聴しました。メンタルヘルスに通ずるような部分が多くあり、自分のメンタルコントロールのためにも非常に参考になる研修だと感じました。 その中でも「レジリエンスとは鋼のような折れない心ではなく、曲がっても折れずしなるような心だ」という表現は、非常に仕事をする上で参考になるマインドセットだと感じました。一度折れてしまたものは元にはもどらない。一方、折れずしなるだけで住めば、いくら曲がっても再生可能なのだな、という考えに非常に元気が出ました。

    • [内容の理解度]

      自分たちが誰しも悩むような話題(例えば、コロナに対するネガテイブに対する感情・自分より他人が評価されている場合の感情)をケーススタディに利用した講義で、「自分だったらどう考えるか」という想像がしやすかったです。今までそのような思いがあってもネガティブな感情にしかならない中で、それを「自分の中に客観的視点を持って自分で自分に傾聴をして気持ちを切り替える」という思考回路を講義してくださったのはいろんなことに応用ができそうだと感じました。

    • [満足度]

      今後どんどん昇進して、自身が成長することで会社のビジョンを実現したいと思っている従業員には非常に満足してもらえるのではないかと思いました。メンタルのコントロールというのは誰しも課題を抱えているものだと思いますので、「起きたことに対して感情を入れず、ネガティブにならず客観的に対処をする術」というような内容をケーススタディを交えて学ぶことができるのは、長く社会で活躍したいと思う方にとってはぜひとも知りたい内容なのではないかと思います。

    • [内容の充実度]

      弊社は特殊な企業で、従業員にもある意味、「雇用されてあげてる」というような感覚がある従業員が多くいます。それゆえにネガティブな感情が出ることが多発する上に、モチベーションの低い従業員が多いため、この講義を見て、ネガテイブな感情が沸いた時に、ネガティブな感情を周りに当たったり機嫌を損ねて上司を何時間も拘束するような面談を申しいれることで発散するのではなく、まずは思考回路を変えて日々過ごす、という方法を見に付けてほしいと感じました。

    • [業務に役立つか]

      「過去と他人は変えられない」「持つべきはポキっと折れる鋼の心ではなくしなやかで折れない心」「ネガティブな事が起きた時に、悩みすぎるのではなく”まあなんとかなるでしょ”というくらいの気持ちで居る」という言葉など、実務で何かネガティブなことが起きた時にスッとそれらの言葉を思い出せればストレスが昇華できそうだと感じる言葉をたくさん知ることができたことは日々社会生活を送る中で参考になるポイントだと感じます。実務のみならずプライベートの対人関係にも応用できる講義だと感じました。

    • [利用意向度]

      メンタルに不調を抱えて休職・退職してしまう社員が少なからず居る弊社ではぜひ研修に利用したいと感じました。この研修は1回だけでなく、半年に1回などはレジリエンスを忘れないためにも繰り返し見たい研修だと感じました。コロナ禍で、仕事でも日々の生活でもストレスを抱え、いろんな事に気を使わなくてはいけない世の中ですが、「withコロナの世界でのレジリエンスマインド」というような内容を知ることが出来、身につけることができたらすごく生きやすくなるだろうなと感じました。

    • 年齢 :30歳|性別:男性|都道府県:神奈川県
    • 企業業種:美容
    • 従業員規模:200名

    5.0

    【総合評価】

    全体的に仕事の上での欠かせないマインドを説明してくれていますが、この研修は仕事のみで活躍するものではありません。生きていく上で欠かせないマインドを説明してくれています。まずはレジリエンスというものは一体何なのかから説明してくれていることでとっつきやすい内容となっています。また、質問を投げかけてくれることで「実際の自分はどのように行動しているか」「自分はこのような状況になったときどのように考えるか」など今までの自分と、これからの自分を想像しながら研修を受けることが出来ます。

    • [内容の理解度]

      業務で必要になってくるだけでなく、生きているうえで切っては離せない「ストレス」というところが主題になってくるので内容としてはとても分かりやすいものとなっています。また、具体例や質問が多いため、自分のことを振り返りながら研修を受けることが出来るのでその点も分かりやすさに繋がっています。また、目指すべきゴールはそれぞれで違いますが「最高の自分像を作る」といういたってシンプルな目標に向かって進めてくれているのも非常に良かったです。

    • [満足度]

      従業員としてよりも1人の人間として満足感を得られるのではないかと考えました。もちろん個々での成長が企業の成長にも繋がります。その点ではとても効果を得られる内容となっています。日常的にストレスを抱えながら働いている従業員がいる際はこの研修を受けることで日々の過ごし方のマインドを変えることも出来ます。そのマインドは自分自身にも良い影響を及ぼしますし、周りの従業員にも良い影響を及ぼしてくれます。結果として個々にとっても企業にとっても満足に繋がる研修です。

    • [内容の充実度]

      入社してから学ぶことのない内容が組み込まれているため、この研修を受けることで「ストレスじへの対処法」や「日々を過ごす際のマインド」についてを一通り学ぶことが出来ます。研修を受けるなどしないと触れることの出来ない内容でもあります。学んでほしいというよりも理解して自分のものにしてほしいという内容が詰まっています。しっかりと研修を受けたうえで、自分の中に落とし込みをし、自分が一体いつもどのように行動していて今後どのようになりたいかを自分1人で考えられるまでが研修のように感じます。

    • [業務に役立つか]

      実際に何か具体的な業務に役立つ内容かと問われると少し違ってきます。例えばこの研修を受けることで資料作りが上手くなるなどのような効果は期待できません。しかし、社会人として、1人の人間として生き抜いていくためには必要な内容ですし、この研修を受けることで良いマインドを持って業務をすることが可能となります。その結果、1つの業務ではなく多々の業務に大きな影響を及ぼしてくれます。時間はかかるかもしれませんが実際の業務にも良い影響を与えてくれる内容となっています。

    • [利用意向度]

      階層や年齢に関わらずさまざまな層に受けてもらいたい研修と感じました。特に「現在何か壁にぶつかっている従業員」「ここからさらに成長するには技術ではなく心の持ち方が大切になってくる従業員」にとってはとても効果的な研修です。技術的な面での研修ではないため受けてもらう時期も大切になってきます。一斉に受講させるような研修ではありません。一斉に受講させた際には「人によって受け取り方が違ってくる」という問題が出てきます。その点で、各従業員の管理を怠らないということも大切になってきます。

  • 効果的なレジリエンス研修を行うためのポイント

    • 01

      ストレスと上手に付き合うことが大事

      レジリエンス研修のポイント1

      ストレスは悪いものというイメージがありますが、ある程度のストレスは成長するために必要不可欠なものです。そのためレジリエンス研修を通して、ストレスを感じている状況を自己成長の機会と捉える考え方を社員に持ってもらい、ストレスと上手に付き合っていく力を高めることが求められています。

    • 02

      即効性のある対策を学ぶ

      レジリエンス研修のポイント2

      考え方の意識改革は重要ですが、定着するのに時間がかかる傾向にあります。そのため、Googleでも導入されているマインドフルネスや、アンガーマネジメントなど今すぐに実践できるレジリエンススキルについても研修で学べるようにするのがおすすめです。

    • 03

      肯定的な言動や行動でレジリエンスを高める

      レジリエンス研修のポイント3

      日々の言動や行動を見返すことも重要です。否定的な発言や行動を頻繁にしてしまう人は、レジリエンスが低い傾向にあります。そのため研修だけでなく、日々の業務の中で肯定的な言動や行動をチームや部署単位で推奨していくようにしましょう。

  • レジリエンス研修の目的

    • 01

      簡単に折れないメンタルを育てる

      業務を行う中で様々なトラブルが起きたり、ストレスを感じたりすることもあるでしょう。日々安定して高いパフォーマンスを発揮するためには、ぶれないメンタルを持っておくことが大切です。研修を通じてレジリエンスを高めることで、物事を柔軟にとらえる力を身に付けておくことで強いメンタルを持って困難に対処することができます。

    • 02

      ストレスやトラブルに柔軟に対処できるようになる

      組織で働く中で、様々な重圧や困難にぶつかることもあります。ストレスに上手く対処できず、抱え込んでしまうと精神的に追い詰められてしまいます。レジリエンス研修を通じて、ストレスがかかっても気持ちを強く持って前向きに考えられるようにすることも目的の1つです。

    • 03

      自分の心をコントロールできるようになる

      レジリエンスを高め、環境の変化や困難への適切な対処法が分かっていれば、自分のメンタルの状態を自分で管理できるようになります。組織にとっても、トラブルを成長の機会と捉えて自分の糧にできる社員が多ければより大きく成長していくことができます。終身雇用制度が当たり前ではなくなった現代だからこそ、レジリエンスの高い人材が求められています。研修を通して、ピンチを成長のチャンスに変える力を身につけてもらいましょう。

  • レジリエンスとは

    • レジリエンスが注目されるようになった背景

      ストレスを感じているビジネスパーソンの割合

      レジリエンスとは、元々は物理学で用いられていた「外力による歪みを跳ね返す力」という意味の言葉です。心理学でもレジリエンスという言葉が使われるようになり、ストレスを跳ね返す抵抗力や、自己治癒力をレジリエンスというようになりました。レジリエンススキルを身につけることは、昨今ビジネスにおいても重要視されており、レジリエンス研修を行う企業が増えています。レジリエンスへの注目が高まっている背景として、ストレス社会とも言われる現代において、精神的なプレッシャーを感じたり緊張状態が続いたりしている人が増加しているということが挙げられます。
      厚生労働省が発表した「平成30年 労働安全衛生調査(実態調査)」によると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合は 58.0%を占めます。
      また昨今のビジネスの変化のスピードは加速し不確実性も増している中で、企業が生き残っていくためにはしなやかな心を持って環境の変化に適応していける人材の育成の重要度が増しています。
      ストレスにさらされたり困難な状況下でもメンタルを健やかに保ちつつ対応していけるように、折れない心を育てる「レジリエンス」に注目が集まっているのです。

      ▼参照:厚生労働省「平成30年 労働安全衛生調査(実態調査)」

    • 心理学におけるレジリエンスの位置付け

      レジリエンスは,元々は物理学の現象である「復元」や「跳ね返す力」「回復力」などを指す言葉とされていました。そこから派生して、心理学においては主に、レジリエンスを「困難で脅威的な状況にもかかわらず,うまく適応する過程・能力・結果である」と位置づけています。

FAQ
FAQ よくある質問

  • スクーではレジリエンスに必要なメンタルヘルスの知識やセルフマネジメントについての授業、自分の強みを見つける思考法についての授業など幅広い内容の研修動画をご用意しています。 一例をご紹介すると「折れない心を育てるレジリエンスの高め方 」やメンタル面を強くするための「メンタルが強い人になる -ストレスに負けない心の作り方-」、マインドフルネスを活用してメンタルを安定させるための「危機を乗り越えるマインドフルネス」などの授業があります。 このほかにも、主にメンタル面から自信を強くする授業をご用意しています。

  • スクーではレジリエンスを高めたい方向けに、具体的なレジリエンスの高め方からストレスに負けない心を作る方法まで様々な授業をご用意しています。 また、スクーでは研修担当者が受けてほしいコンテンツだけではなく、受講者一人ひとりが「学びたい」と感じた分野での自主的な学習を促す研修も多数ご用意しています。そのため受講者の興味に合わせてレジリエンスをさまざまな角度から学ぶことができます。 さらに、 研修担当者は管理画面から受講状況の確認やリマインドメールの送付、受講後のレポート提出設定もできるので、受講促進や理解度チェックの手間を軽減することができます。

  • スクーの強みは7,000本以上の授業をご用意しており、一人ひとり伸ばしたいスキルに合わせて研修や自己学習を行うことができる点です。そのため個々の力を伸ばしていくことやモチベーションの維持にもつながります。 また、コミュニケーションスキルについての授業やプログラミングの授業、デザインの授業など多種多様な授業をご用意しています。プログラマーだけど取引先との円滑なやりとりのためにコミュニケーションスキルも学ぶ、営業だけどより説得力のあるプレゼン資料を作成するためにデザインも学ぶなど、業務の幅を広げるための学びも可能です。

  • スクーではレジリエンスを高めたい方向けに研修パッケージをご用意しています。研修パッケージはいくつかの授業によって構成されており、目的や対象に合わせて研修パッケージのテンプレートを選択するだけで簡単に研修を開始することができます。

  • 授業を組み合わせてオリジナルの研修パッケージを作成することが可能です。 またスクーでは階層や職種に応じて様々な研修パッケージをご用意しているので、1から研修パッケージを作る手間をかけずに社員に合った研修を始めることもできます。

  • 1授業あたり1時間〜学ぶことが可能です。 スクーでは1授業あたり1時間〜1時間半で受講することができます。 また録画授業では再生速度の設定や、見たい箇所を選択して閲覧がすることが可能です。再生速度は0.8〜2倍速の間で速度を設定することができ、個々の理解度に合わせて受講時間を短縮することが可能です。 また目次から見たいチャプターを選択することができるので、時間がない時や復習をしたい時は、まとめなどの重要箇所のみ閲覧することができます。

  • 20ID(1人に対し1ID)からご契約が可能です。
    料金についてはご契約のID数によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • スクーの講師には大手研修会社の研修で教鞭を執られている方からビジネスの第一線で活躍されている方まで、幅広い分野の先生がいらっしゃいます。 そのため社員の興味に合わせてビジネスをさまざまな角度から学ぶことができます。

  • 以下よりお問い合わせください。 資料ダウンロード 追って導入事例や料金など詳細がわかる資料をお送りします。 またお問い合わせにより実際に授業内容をご覧いただけるデモアカウントの発行が可能です。研修設定や社員の学習状況の閲覧など管理画面の操作方法や、貴社の状況に合わせたオンライン学習の活用方法についても担当者がご説明させていただきますのでご安心ください。

  • オンライン研修を受けた後に、レポートの提出を必須にする機能があります。 授業を受けっぱなしにするのではなく、レポートを書くことで知識の定着をより深めることができます。

  • Schooの研修は全てオンラインでの研修となります。 そのため、時間・場所に関係なく実施することができます。

  • 10日間無料でお試し受講いただけます。以下よりお申し込みください。

    デモアカウントを申し込む

  • トレーニングができる研修もご用意しています。「「自分」を生きる心を育てるレジリエンスの高め方」という授業では、毎回実践的なエクササイズをご用意しており、受講することでレジリエンス力を高めるトレーニングができます。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ