レジリエンス研修

レジリエンスとは

レジリエンスとは、元々は物理学で用いられていた「外力による歪みを跳ね返す力」という意味の言葉です。心理学でもレジリエンスという言葉が使われるようになり、ストレスを跳ね返す抵抗力や、自己治癒力をレジリエンスというようになりました

レジリエンス研修を実施する際のお悩み・課題感

新人・若手社員のストレス耐性が低い

社会に出て間もない新入社員や若手社員は、まだストレス耐性が万全ではありません。達成しなければならない目標や、年齢の離れた先輩社員とのコミュニケーションなどを含め、不慣れながらも日々の業務をこなしています。その中で社員のレジリエンスを高めることは、早期離職防止にもなり、ひいては企業の安定成長に必要なのです。

企業としてメンタルヘルス対策を実施したい

常に変化し続ける現代社会に適応するために、企業も変化し続けることを求められる時代となっています。その中で、精神的に病んでしまう社員が増えていることは、企業としても日本社会としても危機感を抱いており、その対策としてレジリエンス研修を実施する企業も増加傾向にあります。

レジリエンス研修のポイント

ストレスと上手に付き合うことが大事

ストレスは悪いものというイメージがありますが、ある程度のストレスは成長するために必要不可欠なものです。そのため、ストレスを感じている状況を自己成長の機会と捉える考え方を社員に持ってもらい、ストレスと上手に付き合っていくレジリエンスを高めることが求められています。

即効性のある対策を学ぶ

考え方の意識改革は重要ですが、定着するのに時間がかかる傾向にあります。そのため、Googleで導入されているマインドフルネスや、アンガーマネジメントなど今すぐに実践できるレジリエンスを高める方法も学びましょう。

肯定的な言動や行動でレジリエンスを高める

日々の言動や行動を見返すことも重要です。否定的な発言や行動を頻繁にしてしまう人は、レジリエンスが低い傾向にあります。そのため、肯定的な言動や行動をチームや部署単位で推奨していくようにしましょう。

スクーの効果的なレジリエンス研修とは

スクーのビジネスプランでは、レジリエンスを高めるために必要な考え方や即効性のある対策を、ビジネスの最前線で活躍する現役のビジネスパーソンから学ぶことができます。例えば、マインドフルネスであれば考え方から瞑想の方法まで、実務に活かせる内容を幅広く受講することができます。また、授業は全てアーカイブされており、何度でも自分の好きなタイミングで受講することができるので、1回の受講で理解できなかった人や、見返したい部分だけを自分のタイミングで何回も受講することができるので、スキル着実に身につけることができます。

まずは資料をもらう (簡単10秒)

レジリエンス研修ラインアップ


無料で80ジャンル・5,700本以上、
現場で成功しているプロの授業をお試しいただけます

スクーの学習コンテンツは、OAスキルやビジネススキルはもちろん、さまざまな業界の最新情報など社員様のレベルアップに繋がる動画を5,700本以上ご用意。新しい動画も毎月追加公開しています。

現場で成功しているプロが講師を務めるのもスクーならでは。単なる座学ではなく、本当に役に立つ学びを追求しています。

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

1,600社以上の企業に選ばれた、オンライン動画学習のスクーで
ぜひ社員様が継続して学べる研修を実施しませんか?

デモアカウント(無料)を今すぐ発行する

階層別で研修をさがす

職種別で研修をさがす

テーマ別で研修をさがす

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ